メトクロプラミド試験

出典: meddic

metoclopramide test


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術前診断にメトクロプラミド試験が有用であった褐色細胞腫の1例 : 第358回北陸地方会
  • 高橋 雅彦,河原 優,岩間 香,藤田 知洋,秋野 裕信,西淵 繁夫,蟹本 雄右,岡田 謙一郎
  • 日本泌尿器科學會雜誌 84(7), 1335, 1993-07-20
  • NAID 110003087314

関連リンク

タイトル: 副腎偶発腫瘍における褐色細胞腫の鑑別 : メトクロプラミド負荷試験と131I- MIBGシンチグラフィの有用性について. その他のタイトル: Noninvasive screening for pheochromocytoma in patients with an incidentally discovered adrenal mass: ...
... あり、または連携サービスへのリンクあり. 論文検索. 著者検索. 論文検索. 術前診断 にメトクロプラミド試験が有用であった褐色細胞腫の1例 : 第358回北陸地方会. 高橋 雅彦; 福井医科大. 河原 優; 福井医科大. 岩間 香; 福井医科大. 藤田 知洋; 福井医科大 ...


★リンクテーブル★
リンク元metoclopramide test
関連記事試験」「メトクロプラミド

metoclopramide test」

  [★] メトクロプラミド試験

試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 絶食試験 絶食負荷試験:(処置)48時間絶食、(観察)低血糖、高インスリン血症:インスリノーマでは48時間の絶食で低血糖、高インスリン血症を生じる
  • 水制限試験
  • 水負荷試験 = 水試験:(処置)水投与、(検査)尿浸透圧、尿量、血中ADH、
  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



メトクロプラミド」

  [★]

metoclopramide
ベンズアミド
Reglanプリンペランエリーテンテルペランプロメチンアノレキシノンネオプラミールフォリクロンプラミールペラプリンプリンパール
  • 健胃薬
  • 胃腸機能調整薬

特徴

  • ベンズアミド系

構造

薬理作用

  • 消化器機能をつかさどる脳幹部に作用し、食道から近位小腸までの平滑筋の運動を増強し、胃内容物の排出、腸管内での移動を促進する
  • 中枢性のみならず末梢性の嘔吐を抑制する。

適応

プリンペラン錠
  • 次の場合における消化器機能異常(悪心・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感)
  • 胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆嚢・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐、薬剤(制癌剤・抗生物質・抗結核剤・麻酔剤)投与時、胃内・気管内挿管時、放射線照射時、開腹術後
  • X線検査時のバリウムの通過促進

禁忌

プリンペラン錠
  • 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 褐色細胞腫の疑いのある患者[急激な昇圧発作を起こすおそれがある。]
  • 3. 消化管に出血、穿孔又は器質的閉塞のある患者[本剤には消化管運動の亢進作用があるため、症状を悪化させるおそれがある。]

副作用

  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれ、投与中止後も持続することがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。(プリンペラン錠)

添付文書

  • プリンペラン

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2399004F1200_1_02






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡