メチルドパ水和物

出典: meddic

メチルドパ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

*メチルドパ水和物(アルドメット)の添付文書による (1)服用してはいけない場合……急性肝炎,慢性肝炎・肝硬変の活動期/非選択的モノアミン酸化酵素阻害薬(モノアミン酸化酵素の働き)の服用中/本剤の成分に対するアレルギー ...
販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 メチルドパ錠250mg「トーワ」 METHYLDOPA TABLETS 250mg"TOWA" 東和薬品 2145001F2317 ... 急性肝炎、慢性肝炎・肝硬変の活動期の患者[肝機能障害を悪化させることが ...

関連画像

メチルドパ錠(ツルハラ ミノファーゲン アルドメット  錠 250 250mg メチルドパ 水 和物アルドメット錠250 100錠(10錠×10)アルドメッド錠125mg鶴原 メチルドパ 包装写真

添付文書

薬効分類名

  • 血圧降下剤

販売名

ユープレスドパ錠250mg

組成

  • ユープレスドパ錠250mgは、1錠中にメチルドパ水和物282mg (メチルドパとして250mg) を含有する。
  • 添加物として結晶セルロース、カルメロースカルシウム、カルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、プロピレングリコール、酸化チタン及びカルナウバロウを含有する。

禁忌

  • 急性肝炎、慢性肝炎・肝硬変の活動期の患者[肝機能障害を悪化させることがある。]
  • 非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の患者 (「相互作用」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 高血圧症 (本態性、腎性等)、悪性高血圧
  • メチルドパとして、通常成人初期1日250〜750mgの経口投与から始め、適当な降圧効果が得られるまで数日以上の間隔をおいて1日250mgずつ増量する。通常維持量は1日250〜2,000mgで1〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝疾患の既往歴又は肝機能障害のある患者[肝疾患を再発又は肝機能障害を悪化させるおそれがある。]
  • 高齢者 (「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

溶血性貧血、白血球減少、無顆粒球症、血小板減少

(いずれも頻度不明)

  • 重篤な血液障害があらわれることがあるので、定期的に検査を実施するなど観察を十分におこなうこと。また、直接クームス試験等の陽性があらわれることがある。

肝炎

(頻度不明)

  • 肝炎等の肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、肝機能検査を実施するなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

脳血管不全症状、舞踏病アテトーゼ様不随意運動、両側性ベル麻痺

(いずれも頻度不明)

狭心症発作誘発

(頻度不明)

心筋炎

(頻度不明)

SLE様症状

(頻度不明)

脈管炎

(頻度不明)

うっ血性心不全

(頻度不明)

骨髄抑制

(頻度不明)

中毒性表皮壊死症 (Lyell症候群)

(頻度不明)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • メチルドパ水和物 (Methyldopa Hydrate)

化学名:

  • (2S )- 2-Amino-3-(3,4-dihydroxyphenyl)-2-methylpropanoic acid sesquihydrate

化学構造式:

分子式:

  • C10H13NO4・112H2O

分子量:

  • 238.24

性状:

  • 本品は白色又はわずかに灰色を帯びた白色の結晶性の粉末である。

水、メタノール又は酢酸(100)に溶けにくく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品は希塩酸に溶ける。 ■


★リンクテーブル★
関連記事メチルドパ」「水和物

メチルドパ」

  [★]

methyldopa
methyldopi
αメチルドーパ αメチルドパ (国試)α-メチルドパ alpha-methyldopa
メチルドパ水和物
アルドメット Aldometユープレスドパ
血圧降下剤
[show details]


分類

  • 中枢性交感神経抑制薬

作用機序

  • α2受容体アゴニスト → シナプス前膜にあるα受容体に結合し、自己抑制的に作用するはず。
  • 血管運動中枢に抑制的に作用して、降圧に働く。

適応

  • 高血圧、妊婦、腎障害者に使用可能。妊婦にも使える降圧薬(ほかにヒドララジンがあったなあ)。

副作用

  • 溶血性貧血、SLE様作用、Coombs陽性、肝障害、起立性低血圧

GOO.853

  • 傾眠、見当識低下 ← 脳幹のα2受容体に対する作用
  • 口内乾燥 ← 延髄の中枢におけるα受容体の抑制。
  • 性欲減退、パーキンソン症候群、高プロラクチン血症(女性化乳房や乳汁漏出をきたすのが明白になる程度) ← 中枢神経系に対する作用(ドパミン作動性ニューロンにα-メチルドパミンが蓄積してそうである)
  • 洞房結節の機能障害がある患者では重度の徐脈や洞停止

禁忌

  • 肝障害



水和物」

  [★]

hydrate
水和水分補給




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡