メタドン

出典: meddic

methadone
塩酸メタドン 塩酸メサドン 塩酸メタゾン 塩酸メサゾン methadone hydrochloride
メサドンメタゾン
Dolophine??
合成麻薬
[show details]
  • 麻薬性鎮痛薬。
  • 日本での販売はない。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/20 15:18:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ウィキペディアは医学的助言を提供しません。免責事項もお読みください。 メタドンの 構造式. メタドンまたはメサドン (methadone) はオピオイド系の合成鎮痛薬である。 メタドンは「麻薬に関する単一条約」で附表IIの薬物に分類されている。日本では未販売 である。 ...
メタドンはモルヒネやアルカロイド(麻薬)と同じ効果をもたらす、合成麻薬です。 化学的構造は上記麻薬と異なりますが、脳内の麻薬が作用する神経部分(受容体)に麻薬同様に作用するのです。 メタドンは持続時間が長いことと低依存性のため、 ...

関連画像

メタドンは見つかっていないメタドンの構造式メタドンで下って人々は、メタドン コンパニオンアニマル モモ子 メタドンさんとつながろう♪ Primary links


★リンクテーブル★
リンク元麻薬性鎮痛薬」「methadone」「methadone hydrochloride」「メサドン」「メタゾン

麻薬性鎮痛薬」

  [★]

narcotic analgesic, narcotic analgesics
オピオイド鎮痛薬モルフィン鎮痛薬???
オピオイド

モルフィン鎮痛薬

内因性オピオイド

外因性オピオイド

合成

  • phenylheptylamines
  • phenylpiperadines

オピオイド受容体拮抗薬

麻酔薬として

  • 心臓手術やハイリスク患者の麻酔に用いる。
  • 使用される薬にはクエン酸ファンタネルやモルヒネがある。
  • 脳神経に存在する麻酔特有の受容体(オピオイド受容体)をしげきする
  • 鎮痛作用は協力
  • 麻酔薬なので常習性がある。
  • 副作用:呼吸抑制、精神神経作用、消化器症状がある。
  • 注意:患者さんの状態に合わせて、睡眠作用のある薬を使用。すなわち、これ単独では眠らない(記憶を失わない)
  • ○強力な鎮痛・鎮静。血圧安定
  • ×術中覚醒。呼吸抑制。筋硬直。徐脈。術中高血圧
  • パンクロニウム(長時間使用で頻脈になる)を併せて使うことがある。

依存性

副作用



methadone」

  [★] メタドン

WordNet   license wordnet

「synthetic narcotic drug similar to morphine but less habit-forming; used in narcotic detoxification and maintenance of heroin addiction」
methadone hydrochloride, methadon, dolophine hydrochloride, fixer, synthetic heroin

methadone hydrochloride」

  [★] メタドン塩酸メタドン塩酸メサドン塩酸メタゾン塩酸メサゾン

メサドン」

  [★]

メタドン
メサペイン


メタゾン」

  [★]

methasone
メタドン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡