メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

出典: meddic

magnesium aluminometasilicate
FK配合散HM散KM散MS温シップMS冷シップNIM配合S・M配合アニベソールSRアポラスノンエバスチンODエピレナートオフタルムK配合キャベジンUコーワ配合クラロイシンゲファルナートケルナックサーカネッテン配合スピロノラクトンゾルピデム酒石酸塩トリアゾラムトリフェジノンネオ・ユモール配合バンコミックパントシンビーマス配合プラバスタチンNa塩プラバスタチンナトリウムプラメバンブロチゾラムODプロモーションベザフィブラートSRマナミンTM散メバロチンメバンリントンリン酸ピリドキサール


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ケイ酸結石の2例
  • 川上 憲裕,山口 聡,奥山 光彦,加藤 祐司,高下 紀子
  • 泌尿器科紀要 52(1), 49-53, 2006-01
  • … 腹部の鈍痛を自覚していたが,徐々に強い右腰背部痛に変化してきたため,尿路結石の再発を考えて受診した.右尿管結石の診断で経過観察を行った.赤外線分光分析により,成分はケイ酸と考えた.メタケイ酸アルミン酸マグネシウム製剤およびケイ酸マグネシウム配合剤の長期投与を受けていたことが判明し,他の消化性潰瘍治療薬に変更された.症例2(71歳男).無症候性肉眼的血尿が出現した.腹部CTにて右下部尿管に一致して …
  • NAID 120002141562
  • ネオ・ユモ-ル末(甘草成分抽出物+メタケイ酸アルミン酸マグネシウム)の胃・十二指腸潰瘍および胃炎に対する臨床治験
  • 関口 利和 [他]
  • 臨牀と研究 60(6), p2010-2016, 1983-06
  • NAID 40003788402

関連リンク

スピーゲル,メタスタミンとは?メタケイ酸アルミン酸マグネシウムの効能,副作用等を 説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

 メ タケイ 酸 アルミン 酸メタケイ酸アルミン酸 メタケイ酸アルミン酸 タケイ 酸 アルミン 酸 イブプロフェン+胃粘膜保護 メタケイ酸アルミン酸 塩酸塩とメタケイ酸アルミン酸  メ タケイ 酸 アルミン 酸

添付文書

薬効分類名

  • 持続性選択H1受容体拮抗剤

販売名

エバスチンOD錠5mg「日医工」

組成

 エバスチンOD錠5mg「日医工」


  • 1錠中エバスチン5mgを含有する。
    添加物としてD-マンニトール,キシリトール,セルロース,クロスポビドン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,リン酸水素カルシウム,クロスカルメロースナトリウム,サッカリンナトリウム,フマル酸ステアリルナトリウム,カルミン,香料を含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 蕁麻疹
  • 湿疹・皮膚炎,痒疹,皮膚そう痒症
  • アレルギー性鼻炎
  • 通常,成人には,エバスチンとして1回5〜10mgを1日1回経口投与する。
    なお,年齢・症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能異常があらわれるおそれがある。]

重大な副作用

 ショック,アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック,アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,血圧低下,呼吸困難,喉頭浮腫等の症状が認められた場合には,投与を中止し,適切な処置を行うこと。

 肝機能障害,黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT),ALT(GPT),LDH,γ-GTP,Al-P,ビリルビンの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • エバスチン(Ebastine)

 化学名

  • 1-[4-(1,1-Dimethylethyl)phenyl]-4-[4-(diphenylmethoxy)piperidin-1-yl]butan-1-one

 分子式

  • C32H39NO2

 分子量

  • 469.66

 性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    酢酸(100)に溶けやすく,メタノールにやや溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けにくく,水にほとんど溶けない。
    本品は光によって徐々に帯黄白色となる。

 融点

  • 84〜87℃


★リンクテーブル★
先読みスピロノラクトン」「リン酸ピリドキサール」「ゲファルナート」「トリアゾラム」「オフタルムK配合
リンク元S・M散」「S・M配合」「HM散」「KM散」「OM配合
関連記事マグネシウム」「

スピロノラクトン」

  [★]

spironolactone
spironolactonum
アポラスノンアルダクトン AldactoneアルマトールアレキサンスピラクトンディーラノイダブルピロラクトンマカシーAメルラクトンヨウラクトンラクデーンラッカルミン
利尿薬
  • アルドステロン受容体阻害薬
  • 集合管でアルドステロン受容体に結合して、アルドステロンに拮抗する
  • K+を保持したまま利尿作用を及ぼす特徴がある
アルドステロンはNa+の再吸収を促進し、K+を排出する。アルドステロンに拮抗阻害するので、K+は保持されることになる。




リン酸ピリドキサール」

  [★]

pyridoxal phosphatePLP
アデロキザールハイピリドキシンハイミタンビタゼックスビタダン配合ビタノイリンビタロキシンビタマル配合ピドキサールピリドキサールピロミジンライボミンSリボビックス
ピリドキサールピリドキサールリン酸プロテオリピドタンパク質


ゲファルナート」

  [★]

gefarnate
ゲラニルファルネシルアセテート geranyl farnesylacetate
エラシオンゲファルトゲファニールサラニールヨウファナート
消化性潰瘍用剤


トリアゾラム」

  [★]

triazolam
アスコマーナカムリトントリアラムハルシオンハルラックパルレオンミンザイン


  • ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬。



オフタルムK配合」

  [★] フィトナジオン(ビタミンK1)、アスコルビン酸(ビタミンC)、カルバゾクロム


S・M散」

  [★]

S・M配合散

配合

  • 散(1.3g/包)
  • 1.3g中

適応

  • 消化器症状の改善
  • 食欲不振、胃部不快感、胃もたれ、嘔気・嘔吐

参考

  • くすりのしおり

[display]http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=8422

  • 医薬品情報 サイト イーファーマ

[display]http://www.e-pharma.jp/allHtml/2339/2339177B1020.htm



S・M配合」

  [★] ウイキョウ末オウレン末カンゾウ末ケイヒ末サンショウ末ショウキョウ末タカヂアスターゼチョウジ末メタケイ酸アルミン酸マグネシウム炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


HM散」

  [★] ウイキョウ末オウレン末カンゾウ末ケイヒ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末メタケイ酸アルミン酸マグネシウム炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


KM散」

  [★]

健胃消化剤

メタケイ酸アルミン酸マグネシウムジアスターゼ炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウムチョウジ末ウイキョウ末ケイヒ末ショウキョウ末オウレン末サンショウ末カンゾウ末


OM配合」

  [★] ウイキョウ末オウレン末カンゾウ末ケイヒ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末メタケイ酸アルミン酸マグネシウム炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


マグネシウム」

  [★]

magnesium Mg
硫酸マグネシウム magnesium sulfate電解質異常
クエン酸マグネシウム 緩下剤

基準値

  • 血漿/血清:1.5-2mEq/L 1.8-2.4mg/dl, 1.5-2.0mEq/L 1.7-2.4mg/dl(HIM.2372)

臨床関連

参考

  • 1. [charged] Regulation of magnesium balance - uptodate [1]
腎臓におけるマグネシウムの再吸収メカニズムがよく分かる





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡