メシル酸ガベキサート

出典: meddic

ガベキサート

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Extracorporeal membrane oxygenationにより救命しえた新型インフルエンザによる呼吸不全の1例
  • 仁科 雅良/佐藤 孝幸/石井 真佐隆/須賀 弘泰/横山 利光/西久保 俊士/増田 崇光/中川 隆雄
  • 東京女子医科大学雑誌 81(5), 377-380, 2011-10-25
  • 今回われわれは、Extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) により救命しえた新型インフルエンザによる呼吸不全の1例を経験したので報告する。患者は59歳、男性。咳と発熱が出現した。翌日近医へ入院した。インフルエンザ簡易検査が陰性だったので抗菌薬を投与された。2日後、呼吸状態が悪化した。簡易検査が陽性となったので、ラニナミビルを吸入した。当センターへ紹介・搬送 …
  • NAID 110008672491
  • 敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群を合併した気腫性膀胱炎の1例
  • 仁科 雅良/須賀 弘泰/出口 善純/横山 利光/佐藤 孝幸/西久保 俊士/増田 崇光/中川 隆雄
  • 東京女子医科大学雑誌 81(3), 185-188, 2011-06-25
  • 気腫性膀胱炎は特徴的な画像所見を呈するまれな疾患である。今回我々は敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群を合併した気腫性膀胱炎の1例を経験したので報告する。症例は74歳の男性。他院から敗血症性ショックのため搬送された。尿閉・血尿・気尿がみられた。腹部単純レントゲン撮影では骨盤部に透亮像があり、腹部造影CT撮影では膀胱内および膀胱壁に気体像がみられた。尿培養ではKlebsiella が検出された。 …
  • NAID 110008585261
  • 急性膵炎を来した Henoch-Schonlein 紫斑病の1例
  • 三池 忠,田原 良博,山本 章二朗,橋本 神奈,山路 卓巳,安倍 弘生,楠元 寿典,蓮池 悟,永田 賢治,下田 和哉
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(5), 1465-1471, 2011-05-20
  • 52歳,男性.両側下腿の紫斑,腹痛,血便を呈し,Henoch-Schönlein紫斑病と診断した.膵型優位の血清アミラーゼ,リパーゼの上昇が出現し,腹部CTでは軽度膵腫大を認め,急性膵炎を合併した.ステロイド,メシル酸ガベキサートを投与し,Henoch-Schönlein紫斑病,膵炎ともに軽快した.稀ではあるが,Henoch-Schönlein紫斑病に膵炎を合併するこ …
  • NAID 10029092556

関連リンク

関連画像

99-196~99-225 解説一覧 - YAKU-TIK 0054 1 メシル 酸 ガベキサート 0057 1 メシル 酸 ガベキサート 0052 メシル 酸 ガベキサート の DICの病態と治療的アプローチ

添付文書

薬効分類名

  • 蛋白分解酵素阻害剤

販売名

レミナロン注射用500mg

組成

成分・含量(1瓶中)

  • ガベキサートメシル酸塩 500mg

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 汎発性血管内血液凝固症
  • 通常,成人1日量ガベキサートメシル酸塩として20〜39mg/kgの範囲内で24時間かけて静脈内に持続投与する。
  • 汎発性血管内血液凝固症には
    本剤は高濃度で血管内壁を障害し,注射部位及び刺入した血管に沿って静脈炎や硬結,潰瘍・壊死を起こすことがあるので,末梢血管から投与する場合,本剤100mgあたり50mL以上の輸液(0.2%以下)で点滴静注することが望ましい。

重大な副作用

  • ショック,アナフィラキシーショック(頻度不明):ショック,アナフィラキシーショック(血圧低下,呼吸困難,意識消失,咽・喉頭浮腫等)があらわれることがあるので,異常が認められた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。
  • アナフィラキシー様症状(頻度不明):アナフィラキシー様症状(呼吸困難,咽・喉頭浮腫等)があらわれることがあるので,異常が認められた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。
  • 注射部位の皮膚潰瘍・壊死(頻度不明):本剤の濃度が高くなると,血管内壁を障害し,注射部位及び刺入した血管に沿って静脈炎や硬結,潰瘍・壊死を起こすことがあるので,観察を十分に行い,注射部位の血管痛,発赤,炎症等があらわれた場合には投与部位の変更又は投与を中止し,適切な処置を行うこと。
  • 無顆粒球症,白血球減少,血小板減少(頻度不明):無顆粒球症,白血球減少,血小板減少があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止すること。
  • 高カリウム血症(頻度不明):高カリウム血症があらわれることがあるので,異常が認められた場合には直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬理作用

  • トリプシン,プラスミン,カリクレイン,トロンビン,C1エステラーゼ,白血球エラスターゼ,膵エラスターゼ及びホスホリパーゼA2阻害作用を示す(合成基質を用いた場合)2)
  • 天然基質であるフィブリノーゲンを基質として用いた場合のトロンビン阻害作用はプラスミン阻害作用に比べて約10倍強い2)
    このことが抗凝固剤として汎発性血管内血液凝固症(DIC)治療に有用と考えられている。


有効成分に関する理化学的知見

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水に極めて溶けやすく,エタノール(95)に溶けやすく,ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点

  • 90〜93℃


★リンクテーブル★
リンク元gabexate mesilate
関連記事ガベキサート」「メシル酸」「

gabexate mesilate」

  [★] ガベキサートメシル酸ガベキサート


ガベキサート」

  [★]

gabexate
メシル酸ガベキサート gabexate mesilate ガベキサートメシル酸塩
アガリットエフオーワイ FOYパナベートプロビトールメクロセートレミナロン
DIC
[show details]


  • 蛋白分解酵素阻害薬。


メシル酸」

  [★]

mesylatemesilate
メシル酸塩メシレートメタンスルホン酸塩


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡