メグルミン

出典: meddic

meglumine
megluminum
メチルグルカミン methylglucamine
アトルバスタチンウログラフインガストログラフインガドペンテト酸メグルミンコンレイビリスコピンプロイメンドマグネスコープマグネビスト


参考

  • wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%B3



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/20 17:12:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 胆道造影CT検査による健常ビーグル犬胆管系の解剖学的評価
  • 原口 友也,谷 健二,黒木 曹平,小田 康喬,仲澤 宏,板本 和仁,中市 統三,田浦 保穂
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(10), 805-809, 2011-10-20
  • NAID 10029836299
  • 犬の胆道造影CT検査におけるイオトロクス酸メグルミン投与量と胆道系のCT値および胆道系描出の経時的変化
  • 宇野 雄博,濱地 量久,岡本 健太郎,尾中 千春,藤田 桂一,山村 穂積,酒井 健夫
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(11), 875-881, 2009-11-20
  • NAID 10026413873
  • 臨牀研究 MRI用造影剤ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ「F」の臨床薬理試験

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにアミドトリゾ酸·メグルミン(131-49-7)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更に ...
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ5mL「トーワ」/ ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ10mL「トーワ」/ ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ15mL「トーワ」/ ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • MRI用造影剤

販売名

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ5mL「F」

組成

内容量

  • 5mL

有効成分

  • ガドペンテト酸メグルミン

含量(1mL中)

  • ガドペンテト酸メグルミン 371.40mg

(ガドペンテト酸ジメグルミンとして469.00mg)含有

含量(1シリンジ中)

  • ガドペンテト酸メグルミン 1,857mg

添加物(1シリンジ中)

  • メグルミン   493mg

添加物(1シリンジ中)

  • ジエチレントリアミン五酢酸   2mg

効能または効果

  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影における下記造影
  • 脳・脊髄造影
  • 躯幹部・四肢造影


  • 通常、成人には本剤0.2mL/kgを静脈内注射する。

腎臓を対象とする場合は、0.1mL/kgを静脈内注射する。
腹部から下肢までを連続して血管撮影する場合は、0.4mL/kgを静脈内注射する。


慎重投与

  • アレルギー性鼻炎、発疹、じん麻疹等を起こしやすいアレルギー体質を有する患者
  • 両親、兄弟に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、発疹、じん麻疹等を起こしやすいアレルギー体質を有する患者
  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 既往歴を含めて、けいれん、てんかん及びその素質のある患者[けいれんがあらわれることがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 幼・小児(「小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、投与後も観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • アナフィラキシー様症状(呼吸困難、咽・喉頭浮腫、顔面浮腫等)があらわれることがあるので、投与後も観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

けいれん発作(頻度不明)

  • けいれん発作等を起こすことがあるので、発現した場合はフェノバルビタール等バルビツール酸誘導体又はジアゼパム等を投与すること。

腎性全身性線維症(Nephrogenic Systemic Fibrosis, NSF)(頻度不明)

  • 重篤な腎障害のある患者において、腎性全身性線維症があらわれることがあるので、投与後も観察を十分に行い、皮膚のそう痒、腫脹、硬化、関節の硬直、筋力低下等の異常の発生には十分留意すること。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ガドペンテト酸メグルミン (Meglumine Gadopentetate)

化学名

  • (?)-1-Deoxy-1-(methylamino)-D-glucitol dihydrogen[N,N-bis[2-[bis(carboxymethyl)amino]ethyl]glycinato(5-)]gadolinate

(2-)(1:1)

分子式

  • C14H20GdN3O10・C7H17NO5

分子量

  • 742.79

性状

  • 白色の粉末又は塊である。

水に極めて溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)にほとんど溶けない。
吸湿性がある。 ■


★リンクテーブル★
先読みmethylglucamine
リンク元マグネビスト」「イオトロクス酸メグルミン」「メチルグルカミン」「コンレイ
拡張検索ガドペンテト酸メグルミン」「ジアトリゾ酸メグルミン」「メグルミンイオタラメート」「ガドテル酸メグルミン

methylglucamine」

  [★] メチルグルカミン


マグネビスト」

  [★] メグルミンジエチレントリアミン五酢酸

Magnevist
ガドペンテト酸ジメグルミンガドペンテト酸ガドリニウムDTPA


イオトロクス酸メグルミン」

  [★] イオトロクス酸メグルミン

ビリスコピン


メチルグルカミン」

  [★]

methylglucamine
メグルミン


コンレイ」

  [★] イオタラム酸メグルミン


ガドペンテト酸メグルミン」

  [★]

gadopentetate dimegluminemeglumine gadopentetate
ガドペンテト酸ジメグルミンガドペンテト酸
その他の診断用薬


ジアトリゾ酸メグルミン」

  [★]

diatrizoate meglumine
ジアトリゾ酸ガストログラフインアミドトリゾ酸


メグルミンイオタラメート」

  [★]

iothalamate meglumine
イオタラム酸メグルミンイオタラメートメグルミン


ガドテル酸メグルミン」

  [★]

meglumine gadoterate
マグネスコープ
ガドテル酸メグルミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3