メイ・グリュンワルド染色法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

瞬時乾燥の塗抹標本*1 メイグリュンワルド原液*2 3分 ↓ 1/15M-リン酸緩衝液(pH6.4)*3 3分 ↓ ギムザ希釈液*4 20分 ↓ 水洗(溜り水で)*5 風乾燥 ↓ 色調を確認後 封入*6 (*1~6は注意事項5に示す)
試薬ホーム > 製品情報 > 抗体・免疫・組織化学・細胞生物 > メイグリュンワルド染色液 メイグリュンワルド染色液 May-Grunwald Stain Solution 細胞診染色、血球染色に使用される染色液で、特長として好中性顆粒をよく染めます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事染色法」「」「染色

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡