ムチカルミン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • コサンケイにおける腸管原発粘液性腺癌
  • 油井 武,谷村 信彦,芝原 友幸 [他],高木 嘉彦,竹屋 元裕,渡辺 喜正,久保 正法
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(12), 935-938, 2010-12-20
  • … 認められた.これらは薄い結合組織により取り囲まれ、蜂窩状の粘液結節を形成していた.この粘液はアルシアンブルー染色(pH1.O、pH2.5)、トルイジンブルー染色、過ヨウ素酸シッフ(PAS)反応およびムチカルミン染色陽性であり、上皮性の酸性粘液と考えられた.免疫組織化学的に腫瘍細胞は上皮の特性を示し、トリ白血病ウイルス抗原陰性であった.粘液中に浮遊した腫瘍細胞塊の細胞間にはデスモゾームがみら …
  • NAID 10027476709
  • 口腔の各種上皮組織と上皮性病変のサイトケラチンの発現性
  • 桑原 広明,伊藤 範明,佐藤 勝,永山 元彦,竹内 宏
  • 岐阜歯科学会雑誌 36(2), 73-84, 2009-10-24
  • ムチカルミン染色では、正常唾液腺上皮と唾液腺腫瘍に染色陽性を示し、同時にGOCの裏装上皮にも陽性を示した。 … また、サイトケラチン発現性とムチカルミン染色性から、GOCは粘表皮癌と近縁の病変、あるいは前駆病変の可能性であることも示唆された。 …
  • NAID 110007557292

関連リンク

ムチカルミン染色について述べよ 「原理」 特異性はアルシアン青染色やコロイド鉄染色に近似するが、 結合組織性のムコ物質(酸性ムコ多糖)に対する染色性が弱く、 組織化学的なムコ物質の同定手段としてはほとんど利用されない。
病理検査学 ムチカルミン染色 † up ↑ 染色法 † 脱パラフィン,水洗 核染(マイヤーヘマトキシリン) ムチカルミン液 水洗 脱水,透徹,封入 up ↑ 結果 † 赤~赤桃色:上皮性粘液,クリプトコッカス菌体・莢膜 up ↑ 参考資料 † 2006年度 ...

関連画像

ミクロ像(ムチカルミン染色強 ムチカルミン染色原液を蒸留水  ムチカルミン染色標本 x1000 内の粘液(ムチカルミン染色


★リンクテーブル★
関連記事カルミン

カルミン」

  [★]

carmine
カーミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡