ムスカリン様作用

出典: meddic

muscarinic effect
ムスカリン様効果

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カーバメイト剤 (特集 中毒をめぐる最近の動向;日本中毒学会の推進する診療標準化案を中心に) -- (中毒物質別にみた診断・治療)
  • ムスカリン様作用薬のヒト眼内平滑筋に対する作用
  • 石川 均,吉富 健志,石川 哲,PATIL Popat N.,DESANTIS Louis
  • 緑内障 = Journal of Japan Glaucoma Society 7(1), 167, 1997-07-30
  • NAID 10018590420

関連リンク

ムスカリン様作用. アセチルコリン(ACh)による副交感神経節後線維刺激作用を ムスカリン様作用という。心拍数減少,末梢血管拡張,腸蠕動亢進,気管や子宮収縮, 腺分泌亢進,縮瞳,眼圧低下などの症状を呈する。救急領域では有機リン中毒などでみ られる ...

関連画像

ムスカリン様作用は副交感神経 1.ムスカリン様 名付けられ、ムスカリン様作用 図1.神経終末における  アドレナリン m ム スカリン役に立つ薬の情報~専門薬学


★リンクテーブル★
リンク元ムスカリン様効果」「muscarinic effect
拡張検索ムスカリン様作用薬」「抗ムスカリン様作用薬
関連記事リン」「ムスカリン」「作用

ムスカリン様効果」

  [★]

muscarinic effect
ムスカリン様作用


muscarinic effect」

  [★]


ムスカリン様作用薬」

  [★]

muscarinic agent
直接型副交感神経興奮薬


抗ムスカリン様作用薬」

  [★] ムスカリン受容体拮抗薬


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ムスカリン」

  [★]

muscarine
ムスカリン性受容体アセチルコリン受容体ニコチン性受容体


  • 四級ammonium alkaloid
  • 毒キノコ(ベニテングダケ、キテンングダケ、アセダケ)に含まれるアルカロイド
  • アトロピンで完全に拮抗できる (SPC.156)

作用機序

薬理作用

ニコチン受容体には結合しない

動態

適応

中毒症状

  • 流涙、流涎、尿量増加、下痢、消化管蠕動亢進、嘔吐、発汗、縮瞳

注意

禁忌

副作用

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡