ムコファジン

出典: meddic

コンドロイチン硫酸フラビンアデニンジヌクレオチド

和文文献

  • 角膜疾患に対するムコファジン点眼液の使用経験
  • 葉田野 博,矢野 啓子,早川 美津子
  • 眼科臨床医報 70(11), p1183-1188, 1976-11
  • NAID 40000533308

関連リンク

ムコファジンとは。効果、副作用、使用上の注意。フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム製剤は、ビタミンB2欠乏症でおこる角膜炎、眼瞼炎(がんけんえん)の治療に使用されます。シアノコバラミン製剤(ビタミンB12)は ...
作成又は改訂年月 ** 2014年4月改訂 (第6版) * 2011年11月改訂 日本標準商品分類番号 871319 日本標準商品分類番号等 再評価結果公表年月(最新) 1981年8月 薬効分類名 角膜疾患用剤 承認等 販売名 ムコファジン点眼液 販売 ...

関連画像

ムコファジン点眼液 5mLフェロチーム錠50 鉄 ① ムコファジン 点眼 液 角膜  ムコファジン点眼液:5ml×10本有効成分に関する理化学的知見東和薬品 ムコブロチン配合

添付文書

薬効分類名

  • 角膜疾患用剤

販売名

ムコファジン点眼液

組成

成分・含量(1mL中)

  • フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム0.53mg(フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)として0.5mg)、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム10mgを含有する。

添加物

  • ホウ酸、クエン酸水和物、クエン酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、クロロブタノール、プロピレングリコール、ポリソルベート80を含有する。

効能または効果

  • 角膜疾患のうち、ビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関係し、かつ角膜保護を必要とする場合
  • 通常、1回1〜2滴を1日3〜6回点眼する。
    なお、症状により適宜増減する。

薬効薬理

角膜上皮擦過創に対する修復作用

  • 家兎眼に角膜上皮擦過創を作成した後、16時間目より本剤、1%コンドロイチン硫酸点眼液又は生理食塩液を1回5滴(毎分1滴ずつ)、1日4回点眼した結果、本剤点眼群はコンドロイチン硫酸点眼群及び生理食塩液点眼群に比べて治癒期間の短縮傾向が認められた8)

角膜アルカリ腐蝕に対する修復作用

  • 家兎眼の角膜に水酸化ナトリウム溶液でアルカリ腐蝕を作成した後、16時間目より本剤、0.05%FAD点眼液又は1%コンドロイチン硫酸点眼液を1回5滴(毎分1滴ずつ)、1日4回点眼した結果、本剤点眼群は早期に治療効果があらわれた8)

FADの角膜内への取り込みに対するコンドロイチン硫酸の効果

  • 家兎眼に0.05%FAD・1%コンドロイチン硫酸点眼液又は0.05%FAD点眼液を1回5滴(毎分1滴ずつ)点眼後、経時的に角膜中のビタミンB2量を測定した結果、FAD・コンドロイチン硫酸点眼群はFAD点眼群に比べて有意に角膜中ビタミンB2量が増加した9)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(Flavin Adenine Dinucleotide Sodium)(JAN)

化学名

  • Disodium adenosine 5'-[(2R,3S,4S)-5-(7,8-dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)-2,3,4-trihydroxypentyl diphosphate]

分子式

  • C27H31N9Na2O15P2

分子量

  • 829.51

性状

  • 本品はだいだい黄色〜淡黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。本品は水に溶けやすく、メタノール、エタノール(95)、エチレングリコール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。本品は吸湿性である。本品は光によって分解する。

旋光度

  • 〔α〕D20:−21.0〜−25.5°(脱水物に換算したもの0.3g、水、20mL、100mm)。

pH

  • 本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは5.5〜6.5である。

一般名

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(Sodium Chondroitin Sulfate)(JAN)

性状

  • 本品は白色〜微黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおい及び味がある。本品は水に溶けやすく、エタノール(95)、アセトン又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。本品の水溶液(1→100)のpHは5.5〜7.5である。本品は吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元眼科用剤」「コンドロイチン硫酸」「コンドロイチン」「フラビンアデニンジヌクレオチド

眼科用剤」

  [★]

商品


コンドロイチン硫酸」

  [★]

chondroitin sulfate
コンドロンエレジェクトエレメンミックガイシードガシクロンコンドナールサイリジンザルチロンシザナリンシボンハウゼマイムピリツインホモックボルビサールボルビックスメドレニックヤスラミン。(静注)(コンドロイチン硫酸サリチル酸)ロイサールSカシミタールカシロンカシワドールザルソロイチン。(眼科手術補助剤)ディスコビスクビスコート

(点眼液)ムコティアムコファジンムコロイドコンドロンナファコンドロンアイドロイチン

コンドロイチン硫酸ナトリウム sodium chondroitin sulfate
グリコサミノグリカン



コンドロイチン」

  [★]

chondroitin
アイドロイチンエルネオパ1号エレジェクトエレメンミックガイシードガシクロンカシミタールカシロンカシワドールコンドナールコンドロイチンコンドロイチン硫酸ナトリウムコンドロンサイリジンザルソロイチンザルチロンシザナリンNシボンNディスコビスクハウゼマイムバロジェクトビスコートピリツインホモックボルビサールボルビックスミネラミックミネラリンミネリック-4ミネリック-5ムコティアムコファジンムコロイドメドレニックヤスラミンロイサールS硫酸バリウム
コンドロイチン硫酸
  • N-アセチルコンドロシンの重合体


フラビンアデニンジヌクレオチド」

  [★]

flavin adenine dinucleotide, FAD
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム flavin-adenine dinucleotide sodium
FADアスルダムアセラートアデフラビンアデラビン9号エフエーミックヒシデニンビタストファデミンフラジレンフラッドフラビタンベマカストムコティアムコファジンライボミンSリバレスレバサルトワカデニン
フラビンリボフラビン = ビタミンB2臓器製剤


  • 酸化還元反応に関わる補酵素。
  • 栄養ドリンクを飲んで尿が黄色に着色するのはフラビンのせい。
  • H+をe-を受け取って還元力のキャリアーとなる。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3