ミリスチン酸

出典: meddic

[[]]
myristate
[[]]


myristate

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/27 11:03:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

ミリスチン酸は、脂肪酸の一つで、飽和脂肪酸に含まれます。 飽和脂肪酸には、酢酸や、ステアリン酸などが含まれ、 ミリスチン酸の主な働きは、タンパク質を刺激してホルモン分泌や細胞膜を保護する役割があります。
ミリスチン酸 ミリスチン酸は、パームカーネルオイル(パーム核油)由来の脂肪酸です。ヤシ油やパーム核油を加水分解した後、蒸留精製して得られます。ヤシ油、パーム油に特に多く含まれるほか、牛脂など、動物性・植物性脂肪中 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • アリルアミン系抗真菌剤

販売名

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「タイヨー」

組成

1g中:

  • テルビナフィン塩酸塩………10mg(1%)

添加物

  • ステアリルアルコール、セタノール、パルミチン酸セチル、ベンジルアルコール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリソルベート60、ミリスチン酸イソプロピル、モノステアリン酸ソルビタン、pH調整剤

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

下記の皮膚真菌症の治療

白癬:

  • 足白癬、体部白癬、股部白癬

皮膚カンジダ症:

  • 指間びらん症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)

癜風

  • 1日1回患部に塗布する。

薬効薬理

  • テルビナフィン塩酸塩はアリルアミン系抗真菌剤で、真菌細胞膜の主成分であるエルゴステロールの合成を阻害し膜機能を障害するが、作用機序はスクアレンエポキシダーゼの阻害である。2)

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元脂肪酸」「カルボン酸」「myristate
拡張検索酢酸ミリスチン酸ホルボール」「ミリスチン酸転移酵素」「ミリスチン酸付加」「ミリスチン酸エステル
関連記事リス」「」「ミリス

脂肪酸」

  [★]

fatty acid, fatty acids
脂酸



  • 長鎖の酸素鎖を持つカルボン酸

脂肪酸の酸化 FB.383-389

  • 脂肪酸の活性化@細胞質
  • アシルCoAはミトコンドリア内膜を通過できないので、カルニチンにアシル基を転移してもらい、ミトコンドリア内膜でアシルCoAに戻される。
  • 不飽和脂肪酸の酸化
  • β酸化(偶数炭素脂肪酸(C-C2n-CO-ScoA)@ミトコンドリア
  • 奇数炭素脂肪酸(C2n-CO-ScoA))@ミトコンドリア
  • β酸化@ペルオキシソーム:鎖長C22以上の長い脂肪酸は拡散でペルオキシソームに移動して酸化される。
  炭素数 不飽和結合   融点
ラミバス
ラウリン酸 12 0 C12飽和脂肪酸 44.2
ミリスチン酸 14 0 C14飽和脂肪酸 53.9
パルミチン酸 16 0 C16飽和脂肪酸  
ステアリン酸 18 0 C18飽和脂肪酸  
バスオリレン
パルミチン酸 16 0   63.1
ステアリン酸 18 0   69.6
オレイン酸 18 1 n-9 動物油 14.0
リノール酸 18 2 n-6 植物油 -5.0
α-リノレン酸 18 3 n-3 シソ油 -11.3
 
パルミトレイン酸 16 1   0.5
アラキドン酸 20 4     -49.5
  • 脂肪酸の融点:炭素鎖が長い方が分子間の相互作用が多く、強固に配列できる。不飽和結合が少なければ立体的に障害が少なく強固に配列できる → 炭素数が長く、飽和度が低いほど融点が高い。0

参考

  • Wikipedia - 脂肪酸


カルボン酸」

  [★]

carboxylic acid


カルボン酸の一覧

飽和脂肪酸
炭素数 慣用名 IUPAC名 化学式 備考
1 ギ酸 メタン酸 HCOOH アリ、ハチの毒
2 酢酸 エタン酸 CH3COOH
3 プロピオン酸 プロパン酸 CH3CH2COOH
4 酪酸 ブタン酸 CH3(CH2)2COOH 油脂が腐敗した臭い
5 吉草酸 ペンタン酸 CH3(CH2)3COOH
6 カプロン酸 ヘキサン酸 CH3(CH2)4COOH
7 エナント酸 ヘプタン酸 CH3(CH2)5COOH
8 カプリル酸 オクタン酸 CH3(CH2)6COOH
9 ペラルゴン酸 ノナン酸 CH3(CH2)7COOH
10 カプリン酸 デカン酸 CH3(CH2)8COOH
12 ラウリン酸 ドデカン酸 CH3(CH2)10COOH ココナッツ油
14 ミリスチン酸 テトラデカン酸 CH3(CH2)12COOH
16 パルミチン酸 ヘキサデカン酸 CH3(CH2)14COOH
17 マルガリン酸 ヘプタデカン酸 CH3(CH2)15COOH
18 ステアリン酸 オクタデカン酸 CH3(CH2)16COOH



myristate」

  [★]

ミリスチン酸ミリスチン酸エステル

myristic acid

酢酸ミリスチン酸ホルボール」

  [★]

phorbol 12-myristate 13-acetatephorbol myristate acetate
ホルボールミリステートアセテートテトラデカノイルホルボールアセテート

ミリスチン酸転移酵素」

  [★]

myristoyltransferase
ミリストイルトランスフェラーゼ

ミリスチン酸付加」

  [★]

myristoylation
ミリストイル化

ミリスチン酸エステル」

  [★]

myristate
ミリスチン酸

リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ミリス」

  [★] ニトログリセリン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡