ミラー

出典: meddic

Miller



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/21 00:52:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日中・日韓関係を修復するには : 東アジア (ISSUES 2014)
  • ミラー J・バークシャー
  • Newsweek 29(1), 44-46, 2014-12-31
  • NAID 40019919558
  • 特集 世界の舞台に駆け上がった 「錦織圭」の恋と金とミラクルボディ
  • Book Reviews 知を磨く読書(第66回)民主党"失敗の本質"は独善主義[『民主党政権とは何だったのか キーパーソンたちの証言』山口二郎、中北浩爾編,『不正選挙 電子投票とマネー合戦がアメリカを破壊する』マーク・クリスピン・ミラー編著,『従軍慰安婦と靖国神社 : 言語学者の随想』田中克彦著]

関連リンク

壁際のインテリアの通販ショップ「アイビーオンライン」が運営するサイトです!鏡、ミラー、ドレッサー、フォトフレーム、イーゼル、アートポスター、コンソール、コレクションケース、ジュエリーボックス、宝石箱など「壁際の ...
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in ... ミラーが活躍するのは髪型をチェックしたいときだけではありません。縁まわ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

販売名

  • ビスミラー散1%

組成

  • ビスミラー散1%は1g中クロルフェニラミンマレイン酸塩(dl-体)10mgを含む散剤である。
    添加物として乳糖水和物を含有する。

禁忌

  • 本剤の成分又は類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し,緑内障が増悪することがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難,尿閉等があらわれ,症状が増悪することがある。]
  • 低出生体重児・新生児[中枢神経系興奮など抗コリン作用に対する感受性が高く,痙攣など重篤な反応があらわれるおそれがある。]

効能または効果

  • 蕁麻疹,血管運動性浮腫,枯草熱,皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症,薬疹),アレルギー性鼻炎,血管運動性鼻炎,感冒等上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁・咳嗽
  • dl-クロルフェニラミンマレイン酸塩として,通常成人1回2〜6mg(本剤0.2〜0.6g)を1日2〜4回経口投与する。
    なお,年齢,症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 眼内圧亢進のある患者[抗コリン作用により眼内圧が上昇し,症状が増悪するおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[抗コリン作用により症状が増悪するおそれがある。]
  • 狭窄性消化性潰瘍,幽門十二指腸通過障害のある患者[抗コリン作用により平滑筋の運動抑制,緊張低下が起こり,症状が増悪するおそれがある。]
  • 循環器系疾患のある患者[抗コリン作用による心血管系への作用により,症状が増悪するおそれがある。]
  • 高血圧症の患者[抗コリン作用により血管拡張が抑制され,血圧が上昇するおそれがある。]

重大な副作用

再生不良性貧血,無顆粒球症

  • 再生不良性貧血,無顆粒球症があらわれることがあるので,血液検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止すること。

薬効薬理

◇抗ヒスタミン作用

  • モルモット摘出回腸において,クロルフェニラミンマレイン酸塩のin vitroヒスタミン(0.2μg/mL)収縮に対する50%抑制濃度は1.7μg/L(塩基として)であり1)in vivoヒスタミン(0.05μg)皮膚反応で6〜24mg/animalをイヌに経口投与した結果,24mg/animalで投与2時間後に最大20%の抑制作用が認められている2)。また,モルモットのヒスタミン静注又はエアゾール吸入による致死に対する50%予防量は,1時間前経口投与でそれぞれ塩基として0.13,0.18mg/kgであることが示されている1)

◇抗アナフィラキシー作用

  • 抗卵アルブミンウサギ血清にて受動感作したモルモット摘出結腸ヒモにおいて,in vitro卵アルブミンによるアナフィラキシー収縮に対する50,100%抑制濃度はそれぞれ10−6,10−5g/mLであり3),またin vivoでウマ血清により感作したモルモットにおいて,抗原静注によるショック死が1時間前経口投与によって予防されることが示されている4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロルフェニラミンマレイン酸塩(マレイン酸クロルフェニラミン)

化学名

  • (3RS)-3-(4-chlorophenyl)-N,N -dimethyl-3-pyridin-2-ylpropylamine monomaleate

分子式

  • C16H19ClN2・C4H4O4

分子量

  • 390.86

融点

  • 130〜135℃

性状

  • 白色の微細な結晶である。酢酸(100)に極めて溶けやすく,水又はメタノールに溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けやすい。希塩酸に溶ける。
    水溶液(1→20)は,旋光性を示さない。


★リンクテーブル★
リンク元Miller
拡張検索ミラー・クルツロック試験」「唾液腺アミラーゼ

Miller」

  [★] ミラー

WordNet   license wordnet

「United States playwright (1915-2005)」
Arthur Miller

WordNet   license wordnet

「United States bandleader of a popular big band (1909-1944)」
Glenn Miller, Alton Glenn Miller

WordNet   license wordnet

「United States novelist whose novels were originally banned as pornographic (1891-1980)」
Henry Miller, Henry Valentine Miller

ミラー・クルツロック試験」

  [★]

Miller-Kurzrok test
Miller-Kurzrok試験、ガラス板試験
精子子宮頚管粘液適合試験、精子頚管粘液適合試験女性不妊症
  • 女性不妊症の検査



唾液腺アミラーゼ」

  [★]

salivary amylase
膵アミラーゼ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡