ミュータンス菌

出典: meddic

Streptococcus mutans

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/30 10:01:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 秋田県某市H地区での幼児期う蝕リスク要因の検討 : 幼児歯科健康診査へのDentocult^[○!R]-Strip mutansの導入
  • 小松崎 明,小松 義典,末高 武彦
  • 口腔衛生学会雑誌 61(2), 215-224, 2011-04-30
  • 秋田県某市H地区では,う蝕リスク評価に基づく継続的な保健指導を重視し,幼児歯科健康診査にカリエスリスクテストを導入した.本研究では,3歳児までの歯科健康診査の継続受診児245名を対象として,dftおよびその推移,質問項目の結果,Dentocult^[○!R]-Strip mutans(Dent-SM)スコアを比較し,3歳児のdftと関連する要因について分析し,以下のような結果を得た.3歳児までのd …
  • NAID 110008673128
  • キシリトール溶液による洗口の唾液中ミュータンス菌レベルへの影響について
  • 川守田 暢,安田 善之,新田 督,泉川 昌宣,斎藤 隆史
  • 日本歯科保存学雑誌 53(4), 359-366, 2010-08-31
  • キシリトールは,齲蝕原因菌に酸を産生させないことから非齲蝕性甘味料として使用されている.本研究の目的は,キシリトール溶液にて4週間洗口を行った場合の齲蝕予防効果を検討することである.はじめに,in vitroにおいてキシリトールの齲蝕原因菌の増殖への影響を調べた.キシリトールは濃度依存性にStreptococcus mutansやStreptococcus sobrinusの増殖を抑制したが,ソル …
  • NAID 110008006905
  • 矯正歯科治療前後におけるカリエスリスクの臨床的評価
  • 今井 徹
  • 北海道矯正歯科学会雑誌 36(1), 3-12, 2008-12-25
  • 本研究の目的はマルチブラケット装置による矯正治療を終了した患者における動的治療前後でのカリエスリスクの変化を明らかにすることであった。研究対象は2000年から2007年の間に当院を受診した矯正治療患者103人(男性17人、女性86人)であった。初診時平均年齢は平均19.4歳(範囲:8〜51歳)であった。対象者には初診時および動的治療終了時の2時点でカリエスリスク検査を施行した。検査項目は唾液分泌量 …
  • NAID 110008699400

関連リンク

ミュータンス菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通 性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因 菌のひとつである。虫歯菌の別名でも有名。1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。
ニース・リリーストップ. ニューズレター. -むし歯は、感染症という新しい考え方- 日本で 広がりつつある、ミュータンス菌感染予防への取り組み. 「きちんと歯を磨いているのに、 むし歯になってしまった」そんな声を巷でよく耳にします。この言葉は、今の日本が直面し て ...

関連画像

ミュータンス菌虫歯菌(ミュータンス菌)見た ミュータンス菌ミュータンス菌浮遊するミュータンス菌ミュータンス菌


★リンクテーブル★
リンク元Streptococcus mutans」「S. mutans
関連記事

Streptococcus mutans」

  [★]

Streptococcus mutansS. mutansmutans streptococci
ミュータンスレンサ球菌ミュータンス菌ストレプトコッカス・ミュータンス
う蝕症、う蝕




S. mutans」

  [★]

mutans streptococciStreptococcus mutans

菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡