ミトコンドリアリボソーム

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カンザワハダニ種群のミトコンドリア,リボソーム,マイクロサテライトDNAの遺伝的変異
  • 西村 慎哉,日本 典秀,高藤 晃雄
  • 日本ダニ学会誌 16(2), 109-119, 2007-11-25
  • ミトコンドリアDNAのcytochrome oxidase subunit I(COI)遺伝子と核リボソームRNA遺伝子のinternal transcribed spacer 1(ITS1)領域の塩基配列による系統解析と,マイクロサテライトマーカーを用いた個体群構造解析によって,本州北部の東北地方より採集したカンザワハダニ種群の遺伝的構造を解析した.個体群構造解析では,すべての個体群の組合せで遺 …
  • NAID 110006473827
  • オオムギミトコンドリアリボソ-ムタンパク質S2遺伝子の構造解析とイネ科植物における多様性
  • 久保 中央,小松田 隆夫,原田 久也,門脇 光一
  • 育種学研究 = Breeding research 2(2), 230, 2000-09-25
  • NAID 10006112177

関連リンク

【ベストアンサー】ミトコンドリアはもともとは別の生物だったものが大きな細胞にとりこまれたものです。もともと一つの生き物だったので、独自のDNAが存在します。 ミトコンドリア内のDNAを ...
核 核は、二重の核膜によって包まれ、遺伝子の実体であるDNAを格納している。 その表面にはリボソームが付着している。 原核細胞は核を持たない代わりに核様体がある。 ミトコンドリア 糖と酸素からエネルギーを生産する。
Proteomics Labolatory - 研究内容 ヒトリボソーム生合成過程の解明 ヒトミトコンドリアリボソーム生合成過程の解明 ヒトミトコンドリアリボソームタンパク質の新規機能の解析 Casein Kinase 2基質タンパク質の網羅的探索

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リボソーム」「トコン

リボソーム」

  [★]

ribosome
細胞


  • mRNAを元にアミノ酸を重合してタンパク質を合成する細胞小器官
  • rRNAとタンパク質からなる
  • HE染色では好酸性に染まる。核酸成分(rRNA)が多いため青染することになる。
  • 原核生物:70S = 30Sサブユニット + 50Sサブユニット
  • 真核生物:80S = 40Sサブユニット + 60Sサブユニット

タンパク質合成 (ECB.252)

mRNAの5'側にE部位が位置し、P部位、A部位の順に並んでいる。
  • 1. コドンに対応するアミノアシルtRNAがA部位に取り込まれる
  • 2. アミノアシルtRNAのアミノ酸に、ペプチジルtRNAに結合しているペプチドが転移される
リボソームがスライドすることで、ペプチドを渡したtRNAはE部位に、ペプチジルtRNAはP部位に移動する。
  • 3. E部位のtRNAはリボソームから遊離する
  • 4. 1.へもどる

抗菌薬の作用点

30Sリボソーム

50Sリボソーム



トコン」

  [★]

ipecac, ipecacuanha root
ipecacuanhae radix
吐根
トコンシロップドーフル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1