ミグレニン

出典: meddic

ンチピリン、カフェインクエン酸


和文文献

  • クエン酸の熱分解ガスクロマトグラフィーおよびその分析的応用
  • 宇野 豊三 [他],中川 照真,松本 幹生
  • 分析化学 20(10), 1245-1249, 1971
  • … 生成物のうち無水イタコン酸と無水シトラコン酸について分解の温度依存性などの基礎的検討により得られた知見に基づいて,分析条件を設定した.すなわち,試料室温度(分解温度)250℃,カラム充てん剤20% PEG 20MクロモゾルブW(60~80メッシュ),カラム温度175℃,カラム長さ1.5m,キャリヤーガス窒素45m<I>l</I>/min,検出器水素炎イオン化型であった.本法をミグレニン製剤中のクエン酸の定量に応用し,満足すべき結果を得た. …
  • NAID 130000942292
  • ミグレニンの乱用に起因すると思われる腎障害の1例
  • ミグレニン内服による眼障害

関連リンク

ミグレニンとは?ミグレニンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 頭痛のお薬です。 作用 古くからある鎮痛処方です。ピリン系鎮痛薬のアンチピリンと、鎮痛効果を高める ...
ミグレニン みぐれにん mygrenin 片 (へん) 頭痛の治療薬で、アンチピリン90、カフェイン9、クエン酸1の重量比からなる。1893年に創製され、ドイツのヘキストH chst社からこの名称で発売された。かつては日本薬局方にも収載され、頭痛薬 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛剤

販売名

ミグレニン「マルイシ」

組成

  • 本品 1g中 日局 ミグレニン 1g 含有。

本品はアンチピリン90、カフェイン9及びクエン酸1の質量の割合からなる。

禁忌

  • 本剤又はピラゾロン系化合物(スルピリン等)に対し、過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 頭痛
  • 通常、成人1日1.0gを2〜3回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
    ただし、長期連用は避けるべきである。


慎重投与

  • 本人又は両親・兄弟が他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等の患者
  • 肝又は腎障害のある患者[症状が悪化するおそれがある]
  • 血液障害(貧血、白血球減少等)のある患者[症状が悪化するおそれがある]

重大な副作用

  • ショック
  • ショック(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等があらわれた場合には適切な処置を行うこと。
  • 無顆粒細胞症(初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等)
  • 無顆粒細胞症(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には中止すること。


★リンクテーブル★
先読みカフェイン」「クエン酸
リンク元クエン酸カフェインアンチピリン
関連記事レニン

カフェイン」

  [★]

caffeine
coffeinum
メチルテオブロミン methyltheobromine, 1,3,7-トリメチルキサンチン 1,3,7-trimethylxanthine
PL配合無水カフェイン LL配合シロップ小児用アンナカカフェイン水和物キョーリンAP2配合クリアミン配合サラザック配合セラピナ配合セラピナ配合トーワチーム配合ネオアムノール配合ヒダントールD配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ペレックス配合マリキナ配合マリキナ配合ミグレニン ラコールNF配合ラコール配合安息香酸ナトリウムカフェイン 幼児用PL配合
メチルキサンチン安息香酸ナトリウムカフェイン


概念



クエン酸」

  [★]

citric acid, citrate
クエン酸ナトリウム
COOH-CH2-C(COOH)(OH)-CH2-COOH
  • 三価のカルボン酸

尿中のクエン酸

  • 尿中のクエン酸は結石の形成をよぼうする作用がある
  • 遠位型尿細管性アシドーシスでは近位尿細管でのクエン酸再吸収が亢進するため、低クエン酸血症となり結石の形成を促進する。

臨床関連




クエン酸カフェインアンチピリン」

  [★]

antipyrine caffeine citrate
ミグレニン


レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡