ミエリン溶解

出典: meddic

myelinolysis
ミエリンミエリン溶解性融解症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2. SIADH
  • 木村 時久
  • 日本内科学会雑誌 83(12), 2110-2116, 1994
  • … ADHの分泌がその生理的調節機構を逸脱して生ずるため, ADH依存性の希釈性低Na血症をきたす病態をいう.原因としては異所性ADH産生腫瘍,中枢性疾患,肺疾患,薬物および内分泌異常によるものが多い.本症の臨床症状は希釈性低Na血症による脳浮腫で意識障害,嘔吐等の水中毒症状を示す.治療は水制限等の自由水の減少が有効であるが,急激な血清Na濃度の上昇は橋中央ミエリン溶解といわれる中枢神経系の障害をきたす. …
  • NAID 130000899362

関連リンク

バイエル薬品株式会社の多発性硬化症情報提供サイトです ... ミエリンとは ミエリン(髄鞘)は神経細胞の軸策を取り囲んでいる物質であり、絶縁体の役割り(電気線の絶縁体、ビニールテープのようなもの)を果たしています。
症状: 橋中心髄鞘崩壊、橋中心髄鞘崩解、橋中央ミエリン溶解 弛緩性麻痺 顔面筋力低下 平衡感覚障害 筋肉のけいれん 言語障害 »» もっと見る »» 同様の症状: 橋中心髄鞘崩壊、橋中心髄鞘崩解、橋中央ミエリン溶解 悪阻、つわり ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元融解症」「myelinolysis
拡張検索ミエリン溶解性
関連記事リン」「溶解」「ミエリン

融解症」

  [★]

myelinolysis
ミエリン溶解


myelinolysis」

  [★] ミエリン溶解

myelinolytic


ミエリン溶解性」

  [★]

myelinolytic
ミエリン溶解


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消


ミエリン」

  [★]

myelin
髄鞘





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡