マンノシダーゼ

出典: meddic

mannosidase

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Cp-12 GH130に属する糖質加水分解酵素β-1,2-マンノシダーゼの発見(ホスホリラーゼ,一般講演,日本応用糖質科学会平成26年度大会(第63回))
  • 知久 和寛,仁平 高則,鈴木 絵里香,西本 完,北岡 本光,中井 博之,大坪 研一
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 4(3), B51, 2014-08-20
  • NAID 110009843630
  • Cp-6 ゴルジ体マンノシダーゼ阻害と遺伝子発現の関係 : 新規蛍光基質を用いた酵素活性の定量(α-グルコシダーゼ・その他の糖質関連酵素2,一般講演,日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回))
  • 鈴木 敦子,柴葉 未紗,袴田 航,平野 貴子,西尾 俊幸
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 3(3), B41, 2013-08-20
  • NAID 110009674828
  • N型糖鎖に作用する植物マンノシダーゼ(<特集>マンノシダーゼ研究の最前線)
  • 石水 毅
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 3(1), 93-98, 2013-02-20
  • 植物マンノシダーゼは,1895年にエミル・フィッシャーによってアーモンドから見出された。フィッシャーはマンノシダーゼ以外にもいくつかの糖質加水分解酵素の活性を検出し,酵素の基質特異性の概念や鍵と鍵穴モデルを提唱した。1960年代になって,タチナタマメ由来のマンノシダーゼの生化学的解析が行われ,これは現代まで続く糖質関連酵素研究の基礎となっている。このマンノシダーゼは比較的容易に調製でき,1970年 …
  • NAID 110009625708

関連リンク

エンド-β-マンノシダーゼ ニホンナシ(Pyrus pyrifolia)花柱のS-RNaseの糖鎖構造解析で、N-アセチルグルコサミン2残基からなるGlcNAcβ1-4GlcNAc構造が主なN-配糖体糖鎖として存在していることが明らかとなった(1)。Manβ1-4GlcNAcβ1 ...
アスパラギン結合型糖鎖(高マンノース型糖鎖)のマンノースを1つ1つ切り離す酵素がマンノシダーゼです。世の中には 風変わりな酵素があるもので、青カビのつくる沢山の酵素の中から、1,2-α-マンノシド結合だけしか切らない酵素 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索マンノシダーゼ欠損症」「αマンノシダーゼ」「α-マンノシダーゼ」「β-マンノシダーゼ」「βマンノシダーゼ
関連記事シダ」「マン

マンノシダーゼ欠損症」

  [★]

mannosidase deficiency disease
マンノシドーシス


αマンノシダーゼ」

  [★]

alpha-mannosidase
α-マンノシダーゼ


α-マンノシダーゼ」

  [★]

alpha-mannosidase
αマンノシダーゼ


β-マンノシダーゼ」

  [★]

beta-mannosidase
βマンノシダーゼ


βマンノシダーゼ」

  [★]

beta-mannosidase
β-マンノシダーゼ


シダ」

  [★]

fern
シダ植物


マン」

  [★]

man, Mann





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡