マンニトール製剤

出典: meddic

mannitol preparation
マニトンS、D-マンニトール注、マンニットT
マンニトール


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 病棟薬剤師に聞く 脳神経疾患ナースのためのくすりの知識(10)マンニトール製剤--脳浮腫治療薬
  • 山室 蕗子,近藤 元三,進尾 恒美 [他]
  • ブレインナーシング 20(1), 99-103, 2004-01
  • NAID 40006060547

関連リンク

関連画像

マンニトール製剤 20 マンニット(マンニトール マンニトール』の画像を検索  注射用粉末製剤及びその製造法マンニトール. 主な用途: glc マンニトール, molecular structure


★リンクテーブル★
リンク元マンニトール・テスト
関連記事マンニトール」「製剤」「

マンニトール・テスト」

  [★]

マンニトール製剤

マンニトール」

  [★]

mannitol
D-mannitolum
マンニゲンマンニットTマンニットール、(果糖合剤)フルクトマニト、(ソルビトール合剤)マンニットールS
D-マンニトール D-mannitolD-マンニット D-mannit
その他の循環器官用薬


概念

  • 自然界にはD-マンニトールが多く存在しており、治療薬でもD-マンニトールが用いられる。
  • 浸透圧によって尿細管腔内に水を引き入れる
  • 利尿剤

参考1より引用
マンニトール (mannitol) は糖アルコールの一種である。 ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する。マンニット (mannite) とも呼ばれる。光学活性物質であり、天然に多く存在するエナンチオマーは D-マンニトールである。ソルビトールの異性体である。
浸透圧調製剤・利尿剤であり、弱い腎臓血管拡張剤でもある。
水溶液中ではプロトンを放出する性質を持つため、水溶液は酸性になる。このため、炭酸ナトリウムなど pH 調整剤を併用することが珍しくない。

適応

  • 1. 術中・術後・外傷後及び薬物中毒時の急性腎不全の予防及び治療  ←  通常の利尿薬はhypovolemia+乏尿では良い適応ではないらしい。そのような場合にマンニトールが良い適応となる、らしい。
  • 2. 脳圧降下および脳容積の縮小を必要とする場合
  • 3. 眼内圧降下を必要とする場合

参考

  • 1
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡