マントル細胞リンパ腫

出典: meddic

mantle-cell lymphoma, mantle cell lymphoma
暗殻細胞リンパ腫中間型リンパ球性リンパ腫 intermediate lymphocytic lymphoma外套層状リンパ腫 mantle zone lymphoma
悪性リンパ腫

概念

  • 成熟B細胞腫瘍の一種
  • 染色体転座t(11;14)(q13;q32)が認められる。
  • CD5を発現する。CyclinD1遺伝子の過剰発現は高頻度


  • 別名:MCL has been previously referred to as intermediate lymphocytic lymphoma, mantle zone lymphoma, centrocytic lymphoma, and lymphocytic lymphoma of intermediate differentiation

発生母地

  • Most MCL cases are postulated to derive from naïve pre-germinal center B cells of the mantle zone, while a subset of MCL may originate from marginal zone or peripheral blood memory B cells.

講義ノート

  • 中リンパ球
  • 核クロマチンは均一に濃縮し、核小体は不明瞭。核は軽度の不整とくびれ有り(convoluted cell)
  • マントル細胞リンパ腫は慢性リンパ性白血病と同様にCD5(+)のB細胞であるが、予後は大きく異なり、化学療法のCHOPが奏効しにくく、寛解率は10-40%。

細胞表面マーカー

sIg 細胞表面のIg
CD5 胸腺細胞、T細胞、B細胞のサブセット
CD10 B細胞やT細胞前駆体。骨髄間質細胞(bone marrow stromal cell) 。Zinc metalloproteinase, marker for pre-B acute lymphatic leukemia (ALL)
CD19 B-cell co-receptor: CD19+CD21+CD81
cyclin サイクリン依存性キナーゼ(CDK)の活性化サブユニット
*Bリンパ球のマーカーとされているもの CD10,CD19,CD20



発生母地

  • The malignant cell in mantle cell lymphoma is postulated to derive from a naive B-cell of follicle mantle or germinal center origin. This cell is distinct from both the recirculating B-cell of B-CLL/SLL and the later centrocyte of follicular lymphoma





-mantle-cell lymphoma


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/09 11:44:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生物学的製剤を用いた分子標的治療の進歩(5)悪性リンパ腫に対する生物学的製剤を用いた分子標的治療の現状
  • 寺村 正尚
  • 東京女子医科大学雑誌 82(2), 86-91, 2012-04-25
  • … また、2008年には再発/難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫に対する治療薬として、放射性同位元素を標識した抗CD 20抗体であるY-90 ibritumomab tiuxetanが保険適応となり、高い奏効率が得られている。 …
  • NAID 110009004312
  • 虫垂開口部に粘膜下腫瘍様隆起を呈したマントル細胞リンパ腫の1例
  • 山田 将護,野田 知宏,坪井 順哉,黒田 誠,大岩 道明,駒田 文彦,勝田 浩司
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(9), 3054-3061, 2011-09-20
  • … り,下部消化管内視鏡検査にてmultiple lymphomatous polyposis(MLP)および虫垂開口部に粘膜下腫瘍様隆起を認めた.病理組織学的精査,fluorescence in situ hybridization(FISH)法,CT検査,PET検査,骨髄検査よりマントル細胞リンパ腫(MCL),Ann Arbor分類Stage IVAと診断し,Rituximab併用化学療法4クール施行後に完全寛解を得た.今回,われわれはMLPとともに虫垂開口部に粘膜下腫瘍様隆起を呈したMCLの稀な1例を経験したので報告する …
  • NAID 10029837454
  • マントル細胞リンパ腫の分子病態と治療
  • 成熟B細胞性リンパ腫
  • 永井 宏和
  • 日本内科学会雑誌 100(7), 1833-1842, 2011-07-10
  • NAID 10029747863

関連リンク

2006年10月1日 ... マントル細胞リンパ腫のがん細胞表面には、Bリンパ球に広く発現する抗原であるCD19 、CD20、CD22、免疫グロブリン重鎖(Ig)M(多くはIgDも)、および通常はTリンパ球に 発現する抗原であるCD5、さらにはHLA-DRが陽性になります。
2006年10月12日 ... すべての悪性リンパ腫に占めるMALTリンパ腫の割合は7~8%とされ、発症年齢中央 値は61歳で、女性にやや多いようです。 ... 一部の大細胞型の病変が存在する場合では 、びまん性大細胞型リンパ腫として急速に大きくなることがあります。

関連画像

大腸マントル細胞リンパ腫a大腸マントル細胞リンパ腫d大腸マントル細胞リンパ腫aマントル細胞リンパ腫(MCL)大腸マントル細胞リンパ腫e消化管に発生したものでは 大腸マントル細胞リンパ腫f大腸マントル細胞リンパ腫c


★リンクテーブル★
先読みintermediate lymphocytic lymphoma
リンク元悪性リンパ腫」「非ホジキンリンパ腫」「CD5」「マントル層」「胃MALTリンパ腫
関連記事リン」「トル」「」「リンパ」「細胞

intermediate lymphocytic lymphoma」

  [★]

中間型リンパ球性リンパ腫

mantle-cell lymphoma

悪性リンパ腫」

  [★]

malignant lymphoma
lymphoma malignum

悪性リンパ腫とマーカー

悪性リンパ腫.xls
  sIg CD5 CD10 CD19 CD20 CD23 CD43 bcl cyclin TdT その他 転座
小リンパ性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia
       
濾胞性リンパ腫 FL
 
      bcl2 +      
MALTリンパ腫
 
                 
マントル細胞リンパ腫 MCL
 
             
びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 DLBL
 
+/-     bcl6 +        
前駆Bリンパ芽球性リンパ腫
急性Bリンパ球性白血病 LBL/ALL
                 
バーキットリンパ腫 BL
 
          Myc, Ki-67 t(8,14)Myc;IgH ~80%
t(2,8)κ;Myc ~15%
ホジキンリンパ腫
 
                    CD15, CD30, CD45 - t(8,22)Myc;λ ~10%
成人T細胞白血病 ATL
 
                    CD2, CD3, CD4, CD25, HLA-DR, CD8 -  

病期

参考

  • 1.
http://www.rinpashu.com/inspection/

国試




非ホジキンリンパ腫」

  [★]

non-Hodgkin's lymphoma non-Hodgkin lymphoma NHL
非Hodgkinリンパ腫, non-Hodgkinリンパ腫
B細胞性悪性リンパ腫悪性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫の臨床的な特徴 HIM.693

  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51
マントル細胞リンパ腫 63 まれ 74 20 vs 80 28 64 9 27
MALT型の節外辺縁域B細胞リンパ腫 60 まれ 48 67 vs 33 19 14 50 74
濾胞リンパ腫 59 まれ 42 33 vs 67 28 42 4 72
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 64 ~25% 55 54 vs 46 33 16 18 46
バーキットリンパ腫 31 ~30% 89 62 vs 38 22 33 11 45
前駆T細胞リンパ芽球性リンパ腫 28 ~40% 64 11 vs 89 21 50 4 26
未分化大細胞型リンパ腫 34 よくある 69 51 vs 49 53 13 9 77
末梢型T細胞非ホジキンリンパ腫 61 ~5% 55 20 vs 80 50 36 15 25

分類

参考1
  • 経過による分類
進行スピードによる分類 該当する非ホジキンリンパ腫の種類
低悪性度(年単位で進行) 濾胞性リンパ腫
MALTリンパ腫
中悪性度(月単位で進行) びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫
未分化大細胞リンパ腫
高悪性度(週単位で進行) リンパ芽球性リンパ腫
バーキットリンパ腫

検査

病勢と相関する項目

予後

参考

  • 1. 悪性リンパ腫の診断と治療
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/ML.html


  • first aid step1 2006 p.160294301302309431



CD5」

  [★]

Leucine-1

発現細胞

  • 胸腺細胞T細胞B細胞のサブセット (IMM)
  • 胸腺細胞、T細胞、NK細胞、B1(B細胞のsubpopulation) (WCH.31)
  • 成熟T細胞、胸腺細胞、一部のB細胞(CD5陽性B細胞(B-1細胞)。脾臓等、異所由来(骨髄非依存性)のB細胞) (資料1)
  • B細胞性白血病・リンパ腫(資料1)

分子量

  • 67kDa

別名

  • T1, Ly1

機能

  • CD5に対するモノクローナル抗体を作用させると、細胞内のチロシンのリン酸化が起こり、T細胞が活性化する。ただし、抑制的に作用する経路にも作用するかもしれない(WCH.31)
  • T細胞はnaive CD4 T cellで発現しており、この細胞のマーカーとなる(IMM.315)
  • CD5+ B細胞は自己抗体を産生する(WCH.31)
  • CD72はCD5にたいするcounter-receptorである(WCH.31)

臨床関連

参考

  • 1. SRL
[display]http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/KENSA/SRL5039.htm
  • 2. beckman
[display]http://www.bc-cytometry.com/Data/db_search/CD005.htm
  • 3. wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/CD5_%28protein%29


マントル層」

  [★]

mantle zone
外套帯帽状域二次小節冠 corona
リンパ節マントル細胞リンパ腫



胃MALTリンパ腫」

  [★]

MALTリンパ腫


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





トル」

  [★]

Torr
圧力
  • 圧力の単位。
1 torr ≒ 1 mmHg
(1) 760 mmHg = 101325.0144354 Pa
(2)
  1 torr = 1 atm(1気圧(標準大気圧)) / 760
  1 atm = 101325 Pa = 760 torr
 ∴ (1)と(2)はわずかに異なる。

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡