マン

出典: meddic

man, Mann



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/04 14:58:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本企業の予算管理に関する一考察 : 予算スラックの観点から
  • 追手門学院大学ベンチャービジネス・レビュー;Venture business review 9, 31-39, 20170325-00-00
  • NAID 120006249541
  • 「他人指向」の殉教者 : 別役実の『風のセールスマン
  • 大阪大谷大学紀要 = Bulletin of Osaka Ohtani University 51, 15-26, 2017-25
  • NAID 120006014773
  • 週現『熱討スタジアム』(第223回)阿久悠・三木たかしのゴールデンコンビ 冬になると聴きたくなる国民的名曲 石川さゆり『津軽海峡・冬景色』を語ろう

関連リンク

エッチマン - 無料レンタルサーバー: Ribbon Network | 転送量 ... ... SNS
ネメシスとの決戦を前に、まさかの敵前逃亡を図るキン肉マン! 逃げ込んだ森の中でピークア・ブー&ネプチューンマンの完璧(パーフェクト)超人コンビに 遭遇するが、ふたりの激励にもキン肉マンは弱腰のまま……。 そんな彼を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 心臓選択性β遮断剤

販売名

アテノロール錠25mg「NP」

組成

有効成分(1錠中)

  • 日本薬局方 アテノロール 25mg

添加物

  • 結晶セルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、D-マンニトール、無水リン酸水素カルシウム、デンプングリコール酸ナトリウム、ステアリン酸、カルナウバロウ、サラシミツロウ

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある患者[アシドーシスによる心筋収縮力の抑制を増強するおそれがある。]
  • 高度又は症状を呈する徐脈、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 心原性ショックのある患者[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 肺高血圧による右心不全のある患者[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがある。]
  • うっ血性心不全のある患者[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 低血圧症の患者[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 重度の末梢循環障害のある患者(壊疽等)[症状が悪化するおそれがある。]
  • 未治療の褐色細胞腫の患者(「用法及び用量に関連する使用上の注意」の項参照)


効能または効果

  • 本態性高血圧症(軽症〜中等症)
  • 狭心症
  • 頻脈性不整脈(洞性頻脈、期外収縮)


アテノロール錠25mg「NP」

  • 通常成人には2錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回4錠(100mg)までとする。

アテノロール錠50mg「NP」

  • 通常成人には1錠(アテノロールとして50mg)を1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回2錠(100mg)までとする。


  • 褐色細胞腫の患者では、本剤投与により急激に血圧が上昇することがあるので本剤を単独で投与しないこと。褐色細胞腫の患者に投与する場合には、α遮断剤で初期治療を行った後に本剤を投与し、常にα遮断剤を併用すること。


慎重投与

  • 気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある患者[気管支を収縮し、喘息症状が誘発又は悪化するおそれがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。]
  • うっ血性心不全のおそれのある患者[心機能を抑制し、うっ血性心不全が発現するおそれがあるので、観察を十分に行い、ジギタリス剤を併用するなど慎重に投与すること。]
  • 低血糖症、コントロール不十分な糖尿病、長期間絶食状態の患者[低血糖の前駆症状である頻脈等の交感神経系反応をマスクしやすいので血糖値に注意すること。]
  • 重篤な肝障害のある患者[薬物の代謝が影響を受ける可能性がある。]
  • 重篤な腎障害のある患者[薬物の排泄が影響を受ける可能性があるため、クレアチニン・クリアランス値が35mL/分、糸球体ろ過値が35mL/分以下の場合は投与間隔をのばすなど、慎重に投与すること。]
  • 甲状腺中毒症の患者[中毒症状をマスクするおそれがある。]
  • 重度でない末梢循環障害のある患者(レイノー症候群、間欠性跛行症等)[症状が悪化するおそれがある。]
  • 徐脈のある患者[徐脈が悪化するおそれがある。](「禁忌」の項参照)
  • 房室ブロック(I度)のある患者[房室伝導時間が延長し、症状が悪化するおそれがある。]
  • 異型狭心症の患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 高齢者(「重要な基本的注意」及び「高齢者への投与」の項参照)


重大な副作用

徐脈、心不全、心胸比増大、房室ブロック、洞房ブロック、失神を伴う起立性低血圧(頻度不明)

  • このような症状があらわれた場合には減量又は中止するなど適切な処置を行うこと。

呼吸困難、気管支痙攣、喘鳴(頻度不明)

  • このような症状があらわれた場合には、減量又は中止するなど適切な処置を行うこと。

血小板減少症、紫斑病(頻度不明)

  • このような症状があらわれた場合には、減量又は中止するなど適切な処置を行うこと。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アテノロール(Atenolol)

化学名

  • 2-(4-{(2RS)-2-Hydroxy-3-[(1-methylethyl)amino]propyloxy}phenyl)acetamide

分子式

  • C14H22N2O3

分子量

  • 266.34

融点 

  • 152〜156℃

性状 

  • ・白色〜微黄色の結晶性の粉末である。
    ・メタノール又は酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けやすく、水に溶けにくい。
    ・メタノール溶液(1→25)は旋光性を示さない。


★リンクテーブル★
先読みman
リンク元Mann
拡張検索ムッハ・ハーベルマン病」「ピーマン」「ベルクマン-イスラエル皮膚切開線」「ボールマン4型

man」

  [★]

  • n.
apehominidHominidaehomoHomo sapienshumanmalemale sexmenPongidae

WordNet   license wordnet

「take charge of a certain job; occupy a certain work place; "Mr. Smith manned the reception desk in the morning"」

WordNet   license wordnet

「game equipment consisting of an object used in playing certain board games; "he taught me to set up the men on the chess board"; "he sacrificed a piece to get a strategic advantage"」
piece

WordNet   license wordnet

「an adult person who is male (as opposed to a woman); "there were two women and six men on the bus"」
adult male

WordNet   license wordnet

「a male person who plays a significant role (husband or lover or boyfriend) in the life of a particular woman; "she takes good care of her man"」

WordNet   license wordnet

「a male subordinate; "the chief stationed two men outside the building"; "he awaited word from his man in Havana"」

WordNet   license wordnet

「an adult male person who has a manly character (virile and courageous competent); "the army will make a man of you"」

WordNet   license wordnet

「the generic use of the word to refer to any human being; "it was every man for himself"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(成人の)『男』,男子;(男の)おとな / 〈U〉《冠詞をつけないで》(動物と区別して)『人類』,『人』,人間(mankind) / 〈C〉《性別に関係なく用いて》人;《否定文で》だれも / 《複数形で》従業員,雇い人;兵士,下士官 / 〈C〉夫,亭主(husband);《話》(内縁の夫,愛人など同棲している)男 / 〈C〉男らしい男,一人前の男 / 《the~,one's~》うってつけの人,意にかなう人,適任者 / 〈U〉《男性に親しく呼び掛けて》君,おい / 《俗》《驚き・喜び・軽べつなどを表す間投詞として》おや,まあ,これは / 〈C〉(将棋・チェッカーなどの)こま / 〈C〉《the~》《米俗》権力者;警官 / 〈要さい・砲・船など〉‘に'人を配置する;〈地位・勤務など〉‘に'人をつける」

WordNet   license wordnet

「provide with workers; "We cannot man all the desks"; "Students were manning the booths"」


Mann」

  [★] マン

WordNet   license wordnet

「United States educator who introduced reforms that significantly altered the system of public education (1796-1859)」
Horace Mann

WordNet   license wordnet

「German writer concerned about the role of the artist in bourgeois society (1875-1955)」
Thomas Mann

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「マン(『Thomas~』;1875‐1955;ドイツの小説家)」


ムッハ・ハーベルマン病」

  [★]

Mucha-Habermann disease
慢性苔癬状粃糠疹苔癬状粃糠疹急性痘瘡状苔癬状粃糠疹Mucha-Habermann病ムッハ・ハーバーマン病ハーベルマン病ムーカ・ハーベルマン病


ピーマン」

  [★]

bell pepperCapsicum annuum
トウガラシトウガラシ属パプリカ


ベルクマン-イスラエル皮膚切開線」

  [★] ベルグマン・イスラエル皮膚切開線


ボールマン4型」

  [★]

Borrmann type 4
スキルス胃癌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡