マロリー小体

出典: meddic

Mallory body
アルコール硝子体alcoholic hyaline alcoholic hyalin bodyアルコール小体 alcoholic body
HE染色で赤く染まる
  • 毒物による肝細胞障害に伴うサイトケラチンを含む細胞骨格要素の細胞内蓄積による(APT.207)

臨床関連



参考

  • 写真
[display]http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~pathology/1999/image1/okayama/b-32/0725/PIC00004.jpg
[display]http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~pathology/1999/image1/okayama/b-32/0725/PIC00005.jpg
[display]http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/pathology/autoimmune/sl22.jpg
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0b/Mallory_body_high_mag_cropped.jpg
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d3/Mallory_body_intermed_mag.jpg


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH) : 5. 診断へのアプローチ3)病理診断
  • 前山 史朗,米田 正人,中島 淳
  • 日本内科学会雑誌 95(1), 76-81, 2006-01-10
  • 非アルコール性脂肪肝炎 (NASH) の肝生検組織像を概説した. 基本組織像は, 中等度以上の大滴性の脂肪化に線維染色 (鍍銀像) でアルコール性肝線維症 (ALF ; alcoholic liver fibrosis) の線維化パターンが加わったものが基本である. HE染色では実質の軽度から中等度までの壊死・炎症所見をみるが概して弱く, 門脈-実質境界域で限界板のpiecemeal necros …
  • NAID 10017441345
  • 肝細胞癌におけるマロリー小体の組織学的検討
  • 逸見 明博,山田 勉,中山 壽之,生井 明浩,佐貫 榮一,大石 実
  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 39(4), 346-347, 2004-08-28
  • NAID 10013456372
  • アルコール性肝炎を伴わない肝硬変に認められたマロリー小体の臨床的意義に関する検討 : 肝障害の重症度との関連を中心に
  • 住野 泰清,篠原 正夫,草野 昌男,畑 宗一郎,鈴木 真由美,石井 耕司,岡島 存男,山室 渡,杉本 元信,定本 貴明
  • 東邦醫學會雜誌 = Journal of the Medical Society of Toho University 44(5), 414-420, 1997-11-01
  • NAID 10012231440

関連リンク

NASH の組織像. ・ 大滴性脂肪沈着. +肝細胞の風船状腫大. (バルーニング). + マロリー小体 (封入体). +肝小葉の炎症細胞浸潤. +中心静脈・肝細胞周囲の線維化. 11. 何が封入されているか?
マロリー小体、アルコール硝子体 mallory body , alcoholic hyaline. 境界不明瞭な好 酸性蓄積物で、脂肪変性した肝細胞内に散見される。 アルコール性肝障害や脂肪肝に 出現する。 風船状変性,風船細胞 baloon cell. 急性ウイルス性肝炎もしくはアルコール ...

関連画像

病毒性肝炎 | 酒精性肝病 | 药物


★リンクテーブル★
リンク元肝臓の病理」「alcoholic hyaline
関連記事

肝臓の病理」

  [★]

肝臓肝炎

病変局在と疾患

特徴的な所見

B型肝炎 C型肝炎 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性肝硬変 脂肪性肝炎
すりガラス状変化(ground-glass appearance) リンパ濾胞(portal lymphoid follicles) ANA抗体陽性 AMA抗体陽性 中心静脈周囲の脂肪化
核の不整、濃染、腫大(liver cell dysplasia) 肝炎性胆管傷害(bile-duct damage) 門脈域から実質に形質細胞浸潤、壊死像 門脈主体の炎症細胞浸潤 肝細胞風船状腫大
  脂肪化(steatosis) 肝細胞のロゼット配列 小葉間胆管の傷害 実質の炎症主体
ときに肉芽腫(granuloma)、マロリー小体(Mallory body) 胆管傷害なし 慢性非化膿性破壊性胆管炎(CNSDC 中心静脈から周囲肝細胞を取り囲む線維化
    類上皮肉芽腫 マロリー小体
好酸球 megamitochondria
  好中球
脂肪肉芽腫

alcoholic hyaline」

  [★] アルコール硝子体, マロリー小体, Mallory body

体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡