マルティウス骨盤撮影法

出典: meddic

関連リンク

... 骨盤計測とは、X線によって骨盤の大きさと同時に児頭の大きさを計測するもので入口面撮影法(Martius法)、側面撮影法(Guthman法)が一般的に使用されています。 X線骨盤計測は、妊婦さんと胎児が放射線被爆を受けるため 1 ...
【ベストアンサー】まず、マルチウスとグスマンの違いは撮影法の違いです。 両者とも産科の一般撮影法であり、スケールとなるものさしを一緒に撮影し、骨盤の計測を行います。目的は胎児が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事撮影法」「骨盤」「」「撮影

撮影法」

  [★]

photographing、-graphy
造影法造影術単純X線検査

単純X線検査

内耳、錐体
  • シュラー撮影 シュラー法 Schuller法:乳突蜂巣の発育状況・以上陰影、錐体上縁、S状静脈洞と乳突洞の関係、外耳道、顎関節
  • ステンバース撮影 ステンバース法 Stenvers法:頭蓋の正中矢状面はフィルムと45°の角度をなし、鼻尖、頬骨突起、眼窩上縁をフィルムに密着させる(SOTO.111)。これにより錐体がフイルム面と平行になり、錐体の正面像が得られる。前半規管・水平半規管、前庭、錐体上縁、乳突洞・蜂巣と頭蓋底の関係を診るのに適す。
  • タウン撮影 タウン法 Towne法 = 前後半軸位撮影:仰臥位で後頭部をフイルムにつける。X線の中心束はorbitomeatal lineに対し25°足方へ向ける。後頭骨(骨折)や側頭骨錐体部、内耳道、大後頭孔などの評価に適している。耳疾患においては内耳道の左右差を診るのに適す。
副鼻腔
  • ウォーターズ撮影 ウォーターズ法 Waters法 = 後頭頤法:腹臥位となって頤(まあ、顎)をフィルムにつけてドイツ水平面(両眼窩下縁と外耳道上縁を含む平面)がフィルムと45°をなすように頭部を後屈させて撮影(SOTO.263) 。眼窩および副鼻腔、顔面骨の評価に適している。副鼻腔は、炎症で水がたまっているとみえにくくなるので発見できる。
  • コールドウェル撮影 コールドウェル法 Caldwell法 = 後頭前頭法:腹臥位として、鼻尖と前頭をフイルムに圧着させ、ドイツ平面がフイルムにほぼ垂直になるようにする。前頭道、篩骨蜂巣、嗅裂、鼻中隔、篩骨眼窩板、小翼、上眼窩裂の観察に適する。(SOTO.263)

骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


撮影」

  [★]

exposurephotograph
写真曝露被曝露光露出




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡