マリオット

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/01 20:52:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 特別インタビュー マリオット2ホテルの統括運営責任者に聞く JWマリオット・ホテル・マカオ、ザ・リッツ・カールトン・マカオ オペレーション担当ヴァイスプレジデント ラウフ・マリク氏
  • マリク ラウフ
  • 月刊ホテル旅館 52(8), 128-130, 2015-08
  • NAID 40020529301
  • カメラで廻る現場 21C(世紀)・BM(ビルメンテナンス)を求めて 大阪マリオット都ホテル

関連リンク

71の国や地域に宿泊施設を展開する「マリオット・インターナショナル」の公式サイト。ホテル空室検索、ウェディング、宴会、会議室のご予約はwww.marriott.co.jpをご覧下さい。
中村区。宿泊案内、施設とイベントの紹介、予約情報。

関連画像

マリオットホテルが品川 沖縄ブログ:沖縄マリオット オキナワマリオットリゾート 沖縄 マリオット リゾート ワイコロア ビーチ マリオット  マリオット(オーシャンビュー

添付文書

薬効分類名

  • 広範囲抗菌点眼剤

販売名

※※ マリオットン点眼液0.3%

組成

組 成

  • マリオットン点眼液0.3%は1mL中ノルフロキサシン3.0mgおよび添加物としてエデト酸ナトリウム水和物、酢酸ナトリウム水和物、塩酸、水酸化ナトリウム、塩化ナトリウムを含有する。

禁忌

  • ノルフロキサシン又はキノロン系合成抗菌剤に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、ミクロコッカス属、モラクセラ属、コリネバクテリウム属、バシラス属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、インフルエンザ菌、ヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークス菌)、シュードモナス属、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクター属、フラボバクテリウム属、アルカリゲネス属

適応症

  • 眼瞼炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、瞼板腺炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、眼科周術期の無菌化療法


  • 通常、1回1滴、1日3回点眼する。
    なお、症状により適宜増減する。


  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最少限の期間の投与にとどめること。


薬効薬理

  • ○作用機序は細菌のDNA gyraseに結合してDNA複製を阻害し、殺菌的作用を示す。
  • ○緑膿菌、セラチアを初めとするグラム陰性菌に対し強い抗菌作用を示すとともに、グラム陽性菌に対しても抗菌スペクトルを有する。
  • ○本剤の耐性遺伝子はRプラスミド上には認められておらず、βラクタム等の抗生物質に比し耐性菌の発現頻度は低いと考えられている。
  • ※○生物学的同等性試験1)
    緑膿菌接種によって起こるウサギ角膜混濁に対し、マリオットン点眼液0.3%あるいは標準製剤は菌接種1時間前の1回投与あるいは接種後2時間目からの1日6回8日目までの投与により有意な抑制作用を示し、両製剤間には有意な差はみられなかった。この結果よりマリオットン点眼液0.3%と標準製剤は生物学的に同等であることが確認された。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ノルフロキサシン(Norfloxacin)

化学名

  • 1-Ethyl-6-fluoro-4-oxo-7-(piperazin-1-yl)-1,4-dihydroquinoline-3-carboxylic acid

分子式

  • C16H18FN3O3

分子量

  • 319.33

性状

  • 本品は白色〜微黄色の結晶性の粉末である。
    本品は酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(99.5)又はアセトンに溶けにくく、メタノールに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    本品は希塩酸又は水酸化ナトリウム試液に溶ける。
    本品は吸湿性である。
    本品は光によって徐々に着色する。


★リンクテーブル★
拡張検索マリオットン

マリオットン」

  [★] ノルフロキサシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡