マクロファージ活性化因子

出典: meddic

macrophage activating factor, macrophage-activating factor, MAF
マクロファージ



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP879 ビタミンD結合蛋白/マクロファージ活性化因子(DBP-MAF)は血管新生を抑制する
  • 鬼塚 伸也,Kisker Oliver,Shepherd Steven,Folkman Jndah,兼松 隆之
  • 日本外科学会雑誌 102(臨時増刊), 443, 2001-03-10
  • NAID 110003943792
  • ヒト膵癌細胞由来のcolony-stimulating factorによる末梢血単球の活性化
  • 高瀬 至郎,山本 正博,神垣 隆,斎藤 洋一
  • 神戸大学医学部紀要 57(1/2), 67-74, 1996-11
  • 癌の免疫治療において腫瘍局所マクロファージの活性化は大きなターゲットのひとつである。今回,低毒性Lipid A誘導体(ONO-4007)を用いて,4種類のヒト膵癌細胞と共培養したヒト末梢血単球のTNF産生を指標に,膵癌細胞由来の単球・マクロファージ活性化因子を検討した。0.45μmポアのCell CultureInsertを用い,ヒト膵癌細胞(AsPC-1,BxPC-3,MIA-PaCa2およびP …
  • NAID 110000434471

関連リンク

GcMAF(ジーシーマフ)とは 1.眠っている免疫細胞(マクロファージ)を活性化する史上最強の物質 2.Gcプロテインは最も重要なマクロファージ活性化因子の前駆物質である。 Gcプロテインはがん細胞あるいはエイズウイルスに感染 ...
栄養・生化学辞典 マクロファージ活性化因子の用語解説 - マクロファージを活性化する因子で,この因子の刺激を受けるとマクロファージはリンホカインを作り,それが殺菌を担当する細胞を活性化する.

関連画像

プラーク形成-血管平滑 マクロファージ活性化因子転写因子である NF-κB を活性化  応答を制御している生体防御学研究室|受験生向け  核内へと移行し、DNAと結合する


★リンクテーブル★
リンク元MAF」「macrophage-activating factor」「macrophage activating factor
関連記事マクロファージ」「活性化」「活性」「活性化因子」「ファージ

MAF」

  [★]

  • マクロファージ活性化因子
macrophage-activating factor


macrophage-activating factor」

  [★]

マクロファージ活性化因子

MAF


macrophage activating factor」

  [★] マクロファージ活性化因子

マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌



活性化」

  [★]

activationactivateturn onactivated
賦活賦活化活性化型オンにする



活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


活性化因子」

  [★]

activatoractivating factor
アクチベーター


ファージ」

  [★]

phage, bacteriophage
バクテリオファージ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡