マウス肉腫ウイルス

出典: meddic

murine sarcoma virusmouse sarcoma virus
肉腫ウイルス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 野外におけるウシ免疫不全ウイルスの抗体保有調査及びウイルス分離
  • Meas Sothy,壁谷 英則,吉原 進平 [他],大橋 和彦,松木 繁幸,三上 祐二,杉本 千尋,小沼 操
  • The journal of veterinary medical science 60(11), 1195-1202, s.viii-s.ix, 1998-11
  • … BLV陽性であり11.7%がBIV陽性であったが, BIVとBLVの両方に陽性を示した乳牛は4.2%であった.BIVを分離するためにBIV陽性牛から末梢血単核球(PBMC)を19試料, 乳汁中白血球を1試料得て, これらの試料をcc81細胞(マウス肉腫ウイルスにより形質転換したネコ細胞株)と共培養した.その結果BIVは17頭のPBMCと1頭の乳汁中白血球から分離された.分離されたウイルスの増殖速度は遅かったものの, シンシチウムの形成が観察された.ウェスタ …
  • NAID 110003918579
  • ヒト骨肉腫樹立細胞株HOSおよび Kirsten 株マウス肉腫ウイルスでトランスホームされたHOS (KHOS) での分化マーカーの発現
  • ヒト骨肉腫樹立細胞株HOSおよびKirsten株マウス肉腫ウイルスでトランスホームされたHOS(KHOS)での分化マーカーの発現
  • 片山 奈知子
  • 口腔病學會雜誌 55(4), 585-598, 1988
  • Osteogenic potential of the HOS cells, a cell line derived from the human osteosarcoma, and KHOS cells, HOS cells transformed by the Kirsten murine sarcoma virus, was studied biochemically and histoch …
  • NAID 130004282522

関連リンク

マウス肉腫ウイルスのヒト細胞に及ぼす作用の研究 研究課題番号:X00021----801596 代表者 1973年度 六反田 亮 癌研・癌・研究員 この研究課題のドキュメント 1973年 採択課題 研究課題基本情報(最新年度) 研究期間 1973年度 研究分野 ...
1 ウイルス表面膜たんぱく質と発癌 九州大学生体防御医学研究所附属 感染防御研究センター 感染制御学分野 前田 直良 2007.7.15 第6回みちのくウイルス塾 レトロウイルス研究の歴史と癌遺伝子発見への道のり Peyton Rousがニワトリの ...

関連画像

 と癌遺伝子の主な発見 ウイルス治療法を開発中 だと複数の組み込みベクターを含む


★リンクテーブル★
リンク元mouse sarcoma virus」「murine sarcoma virus
拡張検索ハーベイマウス肉腫ウイルス」「ハーヴェー・マウス肉腫ウイルス」「カーステン・マウス肉腫ウイルス」「FBJマウス肉腫ウイルス」「モロニー・マウス肉腫ウイルス
関連記事ウイルス」「肉腫」「」「肉腫ウイルス

mouse sarcoma virus」

  [★]

  • マウス肉腫ウイルス
murine sarcoma virus

murine sarcoma virus」

  [★]

  • マウス肉腫ウイルス
mouse sarcoma virus


ハーベイマウス肉腫ウイルス」

  [★]

Harvey murine sarcoma virus
ハーベイ肉腫ウイルスHarveyマウス肉腫ウイルス

ハーヴェー・マウス肉腫ウイルス」

  [★]

Harvey murine sarcoma virus Ha-MSV
マウス


カーステン・マウス肉腫ウイルス」

  [★]

Kirsten murine sarcoma virus Ki-MSV Ki-MuSV


FBJマウス肉腫ウイルス」

  [★]

マウス肉腫ウイルス


モロニー・マウス肉腫ウイルス」

  [★]

マウス肉腫ウイルス

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


肉腫ウイルス」

  [★]

sarcoma virus
ラウス肉腫ウイルス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡