マウス

出典: meddic

mouse, rat


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/10 14:35:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • WWⅡウエポン・スペシャル(23)超重戦車「マウス
  • Crispr/Cas9法を用いた遺伝子改変マウスの作製
  • 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 65(3), 276-280, 2016-03
  • NAID 40020765794
  • NEWS & VIEWS 炎症は老化マウスの健康維持に役立つ : 代謝
  • Natureダイジェスト : 日本語で読む世界の最新科学ニュース 13(3), 29-31, 2016-03
  • NAID 40020754430

関連リンク

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューターです。最新スペック搭載のデスクトップPCからノートPCまで、充実したBTOパソコン製品を取り揃えています。万全のサポート体制で購入前後も安心してご利用頂けます。
マウスを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

バイクロット配合静注用

組成

  • 1バイアル中の組成は下記のとおりである。

有効成分
活性化人血液凝固第VII因子

  • 1.56mg

有効成分
人血液凝固第X因子

  • 15.6mg

添加物
人血清アルブミン

  • 52mg

添加物
人アンチトロンビンIII

  • 2.6国際単位

添加物
クエン酸ナトリウム水和物

  • 7.54mg

添加物
塩化ナトリウム

  • 15.08mg

添加物
精製白糖

  • 78mg

添加物
ポリソルベート80

  • 0.13mg

添加物
pH調節剤

  • 適量
  •  

添付溶剤
日本薬局方注射用水

  • 2.5mL
  • 注)注射液吸引時の損失を考慮し、1バイアルから活性化人血液凝固第VII因子として1.5mg、人血液凝固第X因子として15mgを注射するに足る量を確保するために過量充てんされている。添付の溶剤(日本薬局方注射用水)2.5mLで溶解したとき、活性化人血液凝固第VII因子は0.6mg/mL、人血液凝固第X因子は6.0mg/mLとなる。
  •  
  • 本剤の有効成分である活性化人血液凝固第VII因子及び人血液凝固第X因子、添加物の人血清アルブミン及び人アンチトロンビンIIIは、ヒトの血液(採取国:日本、採血方法:献血)を原材料としている。
  • 本剤は製造工程において、マウスハイブリドーマ細胞株由来のモノクローナル抗体及びブタの腸粘膜由来成分(ヘパリンナトリウム)を使用している。

効能または効果

  • 血液凝固第VIII因子又は第IX因子に対するインヒビターを保有する患者の出血抑制
  • 本剤1バイアルを添付の日本薬局方注射用水2.5mLで溶解する。活性化人血液凝固第VII因子として、体重1kg当たり症状に応じて1回60〜120μgを2〜6分かけて緩徐に静脈内に注射する。追加投与は、8時間以上の間隔をあけて行い、初回投与の用量と合わせて、体重1kg当たり180μgを超えないこととする。
  • 出血頻度の低減を目的とした定期的な投与は避けること。
  • 本剤1バイアルを添付の日本薬局方注射用水2.5mLで溶解して、活性化人血液凝固第VII因子として0.6mg/mLの濃度とした後、必要量を投与すること。
  • 初回投与から36時間以内の本剤投与は追加投与として取り扱うこと。
  • 追加投与は1回とし、十分な効果が得られない場合には、血液凝固第X因子の蓄積を考慮した上で、他の対処方法も考慮すること。
  • 追加投与の後、次に本剤を投与するまでの間隔は、48時間以上あけること。

慎重投与

  • DIC患者及びDICを起こしやすいとされている患者(大手術後、重症の肝疾患、溶血性貧血等)
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)の悪化又はDIC誘発のおそれがある。
  • 溶血性・失血性貧血等の患者
  • ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。
  • 免疫不全患者・免疫抑制状態の患者
  • ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

薬効薬理

  • in vitro試験において、本剤は、第VIII因子インヒビター血漿及び第IX因子欠乏血漿のAPTT、PTの短縮、凝固加速度の増強及びトロンビン生産能の亢進を示した2)
  • また、抗第VIII因子抗体の投与により作製した血友病Aインヒビターモデルマウス、抗第IX因子抗体の投与により作製した血友病Bインヒビターモデルマウス又はサル3)において、本剤投与による出血時間の改善が認められた。


★リンクテーブル★
先読みrat」「mouse
リンク元Mus musculus」「イエハツカネズミ」「実験用マウス」「ハツカネズミ属」「スイスマウス
拡張検索重症複合免疫不全マウス」「マウス胎仔線維芽細胞」「純系BALB/Cマウス」「純系DBAマウス」「遺伝子ノックアウトマウス

rat」

  [★]

  • n.
laboratory ratmouseNorway ratRattusRattus norvegicus

WordNet   license wordnet

「give (hair) the appearance of being fuller by using a rat」

WordNet   license wordnet

「a pad (usually made of hair) worn as part of a woman''s coiffure」

WordNet   license wordnet

「any of various long-tailed rodents similar to but larger than a mouse」

WordNet   license wordnet

「catch rats, especially with dogs」

WordNet   license wordnet

「desert one''s party or group of friends, for example, for one''s personal advantage」

WordNet   license wordnet

「employ scabs or strike breakers in」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『ネズミ』 / ひきょう者,裏切り者 / ネズミをつかまえる / 《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》」


mouse」

  [★]


WordNet   license wordnet

「manipulate the mouse of a computer」

WordNet   license wordnet

「a hand-operated electronic device that controls the coordinates of a cursor on your computer screen as you move it around on a pad; on the bottom of the device is a ball that rolls on the surface of the pad; "a mouse takes much more room than a trackball"」
computer mouse

WordNet   license wordnet

「any of numerous small rodents typically resembling diminutive rats having pointed snouts and small ears on elongated bodies with slender usually hairless tails」

WordNet   license wordnet

「person who is quiet or timid」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat) / 《話》臆病者,内気な人 / 《猫が》ネズミを捜す(捕らえる) / 《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》」

Mus musculus」

  [★]

マウスハツカネズミ

house micehouse mouselaboratory mice、laboratory mouse、micemousemurineMusMus domesticusMus musculus domesticusswiss mice、swiss mouse


イエハツカネズミ」

  [★]

house mousehouse miceMus domesticusMus musculus domesticus
マウスハツカネズミ属実験用マウススイスマウス

実験用マウス」

  [★]

laboratory mouse、laboratory mice
マウスハツカネズミ属イエハツカネズミスイスマウス

ハツカネズミ属」

  [★]

Mus
マウス実験用マウスイエハツカネズミMus属スイスマウスムス属


スイスマウス」

  [★]

swiss mouse、swiss mice
マウスハツカネズミ属実験用マウスイエハツカネズミ


重症複合免疫不全マウス」

  [★]

severe combined immunodeficient mouse、severe combined immunodeficient mice、SCID mouse、SCID mice
SCIDマウス


マウス胎仔線維芽細胞」

  [★]

mouse embryonic fibroblast
マウス胚性線維芽細胞マウス胎仔由来線維芽細胞


純系BALB/Cマウス」

  [★]

inbred BALB/c mice
BALB/cマウス近交系BALB/Cマウス

純系DBAマウス」

  [★]

inbred DBA mice
近交系DBAマウス


遺伝子ノックアウトマウス」

  [★]

gene knockout mouse、gene knockout mice




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡