マイクロカプセル

出典: meddic

microcapsule
カプセル


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/10 08:33:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アセタミプリド徐放性ミクロスフィアの調製
  • 武井 孝行,柳原 正宗,上杉 加奈子,塩盛 弘一郎,清山 史朗,吉田 昌弘
  • KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 39(3), 219-223, 2013
  • 本報では,液体農薬の噴霧器を利用して散布可能な直径100 µm以下のアセタミプリド徐放性ミクロスフィアの開発を目的とした.ミクロスフィアの骨格材料としてペンタエリスリトールテトラアクリレート(PETEA)を選択し,その懸濁重合によりアセタミプリドを包括したミクロスフィアを調製した.ミクロスフィアからのアセタミプリドの放出速度を低減するため,スチレンをミクロスフィアに組み込んだところ,ミクロスフィア …
  • NAID 130003365352
  • 超音波照射によるマイクロカプセルの破壊及び内包物放出過程の観測 (超音波)
  • 田畑 拓,末松 周,吉田 憲司 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(326), 25-29, 2012-11-29
  • NAID 40019523324
  • 食品マイクロカプセルの機能性を制御する乾燥粉末化プロセスの開発 (特集 持続社会を支える粉体技術の創成)
  • 中川 究也
  • ケミカルエンジニヤリング 57(10), 787-792, 2012-10-00
  • NAID 40019447101

関連リンク

東京都府中市。接着剤・シール剤およびマイクロカプセルの開発・製造。企業概要、事業紹介。 ... 球体直径がおよそ1μm~1,000μm程のきわめて微小なカプセル(容器)で、化学的または、 物理的な手法によってつくられます。
日本カプセルプロダクツが製造している「マイクロカプセル」とは物質をミクロン単位の小さな粒子にし、その一粒一粒をゼラチンなどを主成分とする薄い皮膜で包んだものです。

関連画像

マイクロカプセル技術で効き目 不安材料を隠すのではなく マイクロカプセル の 働き を含まないマイクロカプセルマイクロカプセルの構造リケビーズとは


★リンクテーブル★
リンク元microcapsule
関連記事カプセル」「マイクロ」「セル

microcapsule」

  [★]

  • マイクロカプセル
capsule


カプセル」

  [★]

capsulecapsular
莢膜マイクロカプセルさく果カプセル剤


マイクロ」

  [★]

micro
微小ミクロ


セル」

  [★]

cell
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡