ポルホビリノゲン検出法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

≪検出感度≫ 約50~100mg/dl ≪注意事項≫ アスコルビン酸、ホモゲンチジン酸など 還元作用の強い物質が存在すると偽陰性 を示す。 過酸化水素、次亜塩素酸などの 酸化剤の混入により偽陽性 を示す。 ブドウ糖とのみ反応する。 † ...
午前 7 尿中成分と疾患の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。 1 .インジカン―腸閉塞 2.ポルホビリノゲン―転移性カルチノイド症候群 3 .バニリルマンデル酸―褐色細胞腫 4.絨毛性ゴナドトロピン―神経芽細胞腫

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「検出」「検出法」「ポルホビリノゲン

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


検出」

  [★]

detectiondetect
検波認める検知


検出法」

  [★]

detection method
検出方法


ポルホビリノゲン」

  [★] ポルフォビリノゲン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡