ポルフィマーナトリウム

出典: meddic

ポルフィマー

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 癌の光化学治療
  • 井口 次夫
  • 九州齒科學會雜誌 : Kyushu-Shika-Gakkai-zasshi 60(1), 1-8, 2006-03-25
  • 光化学治療:(Photodynamic Therapy, PDT)は標的組織(腫瘍あるいは非腫瘍病変)において光感受性物質,光および酸素の3要素によって惹起される光化学反応の細胞障害作用を利用する治療法である.癌のPDTでは先ず,腫瘍親和性のある光感受性物質を投与した後,標的腫瘍をレーザーで光照射する.標的腫瘍組織では光感受性物質が励起されて光化学反応が起こり活性酸素が発生する.この活性酸素の強力 …
  • NAID 110006420862
  • 悪性神経膠腫細胞に対するポルフィマーナトリウムを用いた音響化学療法の効果について
  • 林 修司,山本 正昭,木村 豪雄,朝永 正道,立花 克郎,内田 俊毅
  • Journal of medical ultrasonics = 超音波医学 27(4), 723, 2000-04-15
  • NAID 10006182715

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにポルフィマーナトリウム(87806-31-3)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更に ...
ファイザー株式会社がご提供するエスタブリッシュ医薬品に関する情報ページです。医療関係者の方に長期収載品や後発医薬品の製品情報、ファイザーの取り組みをご紹介します。

関連画像

名 ポルフィマーナトリウム 名 ポルフィマーナトリウム 有効成分に関する理化学的知見

添付文書

薬効分類名

  • 光線力学的療法用剤

販売名

  • フォトフリン静注用75mg

組成

成分・含量(1バイアル中)

  • ポルフィマーナトリウム 75mg

添加物・含量(1バイアル中)

  • 塩酸 適量
    水酸化ナトリウム 適量
  • 成分のポルフィマーナトリウムは、ブタの血液を原料としている。

禁忌

(次の患者には光線力学的治療を行わないこと)

  • 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者
  • ポルフィリン症の患者
    [症状を増悪させるおそれがある。]
  • 肺癌において腫瘍が気管支軟骨層より外側に浸潤している患者
    [レーザー光が十分到達しない可能性がある。また、気管支壁外に浸潤している患者では穿孔の危険性がある。]
  • 肺癌において太い気管の広範な病巣又は気管狭窄を来している患者
    [呼吸困難、窒息を起こす危険性がある。]
  • 食道癌において全周囲性の腫瘍のある患者
    [狭窄を来す危険性がある。]
  • 次の部位に腫瘍のある患者
    [一般にレーザー光照射が困難とされている。]
  • 早期肺癌における亜区域支より末梢側
  • 表在型食道癌における食道入口部、食道・胃接合部
  • 表在型早期胃癌における食道・胃接合部、幽門輪
  • 子宮頸部初期癌及び異形成において開口摂子を用いても扁平円柱上皮境界(2nd S-C Junction)の上限を確認できないもの


効能または効果

  • 手術等の他の根治的治療が不可能な場合、あるいは、肺又は子宮頸部の機能温存が必要な患者に他の治療法が使用できない場合で、かつ、内視鏡的に病巣全容が観察でき、レーザー光照射が可能な下記疾患。
  • 早期肺癌(病期0期又は病期I期肺癌)
  • 表在型食道癌
  • 表在型早期胃癌
  • 子宮頸部初期癌及び異形成
  • ポルフィマーナトリウムとして2mg/kgを1回静脈内注射する。
    静脈内注射48〜72時間後レーザー光を病巣部位に照射する。

注射液の調製法

  • 1バイアルあたり日本薬局方5%ブドウ糖注射液30mLを加えて溶解し、ポルフィマーナトリウムとして2.5mg/mLの溶液を調製する。

レーザー光照射に際しての注意

  • レーザー光照射に際しては、エキシマ・ダイ・レーザー(型名PDT EDL-1 浜松ホトニクス社製)の取扱説明書を参照すること。
    通常、適応されるレーザー光照射は下表のように行われる。

光線力学的治療に際しての留意点

全般的留意事項

  • 本療法は局所的な治療法であり、レーザー光照射部位以外には効果がない。
  • レーザー光照射時の留意事項
  • 腫瘍の浸潤範囲に留意し、腫瘍周辺部まで十分にレーザー光を照射すること。
  • 諸臓器の呼吸性移動、心拍動、蠕動又は攣縮等により、レーザー光の照射が不十分になることがある。
  • 本療法施行後は、定期的に内視鏡検査、細胞診、組織診等を行い、病巣の経過を観察すること。

本療法を行うにあたっては、次の点を考慮すること

早期肺癌(病期0期又は病期I期肺癌)

  • 本療法が適応となるのは、長径1cm以下で内視鏡的に末梢辺縁が確認でき、生検標本で浸潤が気管支軟骨層までにとどまる腫瘍である。長径が1cmより大きい腫瘍、内視鏡的に末梢辺縁が確認できない腫瘍で外科的切除など根治的治療が可能な場合はこれらの治療を優先すること。

表在型食道癌

  • 内視鏡的粘膜切除など根治的治療が可能な患者は、これらの治療法を優先すること。
  • 本療法が適応となるのは、横への広がりが1/3〜1/2周程度で2×2cm以内の内視鏡的に一視野でとらえられる範囲内にあり、かつ粘膜切除が不可能な上皮内(ep)から粘膜下層(sm)までの腫瘍で、画像診断上リンパ節転移がないもの。

表在型早期胃癌

  • 内視鏡的粘膜切除など根治的治療が可能な患者は、これらの治療法を優先すること。
  • 本療法が適応となるのは次の腫瘍で、画像診断上リンパ節転移がなく、粘膜切除が不可能なものである。
  • 潰瘍を伴わない長径1〜3cm程度の粘膜下層(sm)までの腫瘍
  • 潰瘍を伴う長径2cm程度以下の粘膜下層(sm)までの腫瘍

子宮頸部初期癌及び異形成

  • 妊孕性温存を希望する患者を適応とするが、外科的切除が可能な患者に行う場合には、腫瘍残存・再発の可能性があること(使用経験では再発はない)、光線過敏症を防ぐための注意を説明した上で本療法施行の可否を判断すること。
  • レーザー光照射に際しての注意の表
照射条件\疾患 早期肺癌(病期0期又は病期I期肺癌) 表在型食道癌 表在型早期胃癌 子宮頸部初期癌及び異形成:コルポスコープによる照射 子宮頸部初期癌及び異形成:頸管プローブによる照射
ファイバーの太さ(μm) 400 400 400 400,800 400,800
先端出力(mJ/パルス) 2〜4 4 4 4〜8 4〜8
パルス周波数(Hz) 30〜40 40 30〜40 40 40
照射エネルギー密度(J/cm2 100〜500 60〜150 60〜200 100 100
  • 照射時間の計算式
    照射時間(秒)=照射エネルギー密度(J/cm2)×照射面積(cm2)/先端出力(mJ/パルス)×パルス周波数(Hz)×1/1000

慎重投与

(次の患者には光線力学的治療を慎重に行うこと)

  • 光線過敏症を起こすことがある医薬品(「相互作用」の項参照)を併用している患者(患者を薄暗い室内で過ごさせるなど十分な管理を行うこと。)
    [「重要な基本的注意」の5.の項参照]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]

薬効薬理

薬理作用

  • 培養腫瘍細胞、担癌動物等を用いた試験において、本療法は細胞増殖抑制作用8)又は殺細胞作用を示す。

作用機序

  • 腫瘍細胞に選択的に取り込まれたポルフィマーナトリウムは、レーザー光照射により励起され、腫瘍組織中の酸素と反応し、活性酸素(特に一重項酸素)を生じさせる。9)この活性酸素が腫瘍細胞のミトコンドリアの酵素系を阻害し、細胞内呼吸に障害を与え、抗腫瘍効果を示す。10)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ポルフィマーナトリウム(Porfimer sodium)〔JAN〕

化学名

  • polyhematoporphyrin ether/ester

分子量

  • 1,231.28〜4,883.30

融点

  • 250℃以上(分解)

性状

  • 本品は暗赤色〜赤褐色の粉末でにおいはない。
    本品は水に溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(95)、テトラヒドロフラン及びジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元ポルフィマー」「ジヘマトポルフィリンエーテル
関連記事ナトリウム」「トリウム」「トリ

ポルフィマー」

  [★]

porfimer
ポルフィマーナトリウム porfimer sodium
フォトフリン Photofrin
ジヘマトポルフィリンエーテル


ジヘマトポルフィリンエーテル」

  [★]

dihematoporphyrin ether
ポルフィマーフォトフリンポルフィマーナトリウム

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡