ポリペプチド

出典: meddic

polypeptide
[[]]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/01 02:50:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 BNPを指標として運動負荷と身体活動管理を行った完全大血管転位Ⅰ型による重症成人心不全の1例
  • 会合性グラフト高分子の自己組織化によるナノゲル形成と機能
  • 会合性グラフト高分子の自己組織化によるナノゲル形成と機能

関連リンク

デジタル大辞泉 - ポリペプチドの用語解説 - 多数のアミノ酸がペプチド結合により重合したもの。→ペプチド ... ポリペプチド ぽりぺぷちど polypeptide 多数のアミノ酸がペプチド結合-CO-NH-を形成して重合したものの総称。厳密な定義は ...
【ベストアンサー】通常はタンパク質とは呼べない程度の比較的分子量の低いアミノ酸重合体をポリペプチドと呼びます。 大体アミノ酸が10個以上結合したもので分子量が5000以下のものです ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元蛋白質」「polypeptide
拡張検索血管作動性腸管ポリペプチド」「ポリペプチド鎖伸長因子」「脳下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド」「膵ポリペプチド

蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








polypeptide」

  [★]

  • n.
  • (化合物)ポリペプチド
peptide

WordNet   license wordnet

「a peptide containing 10 to more than 100 amino acids」


血管作動性腸管ポリペプチド」

  [★]

vasoactive intestinal polypeptide VIP, vasoactive intestinal peptide
血管作用性小腸ペプチド
神経伝達物質
[show details]

まとめ

  • 腸管の拡張や迷走神経の刺激により胃から大腸に分布するVIP細胞から分泌され、小腸と大腸の蠕動運動を促進し、消化管による水とイオンの排出を促進する。また、胃酸分泌を抑制する。

概念

  • グルカゴンファミリー (GOO.335)
グルカゴン・VIP:膵臓
セクレチン:十二指腸粘膜
VIPと関連蛋白:enteric nerve, 自律神経、中枢神経

分類

  • 神経伝達物質

性状

  • ペプチド

産生組織

  • 幽門括約筋の副交感神経、胆嚢、小腸

標的組織

受容体

作用

平滑筋弛緩作用血管拡張作用腸液分泌刺激作用
  • 末梢血管、冠血管、肺動脈拡張 (SPC.345)
  • 気管支平滑筋拡張 (SPC.345)
  • 消化管平滑筋弛緩 (SPC.345)
  • インスリン、グルカゴン、ソマトスタチンなど分泌促進
  • 重炭酸を含む膵液の分泌促進
  • ガストリンの分泌抑制
  • ↑ intestinal water and electrolyte secretion
  • ↑ relaxation of intestinal smooth muscle and sphincters

分泌の調整

  • ↑ by distension and vagal stimulation
  • ↓ by adrenergic input

分子機構

生合成

臨床関連

  • VIPoma vasoavtive intestinal polypeptidescreting tumor
VIPを産生する非α非β膵島細胞腫瘍
WDHA症候群(水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群)
  • Copiousdiarrhea



ポリペプチド鎖伸長因子」

  [★]

polypeptide chain elongation factor
ポリペプチド鎖延長因子エロンゲーション因子延長因子 elongation factor EF
ペプチド伸長因子peptide elongation factor


脳下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド」

  [★]

pituitary adenylate cyclase-activating polypeptidePACAP


膵ポリペプチド」

  [★]

pancreatic polypeptide PP





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡