ポビドンヨード

出典: meddic

povidone iodine
ポピドンヨード ← 間違って使っているのか?
イオダインイソジンオラロンスクロードソアナーステルニジンドルミジンネオヨジンネグミンハイポピロンヒシヨードヒポジンポビドリンポピヨードポピヨドンポピラールポピロンホモドンボンゴールユーパスタ
含嗽剤外皮用殺菌消毒剤



消毒薬

  • ポビドンヨード液10%「ORY」
  • ポビドンヨード 100mg/ml (有効ヨウ素として10mg/ml)
  • 手術部位の皮膚・粘膜の消毒
  • 皮膚・粘膜の創傷部位の消毒。熱傷皮膚面の消毒、感染皮膚面の消毒
  • 原液で使用
  • 有機物存在下では、有効ヨウ素濃度500μg/mlで2.5分で以下の菌が死滅

含嗽剤

  • イソジンガーグル
  • ポビドンヨード 70 mg/ml (有効ヨウ素 7 mg/ml)
  • 使用濃度 15-30倍希釈 (ポビドンヨード 2.3-4.6 mg/ml)

添付文書

  • 含嗽剤(がんそうざい)
  • イソジンガーグル
  • 外用殺菌消毒剤 ポビドンヨード液10%「ORY」




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/23 22:10:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ベストプラクティス最優秀賞 受賞論文 輸液チューブの連結部分からの薬液漏れ検出紙の開発とその臨床使用※※9",%m%,Qg6,*C「>9-r,89T (第5回医療の質・安全学会学術集会報告)
  • 岩瀬 利康
  • 医療の質・安全学会誌 6(1), 39-44, 2011
  • NAID 40018833222
  • ポビドンヨードによるものと思われる心静止の1症例
  • 小野 朋子,櫛方 哲也,坪 敏仁 [他]
  • 麻酔 60(4), 499-501, 2011-04
  • NAID 40018793887
  • O3-15 10%ポビドンヨード溶液における化学熱傷発症率の製剤間比較(一般演題 口頭発表,有害事象・副作用,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 永江 源太郎,内藤 裕之,小森 道子,中丸 朗,川津 泰仁,田村 光,白石 悟,小島 正夫
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 262, 2010-10-25
  • NAID 110008108245

関連リンク

楽天市場-「ポビドンヨード」検索結果です。楽天市場は、セールや送料無料など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。(標準順 ウィンドウショッピング 在庫あり) 総合 ...
イソジンのポビドンヨードってなに?。ポビドンヨードは、ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。イソジンの有効成分ポビドンヨードは、殺菌消毒剤の影響を受けにくいと言われている微生物や細菌に対しても効力を発揮 ...
イソジンとは?ポビドンヨードの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 外皮用殺菌消毒剤

販売名

ネグミン液10%

組成

成分・含量

  • 1mL中 日本薬局方 ポビドンヨード100mg
    (有効ヨウ素として10mg)含有(10W/V%)

添加物

  • ラウロマクロゴール、グリセリン、無水リン酸一水素ナトリウム、pH調節剤

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 手術部位(手術野)の皮膚の消毒、手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒、熱傷皮膚面の消毒、感染皮膚面の消毒

手術部位(手術野)の皮膚の消毒、手術部位(手術野)の粘膜の消毒

  • 本剤を塗布する。

皮膚・粘膜の創傷部位の消毒、熱傷皮膚面の消毒、感染皮膚面の消毒

  • 本剤を患部に塗布する。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 甲状腺機能に異常のある患者1)〔血中ヨウ素の調節ができず甲状腺ホルモン関連物質に影響を与えるおそれがある。〕
  • 重症の熱傷患者〔ヨウ素の吸収により、血中ヨウ素値が上昇することがある。〕

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、不快感、浮腫、潮紅、蕁麻疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 有効成分ポビドンヨードは、殺菌消毒用ヨードチンキ類剤であり、有効ヨウ素を10%程度含有する粉末である。その作用は殺菌的であり持続性があり、効力はヨードチンキに匹敵する。本剤は刺激性や組織障害性が低いため、創傷患者へ塗布しても比較的痛みが弱いので、広く用いられている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 〔日局〕 ポビドンヨード(Povidone-Iodine)

化学名

  • Poly[(2-oxopyrrolidin-1-yl)ethylene]iodine

分子式

  • (C6H9NO)nxI

性状

  • ※※本品は暗赤褐色の粉末で、わずかに特異なにおいがある。
    本品は水又はエタノール(99.5)に溶けやすい。
    本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは1.5?3.5である。


★リンクテーブル★
リンク元外皮用殺菌消毒剤」「ヨウ素」「アデノウイルス」「ユーパスタコーワ」「ドルミジンパスタ
関連記事ポビドン」「ヨード

外皮用殺菌消毒剤」

  [★]

商品


ヨウ素」

  [★]

iodine
ヨード

PA・ヨードイソジンイソジンガーグルエルネオパ1号エレジェクトエレメンミックオラロンカデックスカルディオダインシザナリンNネオグリセロールパーヒューザミンハイポピロンフェニルアラニン除去ミルク配合プレポダインベンゾダインポビドンヨードポピヨードポピヨドンポピラールボルビサールボルビックスミネラミックミネラリンミネリック-4ミネリック-5メドレニックヨウチンヨウレチンヨーチンヨード・グリセリン歯科用消毒液ヨードコートヨードチンキヨードヨード亜鉛カントップ用消毒液ルゴールロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合希ヨーチン希ヨードチンキ産婦人科用イソジンクリーム歯科用ヨード・グリセリン複方ヨード・グリセリン複方ヨード・グリセリンFMデクラート

外皮用殺菌消毒剤

同位体

参考2
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
123I syn 13 h ε/γ 0.16 123Te
127I 100 % 中性子74個で安定
129I trace 15.7×10^6 y β- 0.194 129Xe
131I syn 8.02070 d β-/γ 0.971 131Xe
  • 131Iは甲状腺癌の内部照射療法、グレーブス病の治療のために用いられる。

参考

  • 1.
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Rmin_GL_053.html
  • 2. wiki ja
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0



アデノウイルス」

  [★]

adenovirus
ヒトアデノウイルス human adenovirus
ウイルス
  • 小児の急性気道感染症の5%(成人の場合1%以下)

分類

ワクチンを作りきれない

性状

  • 2本鎖DNAウイルス
  • エンベロープなし
有機溶媒に耐性 → (だけど、アルコール製剤は有効らしい。消毒薬)
  • pH3~9では比較的安定で不活化されにくい→腸管にも達する
  • 熱に対して不安定で、60℃20~30分の加熱で不活化
  • 呼吸器、結膜、腸管に親和性があり
  • 血清型は52型あり、各血清型はウイルスDNAの相同性からA~Fの6亜属に分類され、各亜属の組織親和性と関係する疾患は少しずつ異なる。
  • 潜伏部位はアデノイド、扁桃腺、腎臓、リンパ球など

潜伏期

  • 5-12日
  • 5-6日 (SMB.534)

感染経路

  • 飛沫感染、接触感染 → 上気道、目の粘膜

症状

アデノウイルス感染症

  • 1.急性熱性咽頭炎
  • 2.咽頭結膜熱(PCF):プール熱
  • 3. 急性気道疾患
扁桃腺炎、上気道炎にともなうクループ
  • 4. アデノウイルスは胃炎
  • 5.急性濾胞性結膜炎
  • 6.流行性角結膜炎(EKC)
  • 7. 小児腸重積症
  • 8.出血性膀胱炎
  • 9.乳児性急性胃腸炎

消毒




ユーパスタコーワ」

  [★]

その他の外皮用薬


ドルミジンパスタ」

  [★] 精製白糖ポビドンヨード

その他の外皮用薬

ポビドン」

  [★]

povidone
ポリビニルピロリドン polyvinylpyrrolidone
クロスポビドンポビドンヨード


ヨード」

  [★]

iodineiodo
ヨウ化ヨウ素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡