ボヴァリスム

出典: meddic

和文文献

  • フローベール『ボヴァリー夫人』草稿にみる創造と記憶
  • 沢崎 久木
  • フランス語フランス文学研究 (83), 24-33, 2003-10-21
  • … 想する一方で,絶えず過去の思い出を振り返っている.エンマばかりではなく,他の作中人物,シャルルやルオー爺さん,薬剤師オメーにいたるまで,しばしば懐古にふけるさまが描かれている.回想は,いわゆるボヴァリスムと対をなす,この小説に描かれている心理の重要な一面であり,また,小説内ですでに語られた事柄に繰り返し言及することで,事件に乏しいこの物語に重層性を与え,かつ作中人物の生きる世界の閉鎖性・単 …
  • NAID 110001247864
  • 中村光夫のボヴァリスム : その小林秀推論を中心にして
  • 和田 正美
  • 明星大学研究紀要. 日本文化学部・言語文化学科 2, 11-23, 1994-03-25
  • NAID 110001035577

関連リンク

毎朝早く、インターネット、新聞、TVなどから読んだ知的な興味を引くキーワードについて私自身の考えを書く。 ... ボヴァリズム”というい言葉は、フランスの文豪、フローベルの名作、“ボヴァリー夫人”から取った用語で ...
(3)ボヴァリー主義(ボヴァリスム)とは 退廃的な日常のなかで、エマはレオンという若い書記官と出会う。相思相愛の仲になるのだが、レオンは法律の学問のためにエマのもとを離れる。膨らみかけていた風船が、一挙にしぼんで ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リス

リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡