ホルモン補充療法

出典: meddic

hormone replacement therapy, HRT
エストロゲン補充療法更年期障害

概念

  • 閉経や卵巣摘出後のエストロゲン欠乏を補う目的で外因性にエストロゲンとプロゲストーゲンを投与する療法のことで、子宮のある女性が対象となる(参考1)。 (⇔ エストロゲン補充療法 ERT)

薬剤

  • エストロゲン製剤
  • プロゲステロン製剤


エストロゲンの臨床的作用

参考1
  • 更年期症状緩和作用
  • 骨吸収抑制作用
  • 抗動脈硬化作用
  • 脂質代謝改善作用
  • 凝固・線溶亢進作用
  • 認知機能改善作用
  • 皮膚萎縮予防作用
  • 泌尿生殖器障害改善作用

適応

参考1

最もよい適応疾患

  • 更年期症状(顔面紅潮、発汗、睡眠障害および一部の精神神経症状)
  • 骨粗鬆症および骨量減少症
  • 泌尿生殖器系の障害

条件付きで適応となる疾患

  • 脂質代謝異常

現時点では適応とならない疾患

  • 動脈硬化性疾患
  • 皮膚の萎縮
  • アルツハイマー病

禁忌

参考1

  • 1) 絶対的禁忌
  • (1) 乳癌
  • (2) 原因不明の子宮出血
  • (3) 急性期の血栓性静脈炎,血栓症
  • (4) 重症肝機能障害
  • 2) 相対的禁忌
  • (1) 血栓性静脈炎の既往,静脈血栓症の既往
  • (2) 子宮内膜癌の既往
  • (3) 子宮筋腫の既往,子宮内膜症の既往
  • (4) 重症高血圧 → エストロゲンの水、電解質貯留作用に基づく。
  • (5) 糖尿病
  • 3) 注意して投与
  • (1) 胆石症
  • (2) 片頭痛
  • (3) 高度の肥満
  • (4) ヘビースモーカー

G9M.101

絶対禁忌

  • エストロゲン依存性の悪性腫瘍
  • 原因不明の不正性器出血 → 子宮内膜癌に対して投与することを防ぐ
  • 血栓性静脈炎、血栓炎
  • 重症肝機能障害 → 性ホルモンは肝臓で代謝されるため
  • 妊娠疑い
  • 冠動脈疾患、脳卒中既往

相対禁忌

  • 血栓症の既往
  • 子宮体癌の既往
  • 子宮筋腫の既往
  • 子宮内膜症の既往
  • 重症高血圧
  • 重症糖尿病
  • 卵巣癌の既往
  • 肥満
  • 高齢者

治療方法

G9M.101
  • 子宮を有する場合にはエストロゲンとプロゲステロンを併用する。
  • 周期的併用投与:閉経前、月経が不規則で機能性出血を繰り返す場合に適応。カウフマン療法と呼ばれる。
  • 持続併用投与:エストロゲンとプロゲステロンを持続的に同時投与すると、最初、破綻出血がみられるが、次第に子宮内膜が萎縮し、破綻出血がみられなくなる。

投与経路について

参考2
  • 経口結合型エストロゲン:CEEの投与量に依存して心筋梗塞や脳血管疾患のリスクが上昇する。また静脈血栓症、静脈塞栓症のリスクも上昇する
  • 経皮結合型エストロゲン:CEEの投与量を減らすことなく静脈血栓症、静脈塞栓症、胆嚢疾患、乳癌リスクを低減させうる。

参考

  • 1.
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5607-158.pdf
  • 2. HRT - 日産婦誌61巻7 号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6107-242.pdf

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/20 19:32:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エイジングドミノとホルモン補充療法 (第5土曜特集 老年医学・高齢者医療の最先端) -- (老化,高齢者医療の最先端 老年病,老年症候群のとらえ方)
  • 甲状腺と副腎皮質の解剖・生理学--早産児におけるホルモン補充療法 (特集 どこまでもやさしく! 臨床に役立つ新生児の解剖・生理・生化学) -- (内分泌・代謝系)
  • 未知のR112X変異を伴ったPROP1遺伝子異常症で,成長ホルモン補充療法を開始した日本人男性の一例
  • 小河 淳,丸田 哲史,井手 千晴 [他]
  • 福岡医学雑誌 102(9), 277-283, 2011-09-25
  • Congenital combined pituitary hormone deficiency (CPHD) is associated with deficiencies of anterior pituitary hormones. PROP1 gene mutations are often responsible for CPHD, but few such cases have bee …
  • NAID 40019062401
  • 女性のライフサイクルと肥満対策 (特集 ウェルエイジングのために--中高年女性のQOLとヘルスケア)

関連リンク

2009年10月18日 ... 更年期障害の治療法・HRT(ホルモン補充療法) について。方法、使用する薬、注意、 副作用。
ホルモン補充療法(hormone replacement therapy:HRT)は、更年期の急激な女性 ホルモン減少による更年期障害の緩和として行う経過措置である。また、ホルモン低下 による骨粗鬆症の予防にも役立つ。閉経前・後 ...

関連画像

血液クレンジングや点滴療法で ホルモン補充療法(HRT)を  「ホルモン補充療法(HRTホルモン補充療法 ナチュラルホルモン補充療法ナチュラルホルモン補充療法 ホルモン補充療法ホルモン補充療法と糖尿病


★リンクテーブル★
国試過去問108H031」「104I055」「107I057」「108I051」「099G041」「096D041」「105I001
リンク元更年期障害」「エストロゲン補充療法」「静脈血栓塞栓症」「HRT」「hormone replacement therapy
拡張検索閉経後ホルモン補充療法」「男性ホルモン補充療法
関連記事ホルモン」「補充」「」「療法

108H031」

  [★]

  • 次の文を読み、 31、 32の問いに答えよ。
  • 48歳の女性。左下肢の腫脹を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3日前から特に誘因なく急に左下腿の腫脹、疼痛が出現した。
  • 既往歴: 2年前から更年期障害に対してホルモン補充療法を受けている。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 154 cm、体重 65 kg。体温 36.8℃。脈拍 92/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 15/分。 SpO2 96% ( room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢の写真 (別冊 No. 5)を別に示す。左下肢には部分的に表在静脈拡張が認められ、左下肢全体に圧痛を認めた。
  • この患者で最も考えられる疾患についての諸検査の検査特性を表に示す。


  • 検査特性と侵襲を考慮した場合、確定診断のためにまず選択すべき検査はどれか。
  • a Dダイマー測定
  • b 空気容積脈波検査
  • c 下肢静脈造影MRA
  • d 血小板シンチグラフィ
  • e 下肢静脈圧迫超音波検査



[正答]


※国試ナビ4※ 108H030]←[国試_108]→[108H032

104I055」

  [★]

  • 60歳の女性。未経妊。51歳で閉経。子宮がん検診を定期的に受けている。半年前の検診では異常がなかったが、最近3か月間断続的に性器出血を認める。2年前から糖尿病で治療を受けている。身長 155cm、体重 75kg。経腟超音波検査で子宮内膜厚は35mm。子宮内膜組織のH-E染色標本(別冊No.13)を別に示す。
  • 患者に対する説明で適切なの柱どれか。2つ選べ。
  • a 「MRIで詳しく調べましょう」
  • b 「子宮腔内を子宮鏡で調べましょう」
  • c 「子宮頚部を拡大鏡で検査しましょう」
  • d 「6か月間ほどホルモン補充療法をしましょう」
  • e 「子宮がん検診で異常がないのでしばらく様子をみましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 104I054]←[国試_104]→[104I056

107I057」

  [★]

  • 58歳の男性。心窩部鈍痛を主訴に来院した。2か月前から時々心窩部に鈍痛があったが、食事との関係は特になかった。既往歴に特記すべきことはない。身体所見に異常を認めない。血液所見:赤血球326万、Hb 11.5g/dl、Ht 35%、白血球5,200、血小板19万。その他の血液検査で異常を認めない。上部消化管内視鏡像(別冊No.16)を別に示す。病変部からの内視鏡下生検組織で腺癌と診断された。胸腹部CTで転移を認めない。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I056]←[国試_107]→[107I058

108I051」

  [★]

  • 51歳の女性。突然の発汗のぼせを主訴に来院した。肩こり頭痛もみられるが、抑うつや不眠はない。 49歳で閉経。身長 157 cm、体重 57 kg。脈拍 72/分。血圧 138/76 mmHg。エストロゲンプロゲステロンによるホルモン補充療法を開始することにした。
  • 治療前の説明として適切なのはどれか。
  • a 「血圧が上がります」
  • b 「乳癌のリスクは下がります」
  • c 「骨粗鬆症による骨折のリスクは上がります」
  • d 「エストロゲンの貼付薬では効果がありません」
  • e 「肩こりや頭痛より発汗とのぼせによく効きます」


[正答]


※国試ナビ4※ 108I050]←[国試_108]→[108I052

099G041」

  [★]

  • 50歳の女性。6か月前からの顔面紅潮、発汗および不眠を主訴に来院した。閉経49歳。血圧128/62mmHg。全身の身体所見と内診所見とに明らかな異常はなく、子宮頸部と内膜細胞診とにも異常を認めない。血中ホルモン値:LH32.0mIU/ml(基準 卵胞期1.8~7.6)、FSH 65.0mIU/ml(基準 卵胞期5.2~14.4)、プロラクチン4.0ng/ml(基準15以下)、エストラジオール10pg/ml以下(基準 卵胞期11~230)。治療として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G040]←[国試_099]→[099G042

096D041」

  [★]

  • 52歳の女性。6か月前からの発汗と不眠とを主訴に来院した。血圧128/62mmHg。血清生化学所見:総コレステロール190mg/dlトリグリセライド110mg/dl(基準50~130)。LH48mIU/ml (基準2.1~7.0)、FSH94mIU/ml (基準4.4~8.6)、プロラクチン7.4ng/ml(基準15.0以下)、free T4 1.2 ng/dl (基準0.8~2.2)、エストラジオール10pg/ml以下(基準25~75)。適切な治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D040]←[国試_096]→[096D042

105I001」

  [★]

  • 中高年女性に対するホルモン補充療法が最も有効なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H038]←[国試_105]→[105I002

更年期障害」

  [★]

climacteric disturbance, climacteric disturbance disorder
更年期症候群 menopausal syndrome
閉経症候群

原因

  • 器質的要因、心理的要因
  • 閉経の2年前からエストロゲンの分泌低下、FSH・LHの分泌亢進

症状

  • 血管運動症状
  • のぼせ、熱感、発汗、寝汗、動悸、冷え性、肩凝り
  • 精神神経症状
  • 頭痛、めまい、不眠、記憶力減退、不安、抑うつ
  • 膣・尿道粘膜の萎縮
  • 性交障害、膣炎、膀胱炎、頻尿、尿失禁
  • 皮膚障害
  • 希薄化、乾燥、知覚障害、疼痛、しびれ

除外すべき疾患

  • 甲状腺機能低下症
  • 精神疾患:うつ病
  • 耳鼻科:メニエール病

検査

2. 自覚的評価法

治療

治療方針

  • a. ホルモン補充療法
  • b. ホルモン補充療法 + 漢方薬
  • c. 漢方薬:
  • d. 精神安定薬
  • e. 心理療法、カウンセリング、運動療法

1. 薬物療法

  • 自律神経失調症 → ホルモン補充療法(HRT)
卵胞ホルモン:結合型エストロゲン17βエストラジオール(17β-E2)、エストリオール(E3)(萎縮性膣炎)
黄体ホルモン:酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)
絶対禁忌:エスロトゲン依存性悪性腫瘍(糸球体癌、乳癌)またその疑いのあるもの、重症肝機能障害、血栓疾患
相対禁忌:エスロトゲン依存性良性腫瘍(子宮筋腫、子宮内膜症、良性乳腺疾患)、下垂体腫瘍、高血圧、糖尿病、不正性器出血

2. 心理療法 カウンセリング

処方

  • 1. 子宮有り
  • 2. 子宮無し
  • 抗鬱症状に自律神経失調症状を伴う場合:SSRI, SNRI
  • 不安に自律神経失調症状を伴う場合
  • 漢方薬

予後

  • 通常1-2年程度継続
  • 長く続く場合でも4-5年

国試



エストロゲン補充療法」

  [★]

estrogen replacement therapy
ホルモン補充療法閉経後ホルモン補充療法エストロゲン補充エストロゲン

エストロゲン製剤

剤形 成分 商品名
経口剤 結合型エストロゲン プレマリン
エストリオール エストリール
ホーリン
貼付剤 17-βエストラジオール エストラダームTTS
エストラダームM、エストラーナ
フェミエスト
腟剤 エストリオール エストリール腟錠、ホーリン腟錠
注射剤 安息香酸エストラジオール オバホルモン
プロピオン酸エストラジオール オバホルモンデポー
吉草酸エストラジオール ポロギノンデポー、ベラニンデポー

禁忌

プレマリン錠0.625mg
(次の患者には投与しないこと)
  • 1. エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。]
  • 2. 乳癌の既往歴のある患者
  • 3. 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある患者、又はその既往歴のある患者[エストロゲンは凝固因子を増加させ、血栓形成傾向を促進するとの報告がある。]
  • 4. 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)又はその既往歴のある患者[「使用上の注意 その他の注意」の項参照]
  • 5. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 6. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性[「使用上の注意 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
  • 7. 重篤な肝障害のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがある。]
  • 8. 診断の確定していない異常性器出血のある患者[出血が子宮内膜癌による場合は、癌の悪化あるいは顕性化を促すことがある。]

参考

  • 1. プレマリン錠0.625mg

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2479004F1033_3_01/2479004F1033_3_01?view=body

  • 2.
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5607-158.pdf




静脈血栓塞栓症」

  [★]

venous thromboembolismVTE


静脈血栓塞栓症 WMM.529

静脈血栓症発症の原因

uptodate
  • 遺伝性血栓性素因
  • 後天性

<rad> http://www.uptodate.com/contents/image?imageKey=HEME%2F59759&topicKey=PULM%2F1363&source=see_link&utdPopup=true <rad>


HRT」

  [★]


hormone replacement therapy」

  [★] ホルモン補充療法 HRT


閉経後ホルモン補充療法」

  [★]

postmenopausal hormone replacement therapy
エストロゲン補充療法エストロゲン補充


男性ホルモン補充療法」

  [★]

androgen replacement therapy
アンドロゲン補充療法


ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



補充」

  [★]

アナプレロティック補うサプリメント漸増漸加追加動員栄養補助食品補助栄養食品補給栄養補助剤リクルートリクルートメント補足


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡