ホルマザン

出典: meddic

formazan


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CTC-SYBR Green 1二重蛍光染色法による土壌中の呼吸活性陽性菌の定量
  • 龍田 典子,王 暁丹,上野 大介 [他]
  • 土と微生物 64(1), 18-24, 2010-04
  • … この方法では、呼吸鎖と共役して還元され細胞内に沈着したCTC-ホルマザン粒子を蛍光顕微鏡下で検出する。 … このとき、CTC-ホルマザン粒子が1細胞上に複数個存在する場合や細胞外にも存在する場合が認められ、従来のCTC単染色法ではこれらも含めて計数されるため、1.2〜1.6倍過大評価となった。 …
  • NAID 40017102766
  • キャピラリー電気泳動反応器を用いる亜鉛(II)-1, 5-ビス(2-ヒドロキシ-5-スルホフェニル)-3-シアノホルマザン錯体のオンキャピラリー解離反応特性の評価
  • 小笠原 一孝,高橋 透,壹岐 伸彦,星野 仁
  • 分析化学 56(10), 825-831, 2007-10-05
  • … キャピラリー電気泳動反応器(CER)を用いてZn^<2+>-1,5-ビス(2-ヒドロキシ-5-スルホフェニル)-3-シアノホルマザン錯体([Zn-HSCF])のオンキャピラリー解離反応特性について検討を行った.配位子置換モードCERにより,[Zn-HSCF]のCE分離・検出の最適条件であるpH8.80におけるその自己解離反応速度定数(k_d)を測定したところ,k_d=4.3×10^<-5>s^<-1>(半減期4.5時間)を得た.したがって,[Zn-HSCF]は速度論的に極めて安定であることが分か …
  • NAID 110006404125

関連リンク

ホルマザン色素(ホルマザンしきそ、英: formazan dye)は、ホルマザン構造を持ち、 脱水酵素や還元酵素を対象とした研究で利用される人工的な色素の総称である。アゾ 化合物の一種であり RNH-N=CR'-N=NR''(R および R' は通常アリール基)という基本 構造 ...
大抵、ジメチルスルホキシドや、酸性エタノール溶液、ドデシル硫酸ナトリウム (SDS) の 希塩酸溶液を、不溶性のホルマザン色素を可溶化 ... 得られるホルマザン色素は水溶性 であるため、可溶化段階が必要ない。 has been proposed to replace MTT, yielding ...

関連画像

Patent Drawing200px-MTT_Plate.jpg図4. ホルマザン産物の吸光 公開日:2004/11/25 出願人 公開日:2003/11/25 出願人 Figure JPOXMLDOC01-appb-C000001


★リンクテーブル★
リンク元NBT還元試験

NBT還元試験」

  [★]

nitroblue tetrazolium dye test NBT test, nitroblue tetrazolium test NBT dye test
NBT色素還元能検査ニトロブルー・テトラゾリウム試験NBT還元能試験
白血球ニトロブルーテトラゾリウム nitroblue tetrazoliumNBT還元能
[show details]






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡