ホルボールエステル

出典: meddic

phorbol ester


和文文献

  • イヌ肥満細胞腫細胞の細胞外基質への接着におけるβ1インテグリンの役割(外科学)
  • 高橋 朋子,大橋 絵美,中川 貴之,望月 学,西村 亮平,佐々木 伸雄
  • The journal of veterinary medical science 69(5), 495-499, 2007-05-25
  • 腫瘍細胞と細胞外基質(ECM)との相互作用は腫瘍の浸潤・転移に重要であり,インテグリンはその相互作用の一端を担う接着分子である.今回,由来の異なるイヌ肥満細胞腫細胞3株(CM-MC,VI-MC,COMS)のECMへの接着におけるβ1インテグリンの役割について解析した.いずれの細胞もインテグリンβ1鎖およびインテグリンα1〜5鎖を強発現しており,インテグリンα6鎖を中等度に発現していた.COMSは無 …
  • NAID 110006273248
  • ホルスタイン牛好中球の脱顆粒応答および活性酸素産生能に対するレプチンと腫瘍壊死因子の作用(免疫学)
  • アハメド モハメド,木村 和弘,ソリマン モハメド,山地 大介,岡松(小倉) 優子,マコンド ケネディ,稲波 修,斉藤 昌之
  • The journal of veterinary medical science 69(2), 125-131, 2007-02-25
  • 脂肪細胞から分泌されるレプチンは摂食調節やエネルギー消費を調節するだけでなく,直接あるいは腫瘍壊死因子(TNF-α)を介して間接的にヒト好中球機能を修飾する.ウシ好中球はfMLP受容体を持たないなどヒト好中球とは異なる特徴を持つ.そこで本研究ではホルスタイン牛好中球の脱顆粒応答および活性酸素産生能に村するレプチンとTNF-αの作用を調べた.なおウシ好中球には活性型レプチン受容体Ob-RbとTNF- …
  • NAID 110006201228

関連リンク

ホルボールのエステル誘導体は重要な生理活性を示す。ホルボールエステルの最も 特筆すべき生理活性は発がんプロモーション活性である。ホルボールエステルはジ アシルグリセロールのミミックとして働き、プロテインキナーゼCなど様々なタンパク質を 活性化 ...
栄養・生化学辞典 ホルボールエステルの用語解説 - ホルボールの酸エステル.一般に 発がんプロモーターとしての活性がある.細胞内のプロテインキナーゼCを活性化する 作用がある....

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元phorbol ester
関連記事エス」「ホルボール

phorbol ester」

  [★]

ホルボールエステル


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考


ホルボール」

  [★]

phorbol
フォルボール



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡