ホルネル症候群

出典: meddic

Horner's syndrome (KL), Horner syndrome
Horner症候群 (M.500)、Horner徴候群
ベルナール-ホルネル症候群 ベルナール・ホルネル症候群 Bernard-Horner syndrome

概念

  • 頚部の自律神経節の障害などにより生じる症状
  • 軽度の眼瞼下垂(瞼裂狭小)、中等度縮瞳(暗室でより明瞭)、顔面の発汗低下と紅潮を3主徴とする眼部交感神経系の障害による症候群。

症状

  • 眼瞼下垂(上瞼板筋への支配(-))、縮瞳(瞳孔散大筋への支配(-))、顔面の発汗低下と紅潮(汗腺に対する支配(-)、血管平滑筋への支配(-))

原因

  • 悪性腫瘍
  • 脳血管疾患
  • 医原性
  • 鎖骨下動脈に対する手術
  • 頚部手術におけるリンパ節郭清時の損傷

国試




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/12 06:00:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頚椎前方手術のまれな合併症と患者への説明
  • 伊藤 昌徳,安本 幸正,阿部 祐介,堤佐 斗志,野中 康臣
  • Journal of spine research 1(8), 1523-1527, 2010-08-25
  • NAID 10027714557
  • 呼吸器X線画像の読み方・診かた(7)見逃されやすい肺癌の陰影
  • 井上 彰,貫和 敏博
  • 綜合臨床 58(8), 1838-1842, 2009-08
  • NAID 40016776849
  • 29.全身に広範な転移を認めホルネル症候群を呈した悪性胸膜中皮の1例(第86回日本肺癌学会関西支部会)
  • 黒住 祐磨,吉村 成央,梁 尚志,末岐 博文,有馬 良一
  • 肺癌 47(4), 401, 2007-08-20
  • NAID 110006420075

関連リンク

財団フェローのLiam WyattがMLA(博物館、図書館などの機関・施設)とウィキ メディアンの共同作業について横浜(11日)と京都(13日)で講演を行ないます(詳細). ホルネル症候群. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索 ...
ホルネル症候群は,視床下部から眼球まで走行する頸部交感神経路に障害が起こった 場合に生じる。ホルネル症候群は中枢神経,節前神経,節後神経のいずれにも起因し うる;原発性のこともあれば,他の疾患に続発することもある。中枢神経病変としては, ...

関連画像

ホルネル症候群交感神経は視床下部から脊髄 ホルネル症候群の中国鍼灸治療 ホルネル症候群!?図59 ホルネル症候群(左眼) と犬のホルネル症候群比較写真肺がん 合併症:ホルネル症候群


★リンクテーブル★
国試過去問101A011
リンク元ワレンベルグ症候群」「セスタン・シュネ症候群」「縮瞳」「急性薬物中毒」「眼球陥凹
関連記事症候群」「」「症候

101A011」

  [★]

  • 28歳の女性。1年前から次第に増大する頭部腫瘤を主訴に来院した。頭部の造影CTで頸部交感神経由来の腫瘍が疑われ、摘出術を行うことになった。頭部の写真を以下に示す。
  • 術後合併症として可能性があるのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A010]←[国試_101]→[101A012

ワレンベルグ症候群」

  [★]

Wallenberg's syndrome, Wallenberg syndrome
ワレンベルグ症候群Wallenberg症候群
延髄外側症候群 lateral medullary syndrome LMS
後下小脳動脈血栓橋延髄外側症候群
[show details]
  • 表:BET.235(脳神経を侵す脳幹障害)
  • 図:BET.370,376 N.159(自律神経),164(脊髄の動脈)
障害部位:5, 8(vestibular n.), 9, 10, Sympathetic, Cerebellar, Lateral spinothalamic tract

疫学

  • 若年に多く、椎骨動脈の解離が原因であることが多い。

病因

障害部位

see BET.376
  • 延髄外側

症状

  • 全身:頭痛、回転性めまい、悪心・嘔吐
  • 同側:顔面の温度・痛覚消失(感覚解離)、角膜反射低下、ホルネル症候群、眼振(回旋性眼振)、眼球側方突進、発声困難、嚥下困難、小脳性運動失調、筋緊張低下
  • 対側:体幹・上下肢の温度・痛覚消失
[show details]

BET.235

症候
障害側 健側
CN V(感覚解離) 半身感覚解離(顔面をのぞく)
CN IX, Xの麻痺  
ホルネル症候群
小脳性運動失調、眼振



  • 椎骨動脈が脳底動脈となるより下位で後下小脳動脈(PICA)を分枝。PICAは延髄を後方に回り込み小脳の下面に分布

国試



セスタン・シュネ症候群」

  [★]

Cestan-Chenais syndrome
延髄半側症候群Cestan-Chenais症候群セスタン症候群 Cestan syndrome
バビンスキー・ナジョット症候群ホルネル症候群
  • Contralateral hemiplegia, hemianaesthesia, and loss of pain and temperature sensibility, with ipsilateral hemiasynergia and lateropulsion, paralysis of the larynx and soft palate, enophthalmia, miosis, and ptosis, due to lesions of the brain stem.

BET.235

  • 障害部位:脊髄半側
  • 障害側の症候:
  • CN V(感覚解離)
  • CNIX,Xの麻痺
  • ホルネル症候群
  • 小脳失調
  • 眼振
  • 反対側の症候
  • 半身感覚解離
  • 半麻痺
  • 主な原因:梗塞


縮瞳」

  [★]

miosis ← mio(より小さい) + sis
myosis
瞳孔縮小 pupillary constriction
瞳孔
散瞳


病態

臨床関連

薬物中毒

 

疾患

 

参考

  • 1. 縮瞳
余りよく分からない
[display]http://www.flickr.com/photos/bionerd/3238702465
[display]http://webeye.ophth.uiowa.edu/eyeforum/atlas/pages/cornea-corneal-abrasion-with-reflex-spastic-miosis.html



急性薬物中毒」

  [★]

acute drug intoxication
薬物中毒
  縮瞳 散瞳
≦2mm ≧5mm
薬物 麻薬 コカイン
有機リン アンフェタミン
トリクロロエタノール 三環系抗うつ薬
  フェノチアジン
抗コリン薬
交感神経作動薬
疾患 ホルネル症候群 IC-PC動脈瘤
橋出血 脳底動脈瘤
  テント切痕ヘルニア
視力喪失
視神経萎縮

眼球陥凹」

  [★]

enophthalmos
眼球陥没眼球陥入眼球突出
[show details]


  • ホルネル症候群で見られる症候の一つ
  • 眼窩吹き抜け骨折でもみられうる。

国試

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡