ホスホリパーゼA2

出典: meddic

phospholipase A2
  • リン脂質を加水分解し、脂肪酸リゾリン脂質を生成する
  • (高サイトカイン血症のなかで)膵酵素、エンドトキシン、顆粒球やマクロファージから産生されたホスホリパーゼA2により肺胞が障害される。(SSUR.626)

エイコサノイドの生合成 (GOO.653)

  • 細胞膜を構成するリン脂質や脂質複合体はホスホリパーゼA2によりを加水分解をうけ、アラキドン酸が産生される。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/25 17:15:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ホスホリパーゼA2 : PLA2ナガセ10P
  • 白坂 直輝,大島 修吾
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 = Bulletin of applied glycoscience 1(3), 259, 2011-07-20
  • NAID 10029656591
  • ホスホリパーゼA_2
  • 肝脂肪蓄積に伴う線維化過程へのIVA型ホスホリパーゼA_2の関与
  • 宮崎 晃,伏見 英晃,金井 志帆,石原 慶一,秋葉 聡
  • 脂質生化学研究 53, 147-150, 2011-04-28
  • NAID 10028178932
  • III型分泌性ホスホリパーゼA_2の欠損はメタボリックシンドロームを改善する
  • 佐藤 弘泰,磯貝 有紀,武富 芳隆,山本 圭,石川 由紀雄,石井 壽晴,小林 哲幸,中西 広樹,池田 和貴,田口 良,原 俊太郎,村上 誠
  • 脂質生化学研究 52, 135-138, 2010-05-25
  • NAID 10026407132

関連リンク

ホスホリパーゼA2 (phospholipase A2, PLA2, [EC 3.1.1.4]) はグリセロリン脂質のsn- 2位のエステル結合を加水分解する酵素の総称である。脂肪酸とリゾリン脂質を遊離 する。アラキドン酸を遊離することで、炎症性のメディエーターであるプロスタグランジンや ...
ホスホリパーゼ (phospholipase) は、リン脂質を脂肪酸とその他の親油性物質に加水 分解する酵素である。 触媒する反応の種類によりA ... SN-1アシル基を切断する。 ホスホリパーゼA2 (Phospholipase A2) - SN-2アシル基を切断し、アラキドン酸を生成 する。

関連画像

図1】配列表】東京大学大学院 農学生命科学 ホスホリパーゼA2 ホスホリパーゼA2阻害剤2。COX-1とCOX-2


★リンクテーブル★
先読み脂肪酸」「リゾリン脂質」「リン脂質
リンク元好中球」「カルシウム依存性ホスホリパーゼA2
拡張検索リポタンパク質関連ホスホリパーゼA2」「ホスホリパーゼA2受容体」「ホスホリパーゼA2レセプター」「ホスホリパーゼA2インヒビター」「膵ホスホリパーゼA2
関連記事リパーゼ」「A」「ホスホ」「ホスホリパーゼ

脂肪酸」

  [★]

fatty acid, fatty acids
脂酸



  • 長鎖の酸素鎖を持つカルボン酸

脂肪酸の酸化 FB.383-389

  • 脂肪酸の活性化@細胞質
  • アシルCoAはミトコンドリア内膜を通過できないので、カルニチンにアシル基を転移してもらい、ミトコンドリア内膜でアシルCoAに戻される。
  • 不飽和脂肪酸の酸化
  • β酸化(偶数炭素脂肪酸(C-C2n-CO-ScoA)@ミトコンドリア
  • 奇数炭素脂肪酸(C2n-CO-ScoA))@ミトコンドリア
  • β酸化@ペルオキシソーム:鎖長C22以上の長い脂肪酸は拡散でペルオキシソームに移動して酸化される。
  炭素数 不飽和結合   融点
ラミバス
ラウリン酸 12 0 C12飽和脂肪酸 44.2
ミリスチン酸 14 0 C14飽和脂肪酸 53.9
パルミチン酸 16 0 C16飽和脂肪酸  
ステアリン酸 18 0 C18飽和脂肪酸  
バスオリレン
パルミチン酸 16 0   63.1
ステアリン酸 18 0   69.6
オレイン酸 18 1 n-9 動物油 14.0
リノール酸 18 2 n-6 植物油 -5.0
α-リノレン酸 18 3 n-3 シソ油 -11.3
 
パルミトレイン酸 16 1   0.5
アラキドン酸 20 4     -49.5
  • 脂肪酸の融点:炭素鎖が長い方が分子間の相互作用が多く、強固に配列できる。不飽和結合が少なければ立体的に障害が少なく強固に配列できる → 炭素数が長く、飽和度が低いほど融点が高い。0

参考

  • Wikipedia - 脂肪酸


リゾリン脂質」

  [★]

lysophospholipid
ホスホリパーゼ


  • リゾリン脂質はその名の通り強い界面活性剤で、細胞膜を壊し細胞を溶かす。ハチ毒やヘビ毒にはホスホリパーゼA2が多量に含まれる (FB.154)
  • 虚血心筋でリゾリン脂質が蓄積するらしい(HIM.1412)


リン脂質」

  [★]

phospholipid PL
ホスファチド phosphatide



好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







カルシウム依存性ホスホリパーゼA2」

  [★]

calcium-dependent phospholipase A2
ホスホリパーゼホスホリパーゼA2

リポタンパク質関連ホスホリパーゼA2」

  [★]

lipoprotein-associated phospholipase A2Lp-PLA2
1-アルキル-2-アセチルグリセロホスホコリンエステラーゼPAFアセチルヒドロラーゼ

ホスホリパーゼA2受容体」

  [★]

phospholipase A2 receptor
ホスホリパーゼA2レセプター

ホスホリパーゼA2レセプター」

  [★]

phospholipase A2 receptor
ホスホリパーゼA2受容体


ホスホリパーゼA2インヒビター」

  [★]

phospholipase A2 inhibitor
ホスホリパーゼA2

膵ホスホリパーゼA2」

  [★]

ホスホリパーゼA2


リパーゼ」

  [★]

lipase
グリセロールエステルヒドロラーゼ glycerol ester hydrolase脂肪分解酵素 lipolytic enzyme
コリパーゼ


判別

検査の本

36IU/L以下(減少)

161-500IU/L(増加)

500IU/L以上(高度増加)

参考

  • 1.
[display]http://www5.mediagalaxy.co.jp/meito/kaseihin/lipase/jlip.html
  • 2.
[display]http://www.cmcbooks.co.jp/user_data/pdf/bp09111.pdf



A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A

ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸


ホスホリパーゼ」

  [★]

phospholipase, PL






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡