ホスホマイシン

出典: meddic

fosfomycin, FOM
ホスホマイシンカルシウム水和物 ホスホマイシンナトリウム
fosfomycinum
ハロスミンフラゼミシン、、ホスホマイシンカルシウムホスホミンホスマイホスミシンホスミシンSホロサイルホロサイルS
(Na)ホスカリーゼホスホマイシンNaホスホマイシンナトリウム
主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの
耳鼻科用剤


禁忌

ホスミシンS静注用0.5g/ホスミシンS静注用1g/ホスミシンS静注用2g
  • ホスホマイシンに対して過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果

ホスミシンS静注用0.5g/ホスミシンS静注用1g/ホスミシンS静注用2g

適応菌種

  • ホスホマイシンに感性のブドウ球菌属、大腸菌、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア・レットゲリ、緑膿菌

適応症

  • 敗血症、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎

薬効薬理

  • ホスミシンS静注用0.5g/ホスミシンS静注用1g/ホスミシンS静注用2g
  • 1. in vitro抗菌作用12)
  • ホスホマイシンは、グラム陽性菌、陰性菌に対し殺菌的に作用する。特に緑膿菌、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、セラチア・マルセッセンス及び多剤耐性の黄色ブドウ球菌、大腸菌に優れた抗菌作用を示した。
  • 2. 作用機序13~15)
  • ホスホマイシンの作用機序は、極めてユニークである。すなわち、細胞質膜の能動輸送系によってホスホマイシンが効率的に菌体内に取込まれ、細胞壁peptidoglycanの生合成を初期段階で阻害することにより抗菌作用を示す。

(β-lactam系抗生物質は最終段階で阻害する。)


添付文書

  • ホスミシンS静注用0.5g/ホスミシンS静注用1g/ホスミシンS静注用2g
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6135400F1051_1_04/6135400F1051_1_04?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/19 00:11:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ホスホマイシンの前投与がテイコプラニンの効果を増強したと考えられた重症メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の一症例
  • 川戸 順之,小西 大輔,明石 直子,水谷 伸一,政道 修二,仲野 秀昭
  • 医療薬学 = Japanese journal of pharmaceutical health care and sciences 35(4), 254-258, 2009-04-10
  • NAID 10025973263
  • 市中感染症の観点から (特集 新潮流 抗菌薬の使い方) -- (高用量・短期間抗菌薬療法の考え方)
  • 単純性膀胱炎 (特集 抗菌薬適正使用--グローバルスタンダードを目指して) -- (疾患別抗菌薬使用の論点)

関連リンク

ホスホマイシン (fosfomycin) は放線菌の一種 Streptomyces fradiae などが生産する 抗生物質の一種である。1973年に開発された。酸化プロピレンにリン酸が置換したような 構造を持つ。分子式はC3H7O4P、分子量は138.06。 ...
ホスミシンとは?ホスホマイシンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)

関連画像

ホスホマイシンNa静注用2g ホスホマイシンNa静注用2g「NP ホスホマイシンNa静注用1g「NP  (ホスホマイシン)の構造式ホスホマイシンNa静注用2g「NP 抗生物質(ホスホマイシン系  (ホスホマイシン製剤

添付文書

薬効分類名

  • ホスホマイシン系抗生物質製剤

販売名

  • フラゼミシン静注用0.5g

組成

剤形

  • バイアル

有効成分(1バイアル中)
ホスホマイシンナトリウム 0.5g(力価)

添加物

  • pH調整剤

禁忌

  • ホスホマイシンに対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • ホスホマイシンに感性のブドウ球菌属、大腸菌、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア・レットゲリ、緑膿菌

適応症

  • 敗血症、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎

[点滴静脈内注射]

  • 通常、成人にはホスホマイシンとして1日2〜4g(力価)、また小児には1日100〜200mg(力価)/kgを2回に分け、補液100〜500mLに溶解して、1〜2時間かけて静脈内に点滴注射する。

[静脈内注射]

  • 通常、成人にはホスホマイシンとして1日2〜4g(力価)、また小児には1日100〜200mg(力価)/kgを2〜4回に分け、5分以上かけてゆっくり静脈内に注射する。溶解には日局注射用水又は日局ブドウ糖注射液を用い、本剤1〜2g(力価)を20mLに溶解する。
  • なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減する。

[点滴静脈内注射キット]

  • 用時連通針を介し、薬剤を溶解液に溶解する。通常、成人にはホスホマイシンとして1日2〜4g(力価)、また小児には1日100〜200mg(力価)/kgを2回に分け、1〜2時間かけて静脈内に点滴注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

慎重投与

  • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質のある患者
  • 肝障害のある患者[肝障害が悪化するおそれがある]

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、呼吸困難、血圧低下、チアノーゼ、蕁麻疹、不快感等があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
  • 痙攣があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

作用機序1)

  • ホスホマイシンは、細菌の細胞壁合成過程の初期段階を阻害し、殺菌的に作用する。

抗菌作用1)

  • ホスホマイシンは、グラム陽性球菌のブドウ球菌属からグラム陰性菌の大腸菌、プロテウス属、セラチア属、緑膿菌に至るまで広い抗菌スペクトルを有する。

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」「細菌性赤痢」「AFM療法」「FOM
拡張検索ホスホマイシンナトリウム」「ホスホマイシンカルシウム
関連記事ホスホ

主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」

  [★]

商品


細菌性赤痢」

  [★]

dysentery
bacillary dysentery, shigellosis
赤痢アメーバ赤痢感染症法

概念

  • 汚染された飲食もつなどを介して感染し(糞口感染)、志賀毒素により消化管を障害する。

特徴

病原体

  • Shigella属 ← 鞭毛を持たない

潜伏期間

  • 1-5日

感染経路

  • 糞口感染

病態

  • 菌体数10個程度で感染が成立。
  • 赤痢菌は腸管上皮細胞に進入して炎症を惹起し、表層粘膜の破壊と粘膜潰瘍を起こさせる → 細胞質内に進入してアクチンの重合を利用して動き回る →腸管上皮の潰瘍を伴った急性炎症症状(粘膜下層よりも深く拡散することはごくまれ → 敗血症とならない(⇔サルモネラ属) ))
  • 大腸(特にS状結腸)(ときに、回盲部末端):粘膜の出血性化膿炎、次いで潰瘍、壊死を来す

症状

  • 腹痛を伴うテネスムス、膿・粘血便の排泄
  • 悪寒・発熱、腹痛、テネスムス、粘血・脳性下痢便。

身体所見

  • 腹部陥没、S状結腸を圧痛性索状物として触知する。

治療

  • 薬物療法
  • 1. ニューロキノロン系抗菌薬(1st choice)
  • 2. 小児や1.禁忌例にはホスホマイシン



AFM療法」

  [★]

潰瘍性大腸炎ATM療法

FOM」

  [★] ホスホマイシン fosfomycin

ホスホマイシンナトリウム」

  [★]

fosfomycin sodium
ホスホマイシン


ホスホマイシンカルシウム」

  [★] ホスホマイシンカルシウム水和物

ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡