ホスホジエステラーゼIII阻害薬

出典: meddic

ホスホジエステラーゼ3阻害薬

和文文献

  • ホスホジエステラーゼIII阻害薬の先行療法 (preemptive therapy) : その有効性と安全性
  • 木倉 睦人,板垣 大雅,佐藤 重仁
  • 日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 14(2), 151-164, 2007-04-01
  • NAID 10024128158
  • 電子スピン共鳴(ESR)法を用いた医薬品の脳疾患への有効評価
  • 池田 幸穂
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(5), 298-302, 2006-11-01
  • 活性酸素,フリーラジカルが脳血管障害,頭部外傷をはじめとして多くの脳疾患の病態に関与していることが指摘されている.多くの脳保護療法が開拓されているが,臨床に還元できるものは,いまだ十分でないのが現状であろう.その中にあって,活性酸素消去剤,フリーラジカルスカベンジャーが注目されている.本報告では,現在使用されている脳疾患に関与する薬剤の中に活性酸素消去能を有するものがあり,薬理作用の多面性に活性酸 …
  • NAID 10018553603

関連リンク

β-作動薬、PDEⅢ阻害薬、β-遮断薬 β-作動薬 心臓にはβ 1 受容体が存在する。β-作動薬はβ 1 受容体を刺激する作用があり、これによって心筋の収縮力増大、心拍数の増大を起こす。 また平滑筋にはβ 2 受容体があり、この受容体に ...
ホスホジエステラーゼ5阻害薬とは勃起不全/EDの治療薬で中心的な役割を果たしており、バイアグラ、レビトラ、シアリスはこれに当てはまります。サイクリックGMPの分解を阻止する事により勃起を促進します。

関連画像

EDHF を介した反応と糖尿病時  心薬 サイクリックAMPについてホスホジエステラーゼ阻害薬 的ホスホジエステラーゼ5阻害 ] は、ホスホジエステラーゼ 蛇毒ホスホジエステラーゼ


★リンクテーブル★
リンク元ホスホジエステラーゼ3阻害薬
関連記事エス」「I」「ホスホジエステラーゼ」「」「II

ホスホジエステラーゼ3阻害薬」

  [★]

phosphodiesterase inhibitor
ホスホジエステラーゼIII阻害薬
カルトニック注、コアテック注、ミルリーラ注
[show details]



エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


ホスホジエステラーゼ」

  [★]

phosphodiesterase PDE
リン酸ジエステル水解酵素リン酸ジエステル加水分解酵素
ホスホジエステラーゼ阻害薬


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



II」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡