ホスホエノールピルビン酸

出典: meddic

phosphoenolpyruvate phosphoenlpyruvic acid PEP


構造

CH2-C(OH2PO3)-COOH

反応

CH2-C(OPO32-)-COOH + ADP + H+ -(ピルビン酸キナーゼ)→  CH3-CO-COO- + ATP
 HOOC-CH2-CO-COOH + GTP -(PEPカルボキシキナーゼ)→CH2-C(OPO32-)-COOH + GDP + CO2

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/24 13:47:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スキムミルクなどを助剤とする植物体からの酵素タンパク質の抽出法の研究 - Eleocharis vivipara のPEPCの抽出を例として -
  • 永松 裕章,阪上 綾,山崎 恭央,吉村 一恵,関井 愛,秋田 求,泉井 桂
  • Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University (25), 7-16, 2010-3
  • Departmental Bulletin Paperわれわれは陸生型Eleocharis viviparaのC_4光合成型ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ(PEPC)の環境応答や酵素の活性調節などの研究の過程で、このPEPCが従来から広く植物材料に対して用いられてきた、不溶性のポリビニルポリピロリドン(PVPP)を助剤とする抽出法ではほとんど抽出されないという困難に遭遇した。本研究ではこ …
  • NAID 120002187970
  • 緩衝水溶液と接触した食品包装用プラスチック製品からの酵素活性化作用をもつ微量物質の溶出
  • 徳永 浩樹,松村 浩由,甲斐 泰,泉井 桂
  • Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University 19, 37-50, 2007-03-31
  • 食品保存用のラップフィルムやパック、調理用のクッキングシートなどは、一般家庭において、よく用いられているプラスチック(合成樹脂)製品である。これらは食品と直接接触するので、プラスチックに含まれる添加物や付着物が食品に溶出したり、移行したりすることがある。以前に、著者らは大腸菌(Escherichia coli)のホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ(PEPC)[EC4.1.1.31]が軟質ポリ …
  • NAID 110006423461
  • ホスホエノールピルビン酸は低酸素性肺血管収縮を増強する

関連リンク

ホスホエノールピルビン酸(ホスホエノールピルビンさん、phosphoenolpyruvic acid, PEP)は、生化学的に重要な有機化合物の一つである。-62KJ/molと生体中で最も エネルギーの高いリン酸結合を持ち、解糖系や糖新生の経路にも登場する。また植物 では、 ...
糖新生では最初にピルビン酸からホスホエノールピルビン酸が合成される。ピルビン酸 は始めミトコンドリアでピルビン酸カルボキシラーゼによってオキサロ酢酸に変換される。 その間ATPが1分子加水分解される。そのときオキサロ酢酸は、ホスホエノールポルビン ...

関連画像

10: ホスホエノールピルビン File:Propionic acid chemical structure.png解糖系とクエン酸回路。拡大 ホスホエノールピルビン ホスホエノールピルビン酸 ⇄ ホスホエノールピルビン酸


★リンクテーブル★
リンク元ピルビン酸」「ピルビン酸キナーゼ」「PEP」「トリオースリン酸」「phosphoenolpyruvate
拡張検索ホスホエノールピルビン酸・糖ホスホトランスフェラーゼ系」「ATP依存性ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ」「ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ」「ホスホエノールピルビン酸キナーゼ
関連記事」「エノール」「ホスホ」「ピル」「ビン

ピルビン酸」

  [★]

pyruvate, pyruvic acid, 2-oxopropanic acid, α-ketopropionic acid
焦性ブドウ酸 pyroracemic acid
解糖系
CH3-CO-COOH

ピルビン酸の生合成反応

  • ピルビン酸合成 (ホスホエノールピルビン酸 + ADP → ピルビン酸 + ATP)
CH2-C(OPO32-)-COOH + ADP + H+ -(ピルビン酸キナーゼ)→  CH3-CO-COO- + ATP

反応

  CH3-CO-COO- + ATP + CO2 -→ HOOC-CO-CH2-COOH + Pi
  • 5. アセトアルデヒド産生


ピルビン酸キナーゼ」

  [★]

pyruvate kinase, PK
ホスホエノールピルビン酸キナーゼ phosphoenolpyruvate kinaseホスホエノールトランスホスホリラーゼ phosphoenol transphosphorylase
解糖系
  • first aid step1 2006 p.87,89

ピルビン酸の生合成反応

  • ピルビン酸合成 (ホスホエノールピルビン酸 + ADP → ピルビン酸 + ATP)
CH2-C(OPO32-)-COOH + ADP + H+ -(ピルビン酸キナーゼ)→  CH3-CO-COO- + ATP

臨床関連


PEP」

  [★]

子宮外妊娠存続症


トリオースリン酸」

  [★]

triosephosphate

運命

phosphoenolpyruvate」

  [★]

ホスホエノールピルビン酸


ホスホエノールピルビン酸・糖ホスホトランスフェラーゼ系」

  [★]

phosphoenolpyruvate sugar phosphotransferase system


ATP依存性ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ」

  [★]

ATP-dependent phosphoenolpyruvate carboxykinase

ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ」

  [★]

phosphoenolpyruvate carboxylase


ホスホエノールピルビン酸キナーゼ」

  [★] ピルビン酸キナーゼ

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

エノール」

  [★]

enol
  • エノール形化合物の総称
R1R2C=C(OH)R3

ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸


ピル」

  [★]

pill
丸剤経口避妊薬丸薬


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡