ホスファターゼ

出典: meddic

phosphatase, phosphoric monoester hydrolase
脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ


  • 生体分子のリン酸モノエステル結合を加水分解し、無機リンを遊離させる脱リン酸反応を触媒する酵素群


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/11 00:16:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クリプトコックスのリン酸代謝制御系
  • 東江 昭夫,清水 公徳,Li Hao-Man,西沢 正文,川本 進
  • 日本医真菌学会雑誌 52(1), 19-23, 2011
  • NAID 130000662911
  • 3P-1143 味噌用麹菌A. oryzae KBN630のホスファターゼ遺伝子aphA破壊株の取得(4a醸造学,醸造工学,一般講演,醸造・食品工学,伝統の技と先端科学技術の融合)
  • 安田 庄子,森 昭博,蟹江 那美,長谷川 摂,北本 則行
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成22年度, 93, 2010-09-25
  • NAID 110008084699

関連リンク

ホスファターゼ(Phosphatase;EC 3.1.3)とは、リン酸モノエステル加水分解酵素(ホス ホモノエステラーゼ)のこと。リン酸モノエステルまたはポリリン酸化合物を加水分解し、 リン酸と、水酸基を持つ化合物とに変換する(脱リン酸化)。ホスホリラーゼあるいは ...
アルカリホスファターゼ(Alkaline Phosphatase、略号:ALP ; EC 3.1.3.1)はアルカリ性 条件下でリン酸エステル化合物を加水分解する酵素である。最適pHは10.2である。 肝臓、腎臓、骨芽細胞、胎盤、小腸をはじめ、広く全身に分布するが、その大部分は ...

関連画像

第12回Pharmaco-Hematology image.jpghttp://astamuse.com/drawing/JP/2009/263 タンパク質ホスファターゼホスファターゼ →酸性ホスファターゼ


★リンクテーブル★
リンク元phosphatase」「リン酸加水分解酵素」「phosphoric monoester hydrolase」「フォスファターゼ」「リン酸モノエステル加水分解酵素
拡張検索アルカリホスファターゼ」「タンパク質チロシンホスファターゼ」「前立腺酸ホスファターゼ」「ホスファチジン酸ホスファターゼ」「高アルカリホスファターゼ血症

phosphatase」

  [★] ホスファターゼフォスファターゼ脱リン酸化酵素脱リン酸酵素

phosphohydrolasephosphoric monoester hydrolase

WordNet   license wordnet

「any of a group of enzymes that act as a catalyst in the hydrolysis of organic phosphates」


リン酸加水分解酵素」

  [★]

phosphohydrolasephosphoric monoester hydrolase
フォスファターゼホスファターゼホスホヒドロラーゼリン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ


phosphoric monoester hydrolase」

  [★]

リン酸加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼリン酸モノエステル加水分解酵素ホスファターゼ

phosphatasephosphohydrolase


フォスファターゼ」

  [★]

phosphatase
ホスファターゼ脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素


リン酸モノエステル加水分解酵素」

  [★]

phosphoric monoester hydrolase
フォスファターゼホスファターゼリン酸加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ


アルカリホスファターゼ」

  [★]

alkaline phosphatase ALP AlP AP
アルカリホスファターゼアイソザイム


局在

  • 腎(近位尿細管)、小腸(粘膜上皮)、骨芽細胞、胎盤、肝(毛細胆管)、乳腺
  • 細胞膜に局在し、膜を通してのリン酸の転送に関与しているらしい

基準値

  • 260IU/L以下(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.13)

アイソザイム(→アルカリホスファターゼアイソザイム)

  • ALP1、ALP2:肝臓由来
  • ALP3:骨由来(骨芽細胞) ← 成長ホルモンの分泌、体重負荷増大→骨芽細胞増殖→ALP3↑
  • ALP4:胎盤由来 ← 妊娠
  • ALP5:小腸粘膜。B型・O型の人が脂肪食を摂取すると上昇する
-アルカリフォスファターゼ


タンパク質チロシンホスファターゼ」

  [★]

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシン脱リン酸化酵素


前立腺酸ホスファターゼ」

  [★] 前立腺酸性ホスファターゼ


ホスファチジン酸ホスファターゼ」

  [★]

phosphatidate phosphatase


高アルカリホスファターゼ血症」

  [★]

hyperphosphatasemia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡