ペースメーカ電位

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O-7. マウス小腸ペースメーカー電位の自発活動発生機序について(第47回日本平滑筋学会総会)
  • 鬼頭 佳彦,鈴木 光
  • Journal of smooth muscle research. Japanese section 9(1), "J-14", 2005-04-28
  • NAID 110002694920
  • (13)時間非依存性電流の洞結節ペースメーカ電位における役割のコンピュータ・シミュレーションによる検討(学位論文内容の要旨および審査の結果の要旨 第42集(平成15年5月))
  • 田村 光司
  • 東京女子医科大学雑誌 73(8), 294-295, 2003-08-25
  • NAID 110007526061

関連リンク

MRI対応ペースメーカ情報なら MRI対応ペースメーカをご存知ですか?電池交換でMRI対応になるケースも www.imageready.jp/ 電磁界情報センター 低周波磁界測定器の貸出無料!電磁波の健康影響に関する情報発信サイト www.jeic-emf.jp/ 各種機器の ...
人工臓器38巻3号 2009年 131 心電位も監視せずに,無条件で両者を刺激する動作モード は「DOO」,また心室の心電位を監視し,これが検出される と,予定されている心室刺激を抑制する動作モードは 「DVI」で表される。この「DVI ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事電位」「ペース

電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧


ペース」

  [★]

pace
歩調




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2