ペロスピロン

出典: meddic

perospirone
ペロスピロン塩酸塩酸ペロスピロン水和物 perospirone hydrochloride hydrate
ルーラン
精神神経用剤

  • SDA serotonin dopamine antipsychotic

構造

  • ジベンゾチアゼピン系

作用機序

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • ラット脳内でのドパミン代謝回転又はFos蛋白発現を指標とした作用機序の検討から、錐体外路症状との関連が深いとされている線条体に対する作用選択性がハロペリドールに比べ弱いことが示唆された。17),18)

薬理作用

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • (1) ドパミン2受容体の遮断により、ラット及びマウスでのメタンフェタミン又はアポモルヒネによる興奮や常同行動等の行動変化並びにラットでの条件回避反応を抑制し、これらの効力はハロペリドールの約1/3~1/5であった。13),14)
  • (2) セロトニン2受容体の遮断により、ラットでのトリプタミン又はp-クロロアンフェタミンによる前肢けいれんや体温上昇等の行動変化を抑制し、その効力はハロペリドールに比べ10倍以上強力であった。13),14)また、ラットでの恐怖条件付けすくみ行動試験(情緒障害モデル)で心理ストレスによるすくみ行動(無動症状)の発現を抑制した。15)
  • (3) ラット及びマウスでのカタレプシー誘発作用、マウスでのブラジキネジア(寡動)誘発作用はハロペリドールの1/10以下であった。13),16)

動態

効能又は効果

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg

注意

禁忌

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • 1. 昏睡状態の患者〔昏睡状態を悪化させるおそれがある。〕
  • 2. バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者〔中枢神経抑制作用が増強される。〕
  • 3. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 4. アドレナリンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

副作用

重大な副作用

ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
  • 無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。
  • 2. 遅発性ジスキネジア(0.1~1%未満)
  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。
  • 3. 麻痺性イレウス(0.1~1%未満)
  • 腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。なお、本剤は動物実験(イヌ)で制吐作用を有することから、悪心・嘔吐が不顕性化することが考えられるので注意すること。
  • 4. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(0.1~1%未満)
  • 低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。なお、抗精神病薬の高用量、長期間投与がSIADH発現の危険因子になるとの報告がある。
  • 5. 痙攣(頻度不明)
  • 痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 6. 横紋筋融解症(頻度不明)
  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。
  • 7. *無顆粒球症、白血球減少(頻度不明)
  • 無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 8. *高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明)
  • 高血糖や糖尿病の悪化があらわれ、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡に至ることがある。口渇、多飲、多尿、頻尿等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、インスリン製剤の投与等の適切な処置を行うこと。〔「慎重投与」、「重要な基本的注意」の項参照〕
  • 9. **肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明)
  • 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。〔「重要な基本的注意」の項参照〕

相互作用

参考

  • ルーラン錠4mg/ルーラン錠8mg/ルーラン錠16mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179043F1032_2_10/1179043F1032_2_10?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/23 13:34:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 維持透析中の糖尿病を伴う高齢者のせん妄にペロスピロンが著効した2例
  • 大内 雄太,藤倉 恵美,金井 秀明 [他],小野寺 謙吾,中嶋 俊之,伊藤 千裕
  • 日本透析医学会雑誌 46(5), 481-486, 2013
  • … のペロスピロン(ルーラン<SUP>®</SUP>)内服により速やかに改善した.症例2は77歳,男性.急速進行性糸球体腎炎を原疾患とする慢性腎不全のため,血液透析導入となる.維持透析継続目的の入院4か月後よりせん妄状態が遷延していたが,入院10か月目よりペロスピロン服用開始したところ,徐々にせん妄が軽快した.両症例とも糖尿病を合併しており,ペロスピロンを …
  • NAID 130003372783
  • アリピプラゾール投与開始後に血糖値の上昇をきたした統合失調症の1例
  • 永井 悦子,勝野 朋幸,紺屋 浩之,小西 康輔,中村 裕子,美内 雅之,片岡 政子,浜口 朋也,宮川 潤一郎,難波 光義
  • 糖尿病 52(4), 295-300, 2009
  • … ,3月4日全身痙攣,血糖値2089 mg/dlにて,糖尿病性非ケトン性高浸透圧昏睡と診断した.同薬を中止し,インスリン加療を開始.治療経過良好にて,退院後は食事療法のみとなった.7月より妄想が出現しペロスピロンを開始した.12月にアリピプラゾール6 mg/日を追加したところ,5%台前半であったHbA1cが2008年1月25日受診時8.4%となった.外来でインスリン治療を再開するも血糖コントロールの改善なく,3月1日入院となっ …
  • NAID 130004511165
  • 高齢者の精神症状と行動障害に対するperospironeの治療効果
  • 江原 嵩,長岡 研太郎
  • 臨床精神医学 37(11), 1481-1487, 2008-11
  • NAID 40016353649
  • 脳波・筋電図の臨床 急性期統合失調症に対するペロスピロン単剤治療とレボメプロマジン併用治療での聴覚性事象関連電位の変化
  • 長澤 達也,東間 正人,菊知 充 [他]
  • 臨床脳波 50(9), 547-552, 2008-09
  • NAID 40016227635

関連リンク

ルーランとは?ペロスピロンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
効能又は効果 統合失調症 用法及び用量 通常、ペロスピロン塩酸塩として成人1回4mg1日3回より始め、徐々に増量する。維持量として1日12~48mgを3回に分けて食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は ...
ルーラン(ペロスピロン)の作用機序:抗精神病薬 脳の神経伝達物質に異常が起こっている病気として、統合失調症があります。統合失調症では、幻覚や妄想、強い不安などが表れてしまいます。 これを改善するために薬が使用され ...

関連画像

ペロスピロン塩酸塩錠8mg 共和薬品 ペロスピロン塩酸塩 一般 名 ペ ロス ピロン 共和薬品 ペロスピロン塩酸塩 ペロスピロン塩酸塩錠4mg ペロスピロン塩酸塩錠8mg ペロスピロンペロスピロン

添付文書

薬効分類名

  • 抗精神病剤

販売名

ルーラン錠4mg

組成

有効成分(1錠中)

  • ペロスピロン塩酸塩として4mg(ペロスピロン塩酸塩水和物 4.31mg)

添加物

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、カルメロースカルシウム、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、濃グリセリン、シリコーン樹脂、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、トウモロコシ油、酸化チタン、カルナウバロウ

禁忌

  • 昏睡状態の患者〔昏睡状態を悪化させるおそれがある。〕
  • バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者〔中枢神経抑制作用が増強される。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • アドレナリンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

効能または効果

  • 統合失調症
  • 通常、ペロスピロン塩酸塩として成人1回4mg1日3回より始め、徐々に増量する。
    維持量として1日12〜48mgを3回に分けて食後経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は48mgを超えないこと。

慎重投与

  • 肝障害のある患者〔肝障害モデル動物(ラット)で本剤の血中濃度の増大が認められている。〕
  • 腎障害のある患者〔腎障害モデル動物(ラット)で本剤の血中濃度の増大が認められている。〕
  • 高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕
  • 心・血管疾患、低血圧、又はそれらの疑いのある患者〔一過性の血圧降下があらわれることがある。〕
  • パーキンソン病のある患者〔錐体外路症状が悪化するおそれがある。〕
  • てんかん等の痙攣性疾患、又はこれらの既往歴のある患者〔痙攣閾値を低下させるおそれがある。〕
  • 小児〔「小児等への投与」の項参照〕
  • 薬物過敏症の患者
  • 脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者〔悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい。〕
  • 自殺企図の既往及び自殺念慮を有する患者〔症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 糖尿病又はその既往歴のある患者、あるいは糖尿病の家族歴、高血糖、肥満等の糖尿病の危険因子を有する患者〔血糖値が上昇することがある。〕

重大な副作用

悪性症候群(Syndrome malin)(0.1〜1%未満)

  • 無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。

遅発性ジスキネジア(0.1〜1%未満)

  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。

麻痺性イレウス(0.1〜1%未満)

  • 腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。なお、本剤は動物実験(イヌ)で制吐作用を有することから、悪心・嘔吐が不顕性化することが考えられるので注意すること。

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(0.1〜1%未満)

  • 低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。なお、抗精神病薬の高用量、長期間投与がSIADH発現の危険因子になるとの報告がある。

痙攣(頻度不明)

  • 痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症(頻度不明)

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意すること。

無顆粒球症、白血球減少(頻度不明)

  • 無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明)

  • 高血糖や糖尿病の悪化があらわれ、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡に至ることがある。口渇、多飲、多尿、頻尿等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、インスリン製剤の投与等の適切な処置を行うこと。〔「慎重投与」、「重要な基本的注意」の項参照〕

肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明)

  • 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。〔「重要な基本的注意」の項参照〕

薬効薬理

薬理作用

  • ドパミン2受容体の遮断により、ラット及びマウスでのメタンフェタミン又はアポモルヒネによる興奮や常同行動等の行動変化並びにラットでの条件回避反応を抑制し、これらの効力はハロペリドールの約1/3〜1/5であった。13),14)
  • セロトニン2受容体の遮断により、ラットでのトリプタミン又はp-クロロアンフェタミンによる前肢けいれんや体温上昇等の行動変化を抑制し、その効力はハロペリドールに比べ10倍以上強力であった。13),14)また、ラットでの恐怖条件付けすくみ行動試験(情緒障害モデル)で心理ストレスによるすくみ行動(無動症状)の発現を抑制した。15)
  • ラット及びマウスでのカタレプシー誘発作用、マウスでのブラジキネジア(寡動)誘発作用はハロペリドールの1/10以下であった。13),16)

作用機序

  • ラット脳内でのドパミン代謝回転又はFos蛋白発現を指標とした作用機序の検討から、錐体外路症状との関連が深いとされている線条体に対する作用選択性がハロペリドールに比べ弱いことが示唆された。17),18)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ペロスピロン塩酸塩水和物(塩酸ペロスピロン 水和物)
    Perospirone Hydrochloride Hydrate

化学名

  • cis-N-[4-[4-(1,2-benzisothiazol-3-yl)-1-piperazinyl]butyl]cyclohexane-1,2-dicarboximide monohydrochloride dihydrate

分子式

  • C23H30N4O2S・HCl・2H2O(499.07)

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はエタノール(95)にやや溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、水に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点

  • 98℃付近で溶け始め、120℃付近で固化し、185℃付近より再び溶け始め、190℃付近で澄明となった。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡