ペモリン

出典: meddic

pemoline
ベタナミン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/10 16:35:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床睡眠薬理の豆知識(第12回)メチルフェニデートとペモリンの作用
  • 警告欄に見る必須検査とタイミング(10)ペモリン
  • 中村 敏明,政田 幹夫
  • 医薬ジャ-ナル 45(10), 216-224, 2009-10
  • NAID 40016845194

関連リンク

ベタナミンとは?ペモリンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 成分(一般名) : ペモリン 製品例 : ベタナミン錠10mg~25mg~50mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 神経系用剤(含む別 ...
成分「ペモリン」の詳細です。「ペモリン」に関して、また、それを含むお薬をご紹介致します。 ... ペモリン(Pemoline, Betanamin, Cylert, Tradon) は、中等度の中枢神経刺激薬である。 ペモリンは、中枢作用性交感神経刺激アミンであり ...

関連画像

トレット病デキセドリン(デキストロ 株式会社三和化学研究所Dscf0054http://livedoor.blogimg.jp/phi_2528/imgs/a  ペモリン(商品名:ベタナミン

添付文書

薬効分類名

  • 精神神経用剤

販売名

ベタナミン錠10mg

組成

  • ベタナミン錠10mgは、1錠中にペモリン10mgを含有する製剤である。

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、カルメロースカルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mgを含有する。

効能または効果

ベタナミン錠10mg

軽症うつ病、抑うつ神経症

次の疾患に伴う睡眠発作、傾眠傾向、精神的弛緩の改善

  • ナルコレプシー、ナルコレプシーの近縁傾眠疾患

ベタナミン錠25mg、ベタナミン錠50mg

次の疾患に伴う睡眠発作、傾眠傾向、精神的弛緩の改善

  • ナルコレプシー、ナルコレプシーの近縁傾眠疾患


ベタナミン錠10mg

  • 軽症うつ病、抑うつ神経症にはペモリンとして通常成人1日10?30mgを朝食後経口投与する。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。
  • ナルコレプシー、ナルコレプシーの近縁傾眠疾患にはペモリンとして通常成人1日20?200mgを朝食後、昼食後の2回に分割経口投与する。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。

ベタナミン錠25mg、ベタナミン錠50mg

  • ナルコレプシー、ナルコレプシーの近縁傾眠疾患にはペモリンとして通常成人1日20?200mgを朝食後、昼食後の2回に分割経口投与する。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。


慎重投与

  • てんかんの既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させるおそれがある。]
  • 肝機能障害又はその既往歴のある患者[肝機能障害が強くあらわれるおそれがある。]
  • 高血圧の患者[血圧を上昇させるおそれがある。]
  • 重篤な腎機能障害のある患者[本剤は主に腎で排泄されるため副作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]
  • 小児[「小児等への投与」の項参照]


重大な副作用

重篤な肝障害

  • 肝不全を起こすことがあるので、定期的に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

薬物依存

  • 長期投与により薬物依存を生じることがあるので、長期投与する場合には観察を十分に行い、症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • ナルコレプシー及び近縁傾眠疾患に対して、覚醒作用、全般的精神賦活作用、大脳皮質の賦活作用と脳幹の鎮静作用を有する5?12)
    (ラット、マウス、ウサギ、ネコ、イヌ、ヒト[健康成人])
  • うつ病、うつ状態に対して、中枢興奮作用に基づく抗うつ作用を有する13)。(マウス)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • Pemoline ペモリン

化学名

  • 2-Imino-5-phenyl-4-oxazolidinone

分子式

  • C9H8N2O2

分子量

  • 176.17

融点

  • 245?248℃

性状

  • ペモリンは、白色の結晶性の粉末で、においはない。N,N-ジメチルホルムアミドにやや溶けにくく、酢酸(100)に溶けにくく、水、無水酢酸、エタノール(95)、アセトン又はクロロホルムにほとんど溶けない。水酸化ナトリウム試液に溶ける。


★リンクテーブル★
リンク元ナルコレプシー」「精神刺激薬」「pemoline
関連記事リン

ナルコレプシー」

  [★]

narcolepsy
ジェリーノ症候群居眠り病 Einschlafsucht眠りの発作 hypnolepsie


疫学

  • 1000人に1.2人。HLAの関連が示唆されている(HLA-DR2の90%以上の患者で陽性)。日本人に多い。11-20歳に発症のピーク。

症状

治療

  • 眠気に対しては精神賦活薬


精神刺激薬」

  [★]

psychostimulant
同?
精神賦活薬 psychoactive drug psychic energizer
中枢神経興奮薬 ←使いわけは?、精神賦活薬
向精神薬
[show details]

概念

  • 中枢機能を亢進して精神を高揚させる薬物

精神刺激薬



pemoline」

  [★] ペモリン

Cylert


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡