ペプチドYY

出典: meddic

peptide YY PYY


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エネルギー代謝と調節機構 摂食調節機構概論 消化管と視床下部との摂食シグナルのクロストーク (メタボリックシンドローム(第2版)--基礎・臨床の最新知見) -- (成因と病態生理)
  • 椎屋 智美,上野 浩晶,中里 雅光
  • 日本臨床 69(-) (992), 115-120, 2011-01
  • NAID 40018269620
  • 新規ニューロペプチドY Y5受容体アンタゴニストS-2367の抗肥満作用
  • 雪岡 日出男
  • 日本薬理学雑誌 136(5), 270-274, 2010
  • ニューロペプチドY(NPY)は摂食を亢進し,エネルギー消費を抑制する神経ペプチドである.NPYには少なくとも4つの受容体の存在が確認されており,このうちY5受容体がエネルギー代謝に重要な役割を果たすことが知られている.したがって,この受容体を介したNPYのシグナルを遮断することによって体重の減少,すなわち抗肥満作用が期待できる.我々はこの仮説を検証すべく,Y5受容体アンタゴニストS-2367を創製 …
  • NAID 130000410249

関連リンク

連にも関心が寄せられている.本稿で. は,BN 患者10名を対象に,摂食亢進. ホルモン ;グレリンと摂食抑制ホルモ. ン;ペプチドYY(PYY)の食前後の血. 中濃度を測定し,BN の病態生理にお. けるグレリンおよびPYYの関与につい. て検討する. 1. グレリンとPYY ...
ニューロペプチドY(Neuropeptide. Y;NPY)は36個のアミノ酸からなる. ペプチドで, 中枢神経系および末梢神. 経系に存在する.末梢神経系では. NPYはノルエピネフリンと 共存し,. 強力な血管収縮因子である.一方,中. 枢神経系ではNPY含有神経は脳内に ...

関連画像

よって「年齢ペプチド」が血管 を 含む 治療 用 ペプチド あるいは ペプチド は 内部 0216 化 6を 含有 する ペプチド  ペプチドYY, ニューロテンシン


★リンクテーブル★
リンク元ニューロペプチドY
関連記事Y

ニューロペプチドY」

  [★]

neuropeptide Y NPY


  • 中枢作用
血圧下降、呼吸抑制
  • 末梢作用
血管収縮(冠血管含む)、血圧上昇

構造

局在

  • 細胞体
  • 神経終末


Y」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 25th letter of the Roman alphabet」
y, wye

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「yttriumの化学記号」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡