ペプチド転移反応

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リボソームの構造機能研究の最先端--X線構造解析が解き明かしたリボソームの機能 (新世紀における蛋白質科学の進展) -- (第3部 生命現象の理解と医療・創薬に向けて)
  • 鈴木 勉,渡辺 公綱
  • 蛋白質核酸酵素 46(11), 1635-1644, 2001-08
  • NAID 40002333924
  • リボソームはリボザイムであった--X線結晶解析が解き明かすペプチド転移反応のメカニズム
  • 鈴木 勉,渡辺 公綱
  • 蛋白質核酸酵素 46(9), 1268-1276, 2001-07
  • NAID 40002333878

関連リンク

ペプチドテンイハンノウ 【英】transpeptidation あるペプチド*の一部分が他のペプチドまたはアミノ酸に転移したり,あるいは2種類のペプチドの一部分が交換したりする反応.初め,パパイン*において,この種の反応が見出されたが ...
ペプチド転移反応の無料画像集。 61 開始複合体の形成 タンパク質合成は開始→伸長→終結の三段階で ... アミノ酸同士のペプチド結合(-CO-NH-)はプロテアーゼというタンパク質にょって分解 される。プロテアーゼとはタンパク質の ...

関連画像

 が触媒する糖鎖修飾と分解反応転移酵素は新生ポリペプチド 大学院の相馬洋平君がポスター  グリコシド型糖ペプチドの合成


★リンクテーブル★
関連記事転移」「反応」「転移反応

転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



転移反応」

  [★]

metastasis
転移




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡