ペプチド結合

出典: meddic

peptide bond
[[]]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/17 22:34:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 生体系のシミュレーションのサンプリング手法及び解析方法の開発(最近の研究から)
  • 光武 亜代理
  • 日本物理學會誌 70(3), 194-199, 2015-03-05
  • … 蛋白質は20種類のアミノ酸が共有結合であるペプチド結合でつながった1本の高分子鎖である.アミノ酸の1次配列の違いにより蛋白質の立体構造や機能が特徴づけられる.複雑な分子であるのに,生理的条件下で約100残基程度のものは自発的に1つの立体構造(天然構造)に折れ畳まれる.化学物理の視点で蛋白質の折れ畳み機構を理解することは非常に面白い.また,複数の低分子や蛋白質が非共有結合によって会合して機能を生 …
  • NAID 110009924381
  • 活性汚泥中のバイオサーファクタントの特徴
  • 大野 勝也,奥村 健一,矢田 ひかる [他],中村 浩平,髙見澤 一裕
  • 環境技術 44(3), 161-169, 2015
  • … の油膜排除効果が最も高い結果となった.TOC ではBS の油膜排除効果はTween 20やSF よりも低かった.さらにこのBS のメタノール抽出画分に油膜排除効果があり,薄層シリカゲルプレート上ではニンヒドリンで発色し,UV220 nm に極大吸収があったことからペプチド結合を有するBS であることが示唆された.以上より,活性汚泥において疎水性の高い物質に対し強い乳化作用を示すBS の存在と性質の一部が明らかとなった. …
  • NAID 130005069676
  • 高安動脈炎疾患感受性HLAアレルおよびアミノ酸
  • 寺尾 知可史,吉藤 元,三森 経世,松田 文彦
  • 日本臨床免疫学会会誌 37(3), 166-170, 2014
  • … 較的まれなアレルであるHLA-B*67:01が疾患感受性に関連することが独立した二施設から報告された.また,疾患感受性に重要なアミノ酸が二カ所報告された.これら171番目と,67番目のアミノ酸はHLA-B分子のペプチド結合部位に存在しており,抗原結合の変化が高安動脈炎疾患感受性に重要であることが示唆される.これらの結果から,67番目のフェニルアラニンを持つHLA-B*51:01が高安動脈炎に関連を示さない理由が説明可 …
  • NAID 130004875929

関連リンク

アミド結合は強固な結合であり、加水分解は強酸性や強アルカリ性の条件でしか起こら ない。しかし生体内にはペプチド結合のみを選択的に加水分解する酵素ペプチダーゼ、 プロテアーゼが存在し、これらの中には中性に近い生物の体温程度の温度でかなり ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索イソペプチド結合
関連記事結合

イソペプチド結合」

  [★]

[[]]
isopeptide bond
[[]]
isopeptide bond


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡