ペプチドワクチン

出典: meddic

peptide vaccine
サブユニットワクチン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神奈川県立がんセンターが挑む 膵臓&食道がんをワクチン療法で撃つ : 免疫療法の研究が進む中でペプチドワクチンの効果を実証する取り組みが
  • がん免疫療法の新しい動向 ペプチドワクチンを用いた臨床試験 遺伝子変異由来の抗原を標的にした新規のがんワクチン療法 (免疫療法特集)
  • 多方面からの研究と様々な臨床試験が進行中 再発予防やQOLの維持を目指すペプチドワクチン療法 (免疫療法特集)

関連リンク

では、「がん」を例に、ペプチドワクチン療法の仕組みについて具体的に説明します。 ... この性質を使って「がん」を排除(退縮)させようとする治療法を「がんワクチン療法」と いい、「ペプチド」を薬剤として使用する治療法を「がんペプチドワクチン療法」と呼びます 。

関連画像

ペプチドワクチン療法の  ペプチドワクチン』】 : 癌と食ペプチドワクチンが頭頚部がん ペプチドワクチンががん細胞を ワクチン(ペプチドワクチン ワクチン(ペプチドワクチン

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元サブユニットワクチン」「peptide vaccine
関連記事ワクチン」「クチン

サブユニットワクチン」

  [★]

subunit vaccine
ペプチドワクチン


peptide vaccine」

  [★]

  • ペプチドワクチン
subunit vaccine


ワクチン」

  [★]

vaccine
予防接種 immunization感染症感染症予防法シードロット・システムimmunization

種類

  • 遺伝子組換えワクチン

副反応

風疹ワクチン

  • 発熱、発疹、関節痛、リンパ節腫脹

おたふくかぜワクチン

  • 2-3週間後、まれに、発熱、耳下腺腫脹、咳、鼻水
  • MMRの際に無菌性髄膜炎が数千人に一人
  • 髄膜炎の症状:発熱、頭痛、嘔吐

学校伝染病、予防接種、ワクチン (学校伝染病、予防接種、ワクチン.xls)

病原体 感染症 ワクチン 学校伝染病 ワクチンの形状 潜伏期間 季節性 年齢 出席停止解除条件
ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア ジフテリア,破傷風,百目咳混合ワクチン    トキソイド        
百日咳菌 Bordetella pertussis 百日咳 不活化 6~14     咳の消失
結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 BCG 不活化       伝染のおそれが無くなるまで
ポリオウイルス poliovirus ポリオ ポリオワクチン(経口)          
麻疹ウイルス measles virus 麻疹 麻疹・風疹混合ワクチン 10~12   0~2 解熱後3日
風疹ウイルス rubella virus 風疹 18 春~初夏 4~9 発疹消失
日本脳炎ウイルス Japanese encephalitis virus 日本脳炎 日本脳炎ワクチン   不活化        
インフルエンザウイルス influenza virus インフルエンザ インフルエンザワクチン 不活化 1~5 冬期   解熱後2日
インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae  化膿性髄膜炎など Hibワクチン            
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae                
水痘・帯状疱疹ウイルス varicella zoster virus 水痘   11~21 冬(12, 1) 5~9 発疹の痂皮化
ムンプスウイルス mumps virus 流行性耳下腺炎   18~21     耳下腺腫脹消失
B型肝炎ウイルス hepatitis B virus B型肝炎     成分 60~160      
A型肝炎ウイルス hepatitis A virus A型肝炎     不活化 15~40      
狂犬病ウイルス rabies virus 狂犬病     不活化        
アデノウイルス adenovirus 咽頭結膜熱            
黄熱病ウイルス yellow fever virus 黄熱病            

日本で使われているワクチン

その他マイナーなワクチン

  • 1ヶ月に1回、6ヶ月続けて。
  • 適応は低体重児と免疫不全児だった気がする

接種間隔


参考

  • 1. 国立感染症研究所 感染症情報センター:予防接種のページ
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/vaccine-j.html
  • 2. 日本で接種可能なワクチンの種類 - 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/atopics/atpcs003.html




クチン」

  [★]

cutin
角皮素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡