ペデリン

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/15 20:46:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ペデリンおよびノガラマイシンの全合成--収束的全合成への挑戦 (化学のフロンティア--翔け若き研究者たち-7-<特集>) -- (C部門(有機化学,有機工業化学,高分子化学))
  • 1,2-および1,3-不斉誘導を基盤とする昆虫毒ペデリンの全合成 (精密合成化学--21世紀を担う若い化学者へ)

関連リンク

前回、「ペデリン」について紹介したが、毎年、死者が出ている虫の毒と云えば、〝ハチ毒 〟をおいて他に無いだろう。 田舎のある時代に .... この虫の毒性物質は、「ペデリン」で ある事が、日本の研究者よって明確にされ、それによる障害の治療も明らかにされた。
Pederin, a potent insect poison isolated from paedrus fuscipes, exhibits various interesting physiological activities, such as inhibition of mitosis in HeLa cell and blocking of protein synthesis at concentrations of 1-10 ng/me. We describe here ...

関連画像

ペデリンという有毒物質を 体液中のペデリンが皮膚に この毒はペデリンとよばれて ペデリン


★リンクテーブル★
関連記事リン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡