ベール

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/22 07:08:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鋼構造2層純骨組小模型の振動台実験の地震波加振レベルの違いによる応答比較
  • 木曽 翔太,岩井 哲
  • 広島工業大学紀要. 研究編 42, 207-213, 39479-00-00
  • In order to investigate the safety on response level of steel structures under dynamic excitation as an earthquake, simple one-story and two-story steel pure-frame structure models were tested using a …
  • NAID 120005403291
  • 第二言語学習者の発話におけるポーズとフィラー
  • OKAZAWA Sachiyo
  • 東京女子大学言語文化研究 23, 52-66, 20150301-00-00
  • … 加えて、第二言語のスピーキング能力および使用するビデオのレベルの計測方法をより確実なものにすることが望まれる。 …
  • NAID 120005601964

関連リンク

国内アトリエのオーダーウエディングドレス専門店がお届けするウエディングヴェール、マリアベール、ウェディング小物 ... 皆様のベールのご相談に乗ります! てくまりんぼでは、皆様のベールのご相談を歓迎しています。 お客様 ...
ベール/ウェディングベール/ヴェール/マリアベール/ウェディング/結婚式/ブライダル【送料無料】【フェイスアップベール】ベールセレクション ビクトリア ロング ホワイト/オフ フェイスアップ/マリア 【結婚式/ブライダル ...

関連画像

ベール】マリアベール  ベール】ロングベールいているので、ショートベール  ベール】ショートベール

添付文書

薬効分類名

  • 高尿酸血症治療剤

販売名

サロベール錠50mg

組成

成分・含量

  • 1錠中アロプリノール 50mg

添加物

  • トウモロコシデンプン、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記の場合における高尿酸血症の是正
     痛風
     高尿酸血症を伴う高血圧症
  • 通常、成人は1日量アロプリノールとして200〜300mgを2〜3回に分けて食後に経口投与する。
    年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝疾患を有するか、又はその既往歴のある患者〔肝障害が発現又は増悪するおそれがあるので、投与する場合は定期的に肝機能検査を実施すること。〕
  • 腎機能障害のある患者〔高い血中濃度が持続するので、減量等を考慮すること。「重要な基本的注意」の項参照〕
  • 高齢者〔「高齢者への投与」の項参照〕
  • メルカプトプリン(6-MP)又はアザチオプリンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕
  • ペントスタチンを投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕

重大な副作用

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎、過敏症症候群等の重篤な皮膚障害、過敏性血管炎

  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎、過敏症症候群等の重篤な皮膚障害又は過敏性血管炎があらわれることがある。特に肝障害又は腎機能異常を伴うときは、重篤な転帰をたどることがある。したがって、発熱、発疹等が認められた場合には、直ちに投与を中止し、再投与しないこと。また、ステロイド剤の投与等適切な処置を行うこと。

ショック、アナフィラキシー様症状

  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少

  • 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸

  • 劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害

  • 腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

  • 間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状があらわれた場合には、速やかに胸部X線等の検査を実施し、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等の症状があらわれた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

薬効薬理

尿酸生成阻害作用

  • アロプリノールは、生体内プリン体異化過程の一つの酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害することによって尿酸の生成を抑制し8)、血中及び尿中の尿酸値を低下させる。
    アロプリノールは体内でオキシプリノールに代謝されるが、オキシプリノールもアロプリノールより弱いが同様の作用を有しており9)、かつ体内における消失速度はアロプリノールより緩徐である。
    これらのことから、投与後数時間はアロプリノールが、それ以降はオキシプリノールが作用の主体をなすと考えられる6)

臨床薬理7)

  • 健康成人にアロプリノール200mgを1回経口投与したとき、血中尿酸値は減少傾向を示すが、尿酸の前駆物質であるキサンチン及びヒポキサンチンの濃度は上昇する。キサンチン濃度はアロプリノール投与後4時間で最大(投与前の約4倍)となり、8時間後には投与前の2倍以下となる。一方、ヒポキサンチン濃度はアロプリノール投与後1時間で最大(投与前の約5倍)となり、以後8時間まで3倍以上の値を示す。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アロプリノール Allopurinol

化学名

  • 1H-Pyrazolo[3, 4-d]pyrimidin-4-ol

分子式

  • C5H4N4O

分子量

  • 136.11

融点

  • 320℃以上(分解)

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。N,N-ジメチルホルムアミドに溶けにくく、水又はエタノール(99.5)に極めて溶けにくい。アンモニア試液に溶ける。


★リンクテーブル★
国試過去問104D008
拡張検索ベール細胞」「アンベール・フィックの法則」「アルベル-ランベール縫合

104D008」

  [★]

  • a 人前でスピーチをするのが怖い。
  • b 自分を批判する複数の人の声が聞こえる。
  • c 話題が飛び、会話はまとまりを欠き、了解不能である。
  • d 外界と自分との間にベールがあり、周囲のものに実感が湧かない。
  • e 家の前に立っている男性を見て、その人に狙われていると確信する。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D007]←[国試_104]→[104D009

ベール細胞」

  [★]

veiled cell
樹状細胞形質細胞様樹状細胞指状嵌入細胞ヴェール細胞指状突起樹状細胞


アンベール・フィックの法則」

  [★]

Imbert-Fick law
ゴールドマン眼圧計


アルベル-ランベール縫合」

  [★] アルベルト・ランベール縫合




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡